プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
影を写す
建具に影を写す

日光写真の方法で、好きな物の形や陰を布地に写し取ることができます。
以前ご紹介したことがありますが、さいたまトリェンナーレのワークショップでは
公園の落ち葉や木の実を拾ってきて布地の上に並べ、形を移して遊びました。
       IMG_1090旗d
     
 
 M寺の庭M寺
世田谷区にあるM寺は鬱蒼とした林の中にあり、その林は世田谷区の保護林に指定されています。
M寺の別院を江東区に新築することになり、
その林にたくさんある松の木を写そうということになりました。

  玄関扉玄関外
玄関建具の一枚ですが、外側から見ると普通の格子ドアです。

  玄関扉玄関内
内側から見ると外の光を通して松葉の陰が浮かびあがります。

 本堂外陣外陣a
       外陣b

ごく普通の引き違いのアルミサッシの内側に、布を張った建具を一枚入れました。
やはり外の光によって陰が綺麗に浮かび上がります。松葉の形がわかるでしょうか。

外部の光がさすところは時間によって見え方が変わります。
夜、部屋の照明が点くと模様の色は薄くなり、普通の建具のようです。

可働間仕切り間仕切り

本堂の内陣と外陣を分ける可動間仕切りです。
この場合は部屋の中なので光は透過しません。
そのため少し濃く陰が写っている作品を選びました。

それなりに綺麗ですが、光を通す窓とは別物のように見えます。

世田谷区から江東区へ、庭にそびえる松の大木が影となって移っていきました。

公園で子供達が遊べるような小さい物から、建築に使えるような大きい物まで、
可能性はどこまでも広がっていくものだなと感心しました。

以前、住宅の建具に古い着物地を貼ったものを紹介しましたが、
建具はちょっとした工夫で色々楽しめる素材です。
住宅の新築、あるいはリフォームでもあまり費用をかけずに楽しむことができます。
例えば玄関ドアやリビングの入り口など、自分のアイデアで一品生産してみませんか?(kei)



干し柿をいただきました
干し柿をいただきました。

親戚のMさんはこの季節、干し柿作りに凝っています。
どうしたらおいしい干し柿ができるか工夫しています。
だんだん腕も上がってきましたが、
毎年うまくいくとは限らないようです。

柿の種類や状態、天候、干し方も難しいようです。

毎年、できあがった物を袋に入れて、お裾分けしてくれるのですが
今年は10コほどの柿がひもでつるしてあるものをいただきました。
「味をみて軒下に干してね。」と。

干し柿1

軒下にフックが付けてあるのでそこに吊り下げてみました。
その柿をみると何故か嬉しくなります。

干し柿2

一つ食べてみるととてもやわらかく本当に甘くておいしいのでびっくりしました。
毎日眺めて楽しんでいましたが..。

いつまで干しておいたら良いかメ-ルで訪ねたところ

「好みの時に食べましょう」
「干しすぎると固くなります。」とのお返事。

こちらの好みでいつ食べても良いようです。
毎日1コを夫と半分づつ大切にいただいています。

干し柿3
undefined

軒下の柿が1コずつ減って行くのは寂しいのですが
紐からはずすとき、ちょっとした幸せを感じます。

Mさんのように干し柿を作ってみたくなりました。
まずは柿の木を植えて...。
ちょっと無理そうですね?!(ナ)


置くだけフェンス
置くだけフェンス

車2台分のスペ-スを造りましたが道路に面して広く開いています。
オ-プンなほうが車の出し入れがし易く便利なのですが
何となく気分的に不用心な気がします。
かといって引き戸やアコ-ディオン式の門扉を付けるのも気がすすみません。
そこで簡易な置くだけフェンスを造ってみました。

フェンス2

ホ-ムセンタ-で売られている既製の木製パネルに2X4材で足を造り付けました。
足の部分はパネルを差し込めるように木を2本T字のように裏から留めます。
その間にパネルを差し込み、はずれないようにネジで留めるだけでできあがりです。

たまたま残っていた塗料がパネルと同じ色だったので足の部分を塗ると
一体になりました。

足の部分の木を裏から留めるのは意外と難しいので
既製品のパネル立てを利用すればパネルをネジで留めるだけなので簡単です。

フェンス3

今回のパネルの巾は90㎝、車一台分ですと3枚、6枚でちょうど2台分です。
パネルを端に寄せて車を出し入れします。車を入れた後は閉めても開けたままでも...。
1枚だけ開けておけば人も自転車も通れます。
置いてあるだけなのですが何となく囲まれた感じで安心感が有ります。


フェンス1


今回は木製パネルが6枚、足用に2X4材、1.8mのものを
6本(パネル1枚に2本)を使い、
費用は全部で約1万円でした。

わりと軽いのでどこにでも移動できます。
車庫でなくても使い道は有りそうです。
パネルのデザインや形、サイズもいろいろあるので
場所に合わせて造り、置いてみるのもお勧めです。(ナ)





木のポスト(ペンキ塗り)
家のポストを自分で又は家族(子供達)と一緒に作りたい、一緒にペンキを塗って...と
一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

木のポスト(塗装前)

このポストもそんな思いから、息子が小学生の頃、作りました。
たまたま安売りをしていた板を一枚買ってきて、
それを無駄なく利用して作ったのですが、ちょうど良い大きさでした。
息子の彫刻刀で名前を彫りました。
実際には息子はあまり興味を持たず手伝ってもらえなかったのは残念でした。
でも、木で何かを作るというのはとても楽しいことです。

ポスト(塗装中)

1年に一度くらい塗り直してきました。
屋根(フタ)部分はペンキ、その他は浸透する保護塗料を塗ってあります。
10年近くたつと、さすがに汚れも目立ってきました。
今回はやすりをかけ、表面を少し削り落としてから塗りました。
浸透保護塗料は今まで、ほとんど色のないものを塗っていましたが、
今回は汚れを目立たなくするために少し色のついたものを使いました。
ちょっと色がつきすぎ木の良さが消えてしまったかしら、
透明のほうが良かったかしら?...。
じゃあ次回は...と策を考えるのも楽しいものです。
名前も消えてきたので後で修理して色を付け直したいと思います。

ポスト(塗装後)


木のポストは家族で修理を楽しむのにちょうど良い大きさです。
思い出も積み重なって愛着もわいてきます。
木でできているものは古くなるのも楽しみの一つです。
しかしここのところ塗り替えの間隔が少し長くなり、
だんだん一人で塗ることも多くなってきました。

何年もつのかしら?手入れ次第ですね、きっと。(ナ)

御影石
いつからか分からないほど昔から庭にあった敷石の御影石。
家の改装や増築のたびに脇に動かしたり、あるいは庭の隅に積み上げられていました。
それが今回の増築で日の目を見ることができました。

‘花崗岩(かこうがん、granite)とは、火成岩の一種。流紋岩に対応する成分の深成岩である。
石材としては御影石(みかげいし)とも呼ばれる’とウキペデイアにはあります。

御影石は、日本では古くから石材としていろんな所に用いられた来ました。
緻密で加工性もよいことから、建築では床材、壁材、その他、神社の鳥居、城の石垣、石橋
などに使われています。
墓石を思い出していただければ、真っ黒で鏡面のような美しい黒御影、薄いピンクや白地に
斑点のあるいなだと呼ばれるものまで、色々思い出すことができると思います。

最高裁判所の外壁はすべて国産の御影石でできています。
最高裁判所が出来た頃は、デザイン的には評判がよかったのですが国産の御影石がなく
なってしまったという批判もありました。

そんな御影石の敷石が10枚ほどあったのをどこに使おうかと考えた末、写真のようになりました。
ドアを開けるとそこにも1枚敷いてあります。

御影石040

御影石1

割れていた石もこんな風に、何の違和感もなく使えました。

工事をしてくださった職人さんも、「うん、うまくいった!」とご満悦でした。
使われず、いつの間にか忘れられてしまったものが、何かの拍子に上手な使い道が見つかると
嬉しいものです。家具や道具類でも、洋服でも・・・(kei)