プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
物忘れ検診
 最近,家の中で携帯電話や小物など置いた場所を忘れ、探すことが

多くなったような気まします。

「年齢のせいかしら?」などの会話も増えてきました。

そんな中、同居のおばあちゃん、いろんな忙しいことが重なると

「ちょっといつもと違う?」と感じることが何回かありました。

忙しさが過ぎればいつもの通りなのですが。

「もしかして認知症では?」とちょっと心配してしまいます。

どこかで簡単な検査をさりげなく受けてもらう事ができないかと

調べてみたところ..、

さいたま市では

65歳、70歳、75歳、80歳で無料の「物忘れ検診」を

受けることができるのですね。

皆さんご存じだったでしょうか。

是非おばあちゃんに受けてもらいたいと思ったのですが

残念ながら82歳で年齢が該当しませんでした。

検診を受けることができる医院のリストを見ると

遠くの専門病院まで行かなくても、近所の医院などで受診できることがわかりました。

無料ではありませんが近くに検診していただける医院がありましたので、

近日中におばあちゃんに受診してもらう事にしました。

認知症は早期発見が大切とのこ。

もしかして認知症なのではなどと

心配しているよりも受診した方が安心です。

単なる疲れであれば良いと思っているのですが。

 置き忘れた物を探す度に、物忘れ検診が受けられる年齢になったら

私たちも受診した方が良いのでは?などと夫婦で話しています。(ナ)


物の収納整理
物の収納整理も高齢者の住環境整備のひとつです

高齢者の家庭内事故が増加しています。
それを減らすための住環境整備が大切と言われています。
段差をなくしたりテスリを取り付けたり、様々な対策がありますが
もう一つ考えなくてはいけないのが家の中に存在する物の事です。

私たちは多くの物と暮らしています。
高齢になった親の家にある物をどう処分するのかという
生前整理の話題も最近よく耳にします。

ある高齢の方は
「家にある物を処分して減らすようにと家族に言われるけれど
どれも捨てることはできないので、私が死んだら全部捨てて!」
と返事をしたとのこと。
もったいないですし、思い出のある物はなかなか捨てる決心はつきません。

物にあふれた暮らしの問題は何でしょうか。
物につまずいて転倒したり、必要な物が見つからなくなったり、
高いところの物をとろうとして転倒したり。
また、掃除がしにくくなりほこりがたまり、風通しの悪い部分には
カビやダニが発生し、健康にも良くありません。

まずは、整理して片付ける事、収納場所や収納方法も見直しましょう。
収納は隠すことを考えるのではなく、いかに使いやすく、
取り出しやすくするかを考えます。

毎日のように使う物はもっとも取り出しやすい場所、取り出しやすい高さに。
関連のある物はひとまとめにしたり、物の定位置を決めたり、
ラベルを貼って位置がすぐわかるようにしたり..。

整理を始めてみると忘れていた思い出の写真や懐かしい物が出てきたり、
暮らしを振り返る事もできます。
家の中が片付くと気持ちが良いですし、いろいろ工夫するのも楽しいものです。

高齢者の住環境整備では模様替えや小さなリフォ-ムが役立ちますが
まずは家庭内で怪我をしないためにもすぐに始めることができる
物の収納整理の見直しから始めてみませんか。
体を動かすのにもちょうど良い季節になってきました。(ナ)


住まいのなんでも相談室
相談会のお知らせ

どこを歩いていても紅葉がきれいですね。
イルミネーションも増えてきて、クリスマスや年末が近づいていることを実感します。

そんな時、こちらも恒例になりました「住まいなんでも相談室」を開設いたします。
お忙しいとは思いますが、暮しの中で気になっているあれこれを話しにお出かけください。


  第 40 回  すまい なんでも 相談室 (無料)

  日 時 : 平成 26 年 12 月 11 日(木) 12 日(金)
    
  場 所 : さいたま市市民活動サポートセンター 
        南ラウンジ (予定)


       
         浦和駅東口 コムナーレ9階 (パルコの上です。)
シースルーエレベーターを下りて右手奥のラウンジです。
       
        浦和近辺でしたらご自宅にお伺いすることもできます


  二日間ご用意いたしましたのでご予約をお願いいたします。
  ブログのメールフォーム・電話・faxなどでお気軽にご連絡下さい。
        tel:048-885-7853 fax:048-885-7859

 
次回の相談室は2015年 2月の予定です。
近くなりましたらブログやチラシでお知らせいたします。

新年のご挨拶
    あけまして おめでとう ございます

 
     瓦置物


知り合いの瓦屋さんからこんな素敵な置物をいただきました。
本物の瓦と同じ素材、大きさで模様を浮かび上がらせて焼いたものです。
勢いのある馬の足下には小判がたくさん散らばっています。
背景には富士山まであって、おめでたいものづくしです。

この馬のように、今年も元気に活動したいと思っています。

今年も‘住まいのなんでも相談室’は続けていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

     
     住環境相談室We 一同

ちょっと気になるお店の話
気になるお店の話
実家がある小さな町の交差点の角におそばやさんがありました。
実家に家族が大勢集まったときなど、「たまにはおそばにしようか」と、母が出前を頼んでくれました。

味はふつうかな-。

町の人はほとんど出前を頼むのでお店には行きません。
時々、前を通りましたがお客さんがお店に出入りするのもほとんど見たことがありませんでした。
3,4台停めることができる駐車場が交差点の角にありましたが
入りずらいということもあったのかもしれません。

その店が

約1㎞先、信号を2つ目のT字路の交差点から2軒目のところに引っ越しをしました。
以前より住宅が少ないところです。

建設中の時は正面から見て三角の大屋根と広い庭のある大きな住宅が
建つと思いながら見ていました。

家が完成すると正面にそのおそばやさんの店名が付きました。
広い庭と思っていたところは30台ほど入る駐車場でした。
T字路の角にはそのおそばやさんの大きな看板が立ちました。

そして2ヶ月前にオ-プン。

連日大にぎわいのようです。

土日に良く前を通りますがいつも車庫は満杯で臨時駐車場まであるとのこと。
オ-プンの繁盛かしら...と見ていましたが今のところずっと混んでいるようです。

建物が新しくなり清潔感が出たせいでしょうか。
駐車場がたくさんあって入りやすいのでしょうか。

それとも味が良くなったのでしょうか。

T字路の新しい、大きくてきれいな看板をみると
おそばがおいしそうです。


以前、交差点にあったときは全く入る事は頭に浮かびませんでしたが
T字路の看板を見て、そして前を通りながらたくさんのお客さんが出入りするのを見ると
おいしそうに感じ食べに行ってみたくなります。
看板の効果が大きいのでしょうか。

繁盛する店としない店、入ってみたくなる店と全く入る気がおこらない店..。
何がちがうのかな-とちょっとその店のことが気になっています。(ナ)