プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
見学会
見学会

久しぶりに建築家が細部にまで心を配って設計した住宅を見学してきました。
築33年、宮脇檀(みやわき まゆみ1936〜1998)の設計による
親子3人のための鉄筋コンクリートと木造の混構造の平屋建て住宅です。
お子様が独立し、高齢の夫婦二人だけでの維持管理は難しいということで
住み替える決心をされました。
年内には解体されるということで、今回見学会が実現しました。

昔は庄屋さんだったという川口市のN邸です。
長屋門だけで家族3人が住むには十分な広さがあったそうですが、
長屋門には手をつけず、少し離れたところに新たに門を作りました。
さりげなく優しい雰囲気の門ですね。
      門門

玄関も、何も大げさなことはないのにさりげなく品の良い空間でした。
    玄関玄関

何よりも感心したのは通風、換気にとても心を配っているということです。
大きな家なので全館エアコンのダクトを回して冷暖房をしているのですが、
住宅であればやはり自然の風が欲しいですね。
なにより経済的です。
そんな工夫があちこちにあります。
  玄関ホールアイストップ

  細い換気窓細い換気窓
上の写真は玄関を入った正面のガラスの嵌め殺し窓で中庭を見ています。
ガラス窓の部分を少し外側に出して出窓にし、
その窓枠の5センチくらいの隙間に網戸とガラリ戸が入っています。

家中を締め切って外出した時、帰って来て玄関を開け、
この細い換気窓を開けると、すーっと風が通り抜けていくのがわかるそうです。
奥様は、家中が息を吹き返すようだとおっしゃっていました。

   廊下地窓廊下地窓
長い廊下にも下部に窓を設けてあります。

      暖炉暖炉
暖炉のあるリビングです。
この写真では分かりにくいのですが、庭に面した大きな窓の下部も開閉可能で
風が通るようになっています。
宮脇檀氏は、「床を這ってくるような風が一番気持ちがいい」と言っていたそうで、
ソファーも足つきのものを選び、風の流れを妨げないようにしたそうです。

    客間窓客間網戸
客間の外側です。
大きな嵌め殺しの窓の袖はこのように開きます。

   浴室内部浴室
浴室は檜の無垢材の横張りです。
換気さえ良ければ檜の浴室は30年以上経ってもこんなに綺麗です。
わずかに水栓の周りが黒ずんでいるだけというのはすごいです。

   浴室外部浴室外
浴室の窓を外から見るとこんな感じです。

      寝室寝室
寝室の出窓もサイドに網戸とガラリ戸が付いていて換気、通風ができます。
採光は上部からです。
    子供室子供室

どの部屋も実に豊かな空間だと感激でした。

これだけの密度で設計することは相当な体力と気力が必要です。
それでも設計している時は限りなく幸せだと思います。

庭から全景庭から

広いですね!これでも半分です。
右奥は客間、その左側の大きな窓がリビング、和室、
さらに手前が子供室、そして浴室です。
見えないところに主寝室、キッチン、ダイニング、納戸などがあります。

これだけ大きい家ですとやはり、ご夫婦2人だけで住むのには維持管理が困難になり、
重荷になってくるのはよくわかります。
でも、これだけの家を解体してしまうにはあまりにもったいないということで、
現在移築して残せないかと模索、検討中です。(kei)

スヅメバチの巣
スズメバチの巣を見つけました。

この季節 スズメバチのことがよく話題になります。

最近も、マラソン大会で参加者がスズメバチにさされたというニュ-スが流れていました。

先日、おばあちゃんの古家でもスズメバチの巣が見つかりました。

その場所は玄関の軒下で頭のすぐ上、2.5mほどの高さのところです。

その下で玄関戸を開けたり閉めたり、行ったり来たりしていましたが

全く気づきませんでした。

たまたま家の前で近所の人と立ち話、その人が家の方を何気なく見た時

スヅメバチの巣のような物が見えると..。

スズメバチ1


玄関戸の上を見ると20㎝ほどの大きさの巣がありました。

スズメバチ2

こちらが気づかなかったので蜂も知らん顔をしていたのでしょうか。

気づかないときには平気で下を通っていましたが気づいてしまうと

さされるのではという恐怖で近づくことができません。

すぐに市役所に連絡すると、指定の業者を紹介してくれたので駆除の依頼をしました。

この時期スズメバチ駆除の依頼が多くその日には無理とのこと

数日後に取り除いてもらうことができました。

スヅメバチ3


巣を取り除いた後には粘着制のダンボ-ルが下げてあります。

駆除の時に巣から出ていた蜂が戻ってきて、また巣を作らないようにとの対策だそうです。

市に駆除を依頼したので費用はかかりませでした。

今回は玄関を出たところ、おまけに頭のすぐ上にあったのには驚きました。

日頃、上の方はなかなか見ないものです。

皆さんも時々家の周りを見まわしてください。

スズメバチの巣だけではなく、家の不具合なども見つかるかもしtれません。

巣を見つけた場合は慌てずに市役所等に駆除の相談しましょう。(ナ)




最近の相談から
24時間換気システ

12年前、24時間換気システムがついた建売住宅を購入された方からの相談です。

24時間換気システムの説明を受け、これは24時間つけっぱなしにしておかなければなりません、
と言われ、その通りにしてきたそうです。

12年経って、換気扇の音がうるさくなってきたので交換しようと、
近所の設備屋さんに工事を依頼したところ、換気扇の出口が無いと言われたそうです。

24時間換気システムとは、室内の空気をファンなどの機械を使って
2時間に1回、家じゅうの空気が入れ替わるよう計画的に換気して、
24時間、常に新鮮な空気を維持するためのシステムです。


このお宅では、家の中だけで空気をかき回していたということになります。

売り主の工務店に抗議したところ、「床下に抜けていくからいいんです」という説明だったそうです。
それはおかしいのではないか、と相談に見えました。

当然おかしな話です。床下に向けて換気扇があるわけでもなく、
床の隙間から床下に抜けるなんてあり得ません。
もし床に隙間があったら、むしろ床下の湿った空気が中に入ってきてしまいます。

このシステムには3種類の換気方法があって、この家の場合第3種ということだったので、
排気口に換気扇をつけて強制的に排気し、給気口からは自然の外気が入ってくるという仕組みで、
住宅などでは最も一般的な方法です。
その排気口がなかったわけです。
居室から廊下への換気扇はあっても、最終的に外に出す換気扇がなかったのです。

住宅の高断熱高気密化にともない、化学物質によるシックハウス症候群の増加が問題になりました。
そこで、2003年に建築基準法が改正され24時間換気システムを設置することが義務づけられました。


工務店と話し合った結果、室内に設置されていた古い換気扇を交換し、
新しく排気用の換気扇を設置してもらいました。
そして、12年間換気扇を回していたために消費されたであろう電気代を
想定して払ってもらうことで決着しました。

この電気代はわずかなものですが、これを支払ってもらうことで、
相談者の方も納得されたようです。

今回の場合、工務店のミスが目に見える形ではっきりしていたので
スムーズに解決することができました。

これが、経年変化や劣化するもの、目に見えないものなどはなかなかうまくいきません。
工事中に写真を撮っておくこともトラブルを減らす方法の一つです。(kei)

気になる屋根工事
気になる屋根工事

今年の冬の話ですが...

近所に5軒、同じ時期に同じ会社によって建てられた住宅があります。

その中の1軒のお宅が現状のコロニアルの屋根の上に金属系の屋根材を重ね葺きしました。

なぜ屋根工事をしたのかな?..と気になりました。

なぜそう思ったかといいますと

そのお宅は1年半程前に外壁と一緒に屋根を塗り替たばかりだからです。

その塗装された屋根の上に下地を造り、防水紙を張り、金属の屋根材を張る重ねぶきです。

この工事で以前はなかった屋根の雪止めが付きましたが見た目の雰囲気はほとんど変わりません。

工事前
工事前

工事後
工事後

足場の設置、取り外しも含め10日間程の工事でしたが

屋根の重ねぶきの工事は2日間、そして雨樋の取り付けで1日。

その早さにはびっくりです。

期間は少ないですがそれなりの費用がかかりますしやはりなぜと気になります。

前回の塗装と今回の屋根工事は同じリフォ-ム会社でした。

訪ねて行って理由を聞くわけにも行きません。

思い当たるのは..。

この冬、雪が降り、少しだけ積もったことがありました。

屋根に数センチ積もった雪がこのお宅だけ音をたててスベリ落ちました。

周辺で屋根の雪がスベリ落ちたのはそのお宅だけでした。

塗装したことで屋根のスベリが良くなり、雪止めもなかったことから

スベリ落ちたのではないかと想像できます。

スベリ落ちるのが心配で屋根の材質を変え雪止めを付けたのでしょうか。

塗装した屋根に雪止めを取り付けることもできます。

雨漏りでもあったのか、それとも金属屋根の方が雪が滑りにくい

という説明があったのか、金属系のデザインが気に入ったのか。

どのような事情で、塗装済みの屋根に重ねぶきをしたのか

いまだに気になっています。


家を長持ちさせるにはきちんとメンテナンスすることが大切です。

リフォ-ム工事の時はしっかり説明をしてもらい納得の上で

工事を進める事が大切です。(ナ) 

据え置き式手すり
据置式手すり

ちょっとした段差での転倒や入浴中の事故など

高齢の方の家庭内事故が増えています。

まずは段差をなくし、トイレなどに手すりをつけて..と考え

対策をされている家庭も多いと思います。

トイレや浴室以外では本人がまだ大丈夫ということで

何も対策をしていない場合も多いようです。

介護認定を受けている場合は担当のケアマネ-ジャ-さんなどに相談すれば

必要な住環境整備を工事まで進めてもらうことができます。

しかしたとえ小さくても工事となると計画をたてて見積もりをとって、それから工事

となリますのですぐにとは行きませんし、費用もかかります。

また、これからのことを考えると、どこまでどんな対策をしておくのが良いか迷うものです。

 我が家では要支援の認定を受けていた父のためにトイレの手すりなどつけて

対策を始めていましたが、イスから立ち上がるときにバランスを崩して

前に転倒してしまいました。

危険と思っていなかったところで転倒したので驚きました。

すぐに対策をしたいと考え、まずは福祉用具の据え置き式手すりを借りてためして

みることにしました。

福祉用具の方のお勧めの手すりが2,3日後には設置されました。

手すり1


また、夜間にトイレに行く回数が増え、ベットからの立ち上る時もふらつく事があると

わかりベット用も借りました。

手すり2

勝手口段差用も含め結局3カ所据え置き式の手すりを借りて設置しました。

手すり3


工事の必要がないので、すぐに設置してもらうことができますし

借りるので費用も安く、何より使い勝手が悪い場合はすぐに変更や、

返却ができるのでとても助かります。

置いてあるだけですがきちんと対策がされていて、ぐらつきもなく

高さも本人に合わせて調整してもらうことができます。

後日、介護の方にイスやベットを見ていただいたところイスは深すぎて立ち座りが難しい

ばかりでなく体が半分に折れて姿勢が悪くなるので適さないとのこと。

またベットは高さが高く、座ったとき足がきちんと床に着かず、

立ち座りの時、バランスを崩しやすいとのこと。

どちらも替えた方が良いのですがお気に入りなので

すぐに取り替えというわけには行きません。

まずは手すりをきちんと使ってもらいながら、取り替えた方が良いことを

説明して理解してもらうことにしました。

危険と感じたらすぐに対策することをお勧めします。

福祉用具もいろんな物がありますので専門の方にアドバイスをいただくことが大切です。

また公共の施設で展示してあるところも

ありますので見に行ったりカタログを見たりしておくと

いざという時に役立つと思います。(ナ)