プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
介護認定とデイサ-ビス
同居のおばあちゃんの介護認定の話

 同居のおばあちゃん、膝が痛いといいながらも足が弱らないようにと

天気の良い日は歩いてお買い物やお医者さんに行ったり

頑張っていますが..。

それでも以前と比べると外出や庭先でお友達と話すことも減り、

家の中でのんびりしていることが多くなりました。

認知症は検査の結果では今のところは大丈夫とのことですが

確実に物忘れは増えています。

このままでは体も頭も動かなくなりなってしまうのではないかと心配です。

そこで介護認定を受けデイサ-ビスに行く事ができれば、体を動かしたり、

多くの人と会話を楽しむ事ができるので良いのではないかと家族で相談しました。

家から15分程のところにある「地域包括支援センタ-」に相談に行きました。

おばあちゃんにたいする心配事を話ました。

担当してくださったケアマネ-ジャ-さんが年齢と、状況から見て介護認定を

受けることができるのではと判断し、申請してくださることになりました。

その日の夕方、早速、市役所の介護認定の担当の方から訪問調査をしたい旨の

連絡がありました。なんと素早いことでしょう。

数日後には調査を受けました。

担当の方はたくさんの項目を質問したり、体の状態を見たり、

家の中での行動の仕方、生活の様子などを調べました。

認定の結果がわかるまで約1ヶ月ほどかかるとのこと。

包括支援センタ-の担当ケアマネ-ジャ-の方の予想では

「自分の事は何とか1人でできるので、一番軽い要支援1の

認定になるのではないか」とのこと。

要支援1と認定された場合はデイサ-ビスに週1回行くことができるます。

まだ、確定結果は出ていませんが、要支援1と仮定し、ケアマネ-ジャ-さんと

方針を話し合いました。

私たちの希望はおばあちゃんにデイサ-ビスに行ってもらいたい。

1.膝のリハビリを受けたい。歩く機会を増やしたい。

2.いろんな人と楽しく話をして欲しい

3.できたら昼食と、入浴をさせて欲しい

4.「お習字がしてみたい」と言った事があるので、お習字に限らず、

  興味を持った事はなんでもやらせて欲しい


と希望を話ました。

認定前でもデイサ-ビスの見学や体験はできるとのこと。

ケアマネ-ジャ-さんが希望に合いそうなところを見つけて予約をしてくださり

見学に行くことになりました。

家族も一緒に行きましたが、見学だけして先に帰り、

おばあちゃんは昼食やおやつも(実費を払い)

他の利用者さんと一緒に食べ、リハビリもしてもらい、

夕方、送迎車で自宅まで送ってもらうという実際と同じような体験をしました。

1カ所見てもそこが良いのかなかなか判断はできないものです。

結局、週1回のペ-スで大きい施設、小さなところ、半日だけでお稽古が充実しているところ

等、合計4カ所、体験に行きました。

いくつも行ってみると利用している方々の雰囲気や食事内容(おいしいとか.?とか)や

いろんな違いがあることもわかってきました。


おばあちゃんはちょっと遠いのですが、理学療法士さんがリハビリをとても丁寧に

やってくださる大きな施設が気に入った様子でした。

介護認定の申請が混んでいたこともあり1ヶ月半ほどかかりましたが「要支援1」と

認定していただきました。


すぐに、ケアマネ-ジャ-さんや気に入っていたデイサ-ビスの施設と契約を交わし、早速、

通い始めました。

通い始めて1ヶ月が過ぎましたが理学療法士の方に膝のリハビリと足の筋肉を付けるトレ-ニングを

やっていやだき、とても歩きやすくなったようです。

食事も気に入っているようですし、手芸やおしゃべりも楽しそうで満足している様子です。

以前より明るくなった気がします。

ただ、見学した中で一番遠いところに行くことになったので朝のお迎えは一番先、そして

夕方、家に着くのは一番遅いのでバスに載っている時間が長いという難点があります。

でも、今のところそれも楽しいようです。

いろんなことに意欲がある内にデイサ-ビスに行けるようになったのは

本当に良かったと思っています。

いつまでも心身共に元気でいる事を本人も、そして家族も願っているところです。

高齢者の方の心配事ができたら、なるべく早く、市役所の介護の課や

地域包括支援センタ-などに相談し、良い対応策を見つけていくことをお勧めします。

今年もあと少しとなりました。

我が家はおばあちゃんがデイサ-ビスのおかげで元気が出てきたので

家族も一緒に気持ち良く新しい年を迎える事ができそうです。(ナ)
おばあちゃんが財布をとられた話
おばあちゃんが財布をとられた話

同居のおばあちゃん。

膝が痛いといいながらも足が弱らないようにと天気の良い日は

歩いてお買い物やお医者さんに行ったりしています。

先週の午後、外出から帰宅してみると、おばあちゃんがしょんぼりしています。

聞いてみるとお医者さんに行く途中で財布を盗られたと言うのです。

おばあちゃんは以前転んで顔を打った事が有り、それ以後は両手が使えるように

リュックサックを背負い運動も兼ねて買い物や病院に歩いて行っています。

大きめなリュックサックの外側に付いているチャックの付いたポケット部分に

財布と保険証入れを入れてお医者さんに向かいました。

車が通る道は危険なので途中から車の通らない裏道に入りました。

その道は両側に住宅や小さな町工場があり、車はほとんど通りません。

その道をずっと歩いて行けば目的の医院の前にたどり着きます。

その裏道に入ってゆっくり歩いていると..


「おばちゃん、おばちゃんリュックサックのチャックが開いていますよ。」

と後ろから女の人の声と同時にチャックを開け閉めする音..。

「ありがとうございます。」と言って振り向くと、もうその人の姿はありませんでした。

リュックサックが軽くなったような気がしたおばあちゃん

外側のチャックを開けて見ると財布がなくなっていたそうです。


その財布はいつもおばあちゃんが愛用していて、お札をたたまずにそのまま入る事ができる

黄色の大きな財布です。

財布には病院に行くためのお金と、帰りに銀行に寄ってお金をおろすつもりでキャッシュカ-ドも入れてありました。

何が何だかわからなくなったおばあちゃん。

でも「お金がないからお医者さんには行けない」と思い自宅に戻りました。

そこで「キャッシュカ-ドを止めてもらわなくては..」と気づき銀行に

電話をして止めてもらいました。土曜日で銀行窓口は閉まっていましたが

そのような連絡は土日でも受け付けてもらえるそうです。

おばあちゃんの判断は良かったと思います。

一通り話を聞いて..。

「警察には届けたの?」と聞くと警察は頭に浮かばなかったとのこと。

夕方になってしまいましたが被害を警察に届けることにしました。

被害に遭った時のリュックサックを背負った

おばあちゃんを最寄りの交番につれて行きました。

警察官の方々は熱心におばあちゃんから状況を聞きました。

「このリュックサックを背負っていたのですね?」、「何時頃ですか?」、「場所はどの辺ですか?」

「いつなくなったのに気づきましたか?」「相手はどんな人でしたか?」「どんな服を着ていましたか?」

等、聞かれました。おばあちゃんは状況ははっきり覚えていました。

しかし犯人については「後ろから来たし、お礼を言って振り向いたらもういなかったのでまったくわかりません」と。

「ただ、女の人の声で、40代くらいに感じた。」とのこと。

ですから犯人の事は声以外は全くわからないので警察の方も困っていました。

その後おばあちゃんも立ち会い、現場検証も行いました。

作ってくださった書類にサインをし被害届を出すことができました。

警察官の方も「こんなやり方の犯行はこの辺では初めてだ!」と言っていました。

パトロ-ルをたくさんしてくださいとお願いして帰宅しました。

高齢者は歩くのもゆっくりですし、被害に遭っても大きな声を出したり、追いかけたりできません。

周囲に誰もいないと狙われやすいかもしれません。困ったものです。

何はともあれ怪我をせずに済んで良かったというのが家族の気持ちです。

しかし、おばあちゃんは親切に声をかけてくれたと思い、お礼まで言った相手に財布を盗られたと

思うと悔しさがこみ上げてくるようです。

被害届を出しても財布は戻ってこないと思いますが警察官の方にしっかり話を

聞いていただいたことで、少し気持ちが楽になったようです。

今、キャッシュカ-ドの再発行の手続き中です。

これからどんなバックに財布を入れ、どの道を歩くのが安全か悩ましいものです。

皆さんリュックサックの使い方にもご注意くださいね。

大切なものは目の届くところのほうが良いですね。(ナ)

物忘れと簡易認知症検査
以前お話した、忙しいとちょっといつもと違う同居のおばあちゃん。

本人も忘れっぽくなったと言っていることもあり

認知症の簡易検査を受けてもらいました。

おばあちゃん、診察室からがっかりした表情で出てきました。

いくつかの物を覚えて、少し違う話をしてから

先に覚えた物を思い出す...、とか

100から7づつ引き算をしていくとか、..。

いろいろなテストがあったようですが。

「100から7は引けたけれどそれから先ができなかった..」とのこと。

本人はその事がとてもショックだったようです。

検査結果としてもとても低い点数が出てしまいました。

先生のお勧めもあり、紹介していただいた認知症の専門の科がある病院で

詳しい検査を受けることになりました。

もし認知症なら早く対策を講じた方が良いと言う話を聞いていたこともあり

本人も納得のうえです。

2日間かけて血液検査や、CT検査やMRI検査など受けました。

結果は.?、認知症と断定できる症状は見つかりませんでした。

今後は半年に1度くらい検査を受けながら、経過観察していくということになりました。

本人も家族もホッとしました。

しかしおばあちゃん、足が痛いとか何とか言って外出は極端に減り、

テレビの前でのんびりしている事が多くなりました。

このままでは体も動かなくなってしまうのではないかと心配です。

もう少し対策を講じた方が良いと考え介護認定の申請をすることにしました。

認定がおりて、デイサ-ビスに行くことができれば、多くの人と交流したり、体を動かしたりすることで

良い方向に向かうのではないかと思うのです。(ナ)
物忘れ検診
 最近,家の中で携帯電話や小物など置いた場所を忘れ、探すことが

多くなったような気まします。

「年齢のせいかしら?」などの会話も増えてきました。

そんな中、同居のおばあちゃん、いろんな忙しいことが重なると

「ちょっといつもと違う?」と感じることが何回かありました。

忙しさが過ぎればいつもの通りなのですが。

「もしかして認知症では?」とちょっと心配してしまいます。

どこかで簡単な検査をさりげなく受けてもらう事ができないかと

調べてみたところ..、

さいたま市では

65歳、70歳、75歳、80歳で無料の「物忘れ検診」を

受けることができるのですね。

皆さんご存じだったでしょうか。

是非おばあちゃんに受けてもらいたいと思ったのですが

残念ながら82歳で年齢が該当しませんでした。

検診を受けることができる医院のリストを見ると

遠くの専門病院まで行かなくても、近所の医院などで受診できることがわかりました。

無料ではありませんが近くに検診していただける医院がありましたので、

近日中におばあちゃんに受診してもらう事にしました。

認知症は早期発見が大切とのこ。

もしかして認知症なのではなどと

心配しているよりも受診した方が安心です。

単なる疲れであれば良いと思っているのですが。

 置き忘れた物を探す度に、物忘れ検診が受けられる年齢になったら

私たちも受診した方が良いのでは?などと夫婦で話しています。(ナ)


物の収納整理
物の収納整理も高齢者の住環境整備のひとつです

高齢者の家庭内事故が増加しています。
それを減らすための住環境整備が大切と言われています。
段差をなくしたりテスリを取り付けたり、様々な対策がありますが
もう一つ考えなくてはいけないのが家の中に存在する物の事です。

私たちは多くの物と暮らしています。
高齢になった親の家にある物をどう処分するのかという
生前整理の話題も最近よく耳にします。

ある高齢の方は
「家にある物を処分して減らすようにと家族に言われるけれど
どれも捨てることはできないので、私が死んだら全部捨てて!」
と返事をしたとのこと。
もったいないですし、思い出のある物はなかなか捨てる決心はつきません。

物にあふれた暮らしの問題は何でしょうか。
物につまずいて転倒したり、必要な物が見つからなくなったり、
高いところの物をとろうとして転倒したり。
また、掃除がしにくくなりほこりがたまり、風通しの悪い部分には
カビやダニが発生し、健康にも良くありません。

まずは、整理して片付ける事、収納場所や収納方法も見直しましょう。
収納は隠すことを考えるのではなく、いかに使いやすく、
取り出しやすくするかを考えます。

毎日のように使う物はもっとも取り出しやすい場所、取り出しやすい高さに。
関連のある物はひとまとめにしたり、物の定位置を決めたり、
ラベルを貼って位置がすぐわかるようにしたり..。

整理を始めてみると忘れていた思い出の写真や懐かしい物が出てきたり、
暮らしを振り返る事もできます。
家の中が片付くと気持ちが良いですし、いろいろ工夫するのも楽しいものです。

高齢者の住環境整備では模様替えや小さなリフォ-ムが役立ちますが
まずは家庭内で怪我をしないためにもすぐに始めることができる
物の収納整理の見直しから始めてみませんか。
体を動かすのにもちょうど良い季節になってきました。(ナ)