FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
公共工事の被害補償
昨年自宅の前の道路に埋設されている水道本管の
取り替え工事が行われました。
道路を掘削し、古い本管を新しい物に取り替える大きな工事です。
調査の方が家や周囲の付属物の状況を調査していきました。

工事終了後、再調査を希望するかどうかのお知らせが来ました。
何の影響もないように思いましたが、一応調査の依頼をしました。
半年後位に工事前の調査と同じ調査をしていきました。
それから数ヶ月・・。調査結果が出ました。
道路に接している花壇の継ぎ目3カ所が工事前より
1, 2ミリずつ広がっているとのことで補償の対象になるとの連絡が来ました。
修復工事で元に戻すことはできないので、補修の費用を算定基準で算出した額での
補償になるとのことでした。

花壇1

花壇2

この工事の前から継ぎ目はすでに開き始めていました。
ここ10数年ほど周囲の古い家や畑が売られ新しい住宅が建ちました。
その都度、解体工事や新築工事、それに伴い新しい水道管やガス管などの
引き込み工事が行われ、道路の掘削、埋め戻し、仮舗装に、本舗装、
おまけに前面道路のすべての舗装のやり変えなども有りました。
毎年のように家が揺れるほど振動する日があり、花壇の継ぎ目は
少しずつ開き始めていました。
ほとんどは民間工事で調査もしませんし、どの工事が直接の原因かもわかりません。
お互い様で仕方ない部分もあるのかなと思っていました。
最近は継ぎ目の隙間も目立ってきたので、これ以上開かないように、ボンドかモルタルで
補修をしようかと考えていたところでした。

先日、補償の金額が決まったとのことで説明を受けました。
こちらは継ぎ目の開きが少し多くなっただけなので、補償は必要ないと
考えていましたが、そうはいかないようです。
大きな金額ではありませんがボンドやモルタルを買うには十分な額です。
せっかくいただけるので近いうちに補修させてもらうことにしたいと思います。ナ)

宅配ボックス・その後
宅配ボックス、その後

宅配ボックスを設置し、留守中に荷物が入っていたときは
とても便利だと感じました。

先日、インタ-ネットで注文したの物が使用したい日に
届かないことがわかりました。
キャンセルの連絡をしたところ
発送の手配済みなので「受け取り拒否」を
すれば、後日支払った金額が戻るとのこと。
その後の数日間は留守になる予定でした。
留守中に宅配ボックスに配達されると受け取りになってしまい面倒です。
そこで、荷物が入っているときのように南京錠をかけて出かけました。
帰宅すると再配達のお知らせがポストに入っていました。
再配達依頼の連絡先に受け取り拒否の連絡をすることで
キャンセルができました。
こんな時も宅配ボックスは便利だと感じました。ナ)

次世代住宅ポイント制度
次世代住宅ポイント制度をご存じですか。

10月の消費税引き上げに対する対策の一つとして
4月から実施されます。

自らが居住する住宅を新築する場合につきます。
大きな条件として2019年4月から2020年3月末
までに契約・着工した物が対象ですが、引き渡しは2019年の
10月以降でなければなりません。
最大で350,000ポイントになります。

またリフォ-ムも対象です。リフォ-ムの場合はすべての住宅が対象です。
リフォ-ムの場合は最大300,000ポイントです。
細かい内容や条件は国土交通省のHPやいろんな住宅関連
メ-カ-のHPなどの載っています。

住宅の新築やリフォ-ムの計画がある方は
是非、調べてみてください。(ナ)

建築士資格のこと
建築士資格のこと

建物の設計や工事監理を仕事として行う場合、建築士の
資格が必要であることは皆さんご存じの事と思います。
今、建築士の高齢化問題があるそうです。
ある専門誌によると建築士事務所に所属する一級建築士は
60代以上が4割、30代以下は1割とありました。
受験者数も減り、受験者の平均年齢も上がっているそうです。

若いうちに受験をしてもらうために受験資格が変わるようです。

この建築士試験の受験資格を見直す改正建築士法が
昨年12月に成立しました。

現在の受験要件は学歴のほかに一定期間の実務経験が必要です。

それが法改正によって学歴が受験要件を満たしていれば受験でき、
受験に合格した後、免許登録までに必要な実務経験を
積んでいれば良いことになるようです。
今までのように実務経験を積んでから受験となると
仕事もできるようになり忙しく、受験チャンスを
逃している人もたくさんいました。

それが大学在学中や卒業後すぐに受験できるようになるのは
とても受験しやすくると思います。
詳しいことはこれから示されると思いますが
どのように変わっていくのか興味深く、見ていきたいと思います。ナ)



地区計画
最近、建物の新築にあたり、確認申請を出す前に
地区計画の申請をすることが多くなりました。

町の環境悪化を防ぐために行政が地域に規制をかけます。
分譲地の一戸の敷地面積の最低限を決めたり、建坪率や容積率を決めたり
道路境界や隣地境界からの空き寸法を制限したりします。

その他にも景観に配慮した規制などもあります。
建物の外壁の色は落ち着いた色にしなければならないと言ったもです。

皆さんも自分の住んでいる地域、または周辺の地域にどのような
規制がかかっているのか、またそれによって環境が良くなっているのか
住みやすくなっているのかちょっと興味をもって周囲を
見ていただくことも大切かと思います(ナ)