プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
建具
すてきな建具

最近、明治元年に建てられた店蔵のある民家を見せて頂く機会がありました。
店も、奥の住まいも立派なのはもちろんですが、
今回は住まいに使われている建具が素晴らしかったので、
それをご紹介したいと思います。

     障子1
     一見普通の建具ですが反対側がすごいのです。

     障子2
     障子3
     こんなに凝った桟が割り付けられています。こちら側が主座敷になるのですね。
     真ん中が外れるようになっていて、夏には風通しのため格子が入るそうです。

     廊下
     こんなに長い廊下。この廊下の真ん中あたりが主座敷です。
     奥に内蔵(建物と蔵が廊下でつながっている)があります。

      ランマ2
     内蔵の前の廊下に面した座敷の障子です。

     神棚
     神棚の全面に障子が入っています。
     1階の店に立派な神棚があるのですが,これは2階にある神棚です。
     お正月や、行事の時以外は障子を閉めているのだそうです。

  潜り戸潜り戸
     最近は見かけなくなりましたが、時代劇を見ていると時々出てきますね。
     長い廊下や広縁に雨戸を何枚も建ててあるとき、一枚の雨戸にこんな工夫
     をしてそこから出入りできるようになっています。
 下がり壁下がり壁
       もみじ
       建具ではないのですが、下がり壁に粋なことをしてあります。
       墨漆喰に紅葉の模様を型押しして色を付けてあります。
       紅葉の葉の形がみんな違うのです。きっと楽しみながら色づけしたんでしょうね。

昔は凝った桟の障子がたくさんありました。障子紙の貼り替えが大変だったでしょうね。
障子紙の幅に合わせて桟の割り付けをしていたのですが、
だんだん近代化が進んでくると桟の割り付けも大きくなり、
さらに大判の一枚の紙ができるようになってからはデザインも自由になりました。
桟割が大きいほど掃除もラクだし張り替えるのもラクですね。(kei)

旧忍町信用組合店舗
行田市 旧忍町信用組合

高崎線、行田駅から市内循環バスで15分。
広々としたきれいな水城公園に着きます。
    水城公園
    水城公園

そこに最近移築された「旧忍町信用組合店舗」があります。
「忍」と書いて「おし」と読むことを、映画『のぼうの城』に出てきた忍城
から初めて知りました。
    水城公園
    外観
    ドーマー窓

この建物は行田市指定文化財で、元は市の中心部にありました。
上棟は大正11年4月。

武士の妻の内職から始まった行田の足袋は、明治に入ってミシンの普及とともに
生産量も増えていきました。
そうした産業の隆盛を物語る、歴史的価値の高い貴重な文化財です。

信用組合が閉店した後、いくつかの事務所や集会所として使われてきました。
長い年月の間に屋根が葺き替えられ、塗装も何度となく塗り替えられていたものが
学術調査研究によって創建当初の姿とその後の改修変遷が概ね明らかになりました。

そうして復元整備をし、水城公園東側園地内に移設して保存・活用することになりました。

子育て世代の事業者を募り、国の交付金を活用して
子育て世代が活躍できる場を作りながら、市民や観光客等の憩いの場所が造られます。

まだ移築されたばかりで詳しいことは決まっていませんが、
1階はカフェ、2階は子供が遊べるような空間になっていて授乳スペースもあります。
早くオープンするといいですね。

貴重な文化財も、このように活用されてこそ生きてくると思います。(kei)


川越街歩き
川越街歩き

JR川越駅 東口から20分ほど歩くと蔵造りの町並みが現れます。
今では一大観光名所になって表通りはもとより、ちょっと裏道を覗いても人が溢れています。
ここは「伝統的建造物群保存地区」となっていて、通称「伝建地区」と呼ばれています。
基本的な考え方、具体的な決まり事など、町並み保存の支援策などがあり、
伝統的な建物や町並みを一体的に保存、整備しています。

大沢家住宅大沢家
国指定重要文化財の「大沢家住宅」は、寛政4年(1792年)に建てられた呉服太物店です。
明治26年の川越大火では、街の1/3以上が消失したと言われています。
この時、時の鐘も消失しています。
この未曾有の大火災は、川越商人たちの防火対策への意識の変革をもたらしました。

表通りで唯一焼け残ったのが蔵造りの大沢家住宅です。
蔵造りは燃えないことを実感した川越商人は同じ惨事を繰り返さないよう、
建物そのものを防火建築にすることを考えました。
江戸時代以来、江戸との商いで富の蓄積があった商人たちが蔵造りの店舗(店蔵)を造り、
特徴的な町並みが出来上がりました。
       伝建通り
       街


蔵造りの町並みで有名になった川越ですが、レンガ造りや石造りの近代的な建物も造られています。
       レンガ造
       石造り


これは「埼玉りそな銀行川越市店(旧八十五銀行本店本館)」です。
大正7年に建てられた鉄骨鉄筋コンクリート3階建で、
当時流行のネオルネッサンス様式と、古典様式による意匠も取り入れたデザインです。
埼玉りそな埼玉りそな

少し裏道に入るとこんな長屋も残っています。
この近辺は花街だったところでここは女郎さんたちの住まいでした。
いまは貸家となっています。
       長屋

この長屋を、60万円と決めた予算で改装した建築設計事務所です。
声をかけると中を見せてくれます。
       長屋
       室内b

       
お隣は織物作家の工房でした。
       長屋

       

伝統的建造物群保存地区は、埼玉では本庄や深谷にもあります。
古い街並みが大好きなのですが、都市計画で広い道路が造られると、
必然的に壊されてしまいます。
そうなる前に調査して、保存していくことに関わっていきたいと思います。(kei)

敷地境界のブロック塀
困った古いブロック塀

家を新築するときなど、今の建築基準法やその他の関連する法律にあっているか

確認申請を行政に提出しOKであれば工事に取りかかることができます。


最近、お隣との境界にあるブロック塀が原因で確認がOKとならない事が多々あるようです。

家を新築するとき、ブロック塀は別物の様に思いますが、そうではないのですね。

敷地内に法律に合致していない物がある場合は、いくら新築の家が法律に合うように

プランされていても確認申請はOKが出ないとのこと。


ブロック塀の基準には基礎の深さであるとか、鉄筋の入れ方であるとか、

高さによってブロックの厚みであるとかいろんな事が決められています。

問題になることが多いのは1.2m以上のブロック塀には3.4m以下の間隔で

控え壁という壁を付ける必要があるという部分です。

皆さんの家とお隣との境界の塀はいかがでしょうか。

塀と直角にちゃんと控え壁が3.4m以下の間隔で入っているでしょうか。

以前はあまりその部分は指摘されなかった様に思うのですが

地震が多いせいでしょうか、ブロック塀の取り扱いが厳しくなってきているようです。

ブロック塀がお隣の物でしたら全く問題とはならないのですが、

共有の持ち物でブロックの中心がお隣との境界であり、

高さが1.2m以上あるけれど控え壁が付いていない場合がなどが問題です。

控え壁が付いていても、鉄筋が入っておらず、

壊れそうなものはもちろんダメのようです。

確認申請の時には図面ですから、行政も気づかず確認がおりたのに

工事の完了検査に来たとき気づき、対策を指示され、完成ずるまで、

完了検査のOKが出ない場合もあるようです。


自分の敷地内に建っている塀でしたら

控え壁を新たに取り付けるか、塀の高さを1.2m以下にするか、

基準に合わせて作り直すかそれとも塀を撤去してしまうなど

こちらの判断で進める事ができますが

共有の場合はこちらの都合だけで進める訳にもいきません。

どんな方法にしても費用がかかるわけですし、

隣家との話し合いが、すぐにうまくいくかが悩ましいですね。

これから土地を購入して新築をと計画をしている方、

中古の家を買っていずれ建て替えをと考えている方も

隣家との境界にある塀にも目を向けてください。

高い塀があって安心と思う前に、塀は誰の物か、

高さはどうか、将来の建て替えに

問題なさそうか、しっかり確認してください。

専門家も、見逃しやすい問題です。

工事会社などとの打ち合わせの時も、塀の事も確認してください。

気になったら、行政に相談に行くこともお勧めします。(ナ)


雪止めの話
大きな雪止め

 以前、大雪対策で自宅の屋根の先端に大きな三角の雪止めを付けたことをお話しました。

雪が降ったら効果を確かめたいと思っていました。

先日の大雪でその効果は..?

雪止め2


雪の中、外に出てみましたが、屋根はすっぽり雪に覆われていたこともありますが

そうでなくても自宅の屋根の上はなかなかみることはできないので

はっきり様子はわかりませんでした。

しかし天気が回復し雪が溶け始めると...

ご近所の屋根をみると雪は少しずつ軒の先端に向かい溜まっていくのがわかります。

雪止め1


我が家も前回の大雪では軒の先端に雪が大きく盛り上がり、

お隣にスベリ落ちるのではないかとヒヤヒヤしました。

それで大きな雪止めを付けた訳ですが..。

今回、見上げると、先端の雪止め部分で雪が溶け、雪止めそのものが見えます。

雪止め3


屋根の中間にも、棒状の雪止めを付けたのですが、そこでも雪が止められたせいか

屋根全体の雪が解けるのも周囲の家よりも少し早かった様に感じました。

雪の積もり方もさまざまで、はっきりこれだけ効果があったと言葉にするのは難しいのですが

屋根の先端に雪が盛り上がることはなく、隣家に大きな固まりが落ちるという心配は

全くありませんでした。

多分、軒先の雪止め、棒状の雪止め、全部が少しずつ効果を

発揮してくれたのではないかと思います。

これからは大雪の回数も増えていくのではないかと心配されます。

家の建て替えやリフォ-ムで屋根の形状を変えるときなど

周囲に配慮した、雪の対策も大切になってくると思います。

雪止めが付いていない家の方はまずは雪止めを付け

雪に備えましょう。(ナ)