プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
レンジフ-ドの取り替え
キッチンのセットも使い始めて20年をこえました。

数年前に食洗機が壊れ取り外し、

また、水栓が少し水漏れし、修理したこともありました。

最近は、ガス台を見ると「そろそろ取り変え時期かな?」

と感じたり..、でも、まだ、十分使えます。

ところが、先日、突然、レンジフ-ドのスイッチが入らなくなってしまいました。

スイッチはリモコンなのですが、それが全く反応しなくなってしまったのです。

本体の予備スイッチも反応しません。

何とか直したいと思い、あちこち掃除をしたり、いろいろ試して見ましたが、作動しません。

フ-ド1

フ-ド2

レンジフ-ドが壊れることは全く想像していませんでした。

レンジフ-ドが使えないと、思っていた以上に不便です。

ガス台が壊れたのでしたら、電子レンジやオ-ブン、卓上コンロなどで

しばらくは、暮らせると思います。

しかし、換気扇がないところで火を使うと、キッチンに熱がこもり、息苦しくなりますし、

煙と油、そして臭いが家中に流れて行ってしまいます。

しばらくの間、ガス台の使用はやめて、電子レンジだけの調理とし、

調理後は、窓を開けて換気するということにしました。

しかし対策を、急いで考えなくてはいけません。

第一案..「この際全取り替えでキッチンのリフォ-ム?」

第2案..「古くなったガス台とレンジフ-ドのセットで取り替え」

調子の悪い部分はあるにしても、お気に入りのキッチンですし、

ガス台もまだ使えます。

期間のこと、費用の事も考えなくてはなりません。

突然のことなので、慌てて、大きな決断をするのは良くありません。

結局、今回は、レンジフ-ドだけを自分達で取り替える事にしました。

最近のタイプで、値段の安い物(一応メ-カ-品)に決めました。

サイズは、今まで巾が60センチだったのですが、少し大きな物にしたいと考え

巾75センチの物に決めました。

我が家は細い吊り戸棚が隅にあるだけなので、巾の大きいレンジフ-ドに変更もできます。

レンジフ-ド本体と天井との間をふさぐカバ-をインタ-ネットで注文すると、数日で届きました。

取り付け方法などの説明書も入っていますので、

その通りにすれば大丈夫なはずです。

まずは、古いフ-ドの取り外しからです。

カバ-を外すと、ダクトと専用のコンセント出てきました。

電気の線をコンセントから抜き、レンジフ-ド本体から、外につながっている排気ダクトを外し

古いレンジフ-ド本体を外しました。

フ-ド3


排気ダクトそのまま使いますので、外壁には影響ありません。

電気はコンセントがありますので、差し込みを抜いたり、さしたりするだけで、

電気工事の必要もありません。

レンジフ-ド本体は、壁に留められたフックに引っかけるような形で、留められています。

取り外しは意外と簡単なのですが、キッチンは狭く、足元が悪いうえに、

重いので、落として怪我をしないように注意が必要です。

古いフ-ドは外してみると油だらけでした。

外した後は壁の掃除しました。

新しいフ-ドに付いてきた型紙を壁にあて、取り付けの位置を決め、

指定の場所に、付属のビスと受ける金物を付け、それに新しいレンジフ-ド本体を取り付けました。

フ-ド4


それから、既存の排気ダクトを本体に接続するのですが..。

フ-ドの形が変わったため、排気のダクトの長さが足りず、新しいフ-ド本体まで

届かないことがわかりました。

ホ-ムセンタ-でダクトと、繋ぎ目に巻く専用のテ-プを購入してきました。

新しいダクトを足りない分の長さに切り、古いダクトに継ぎ足し、テ-プで留め、

それを本体にしっかりとつなぎました。

フ-ド5

本体の電源をコンセントに差し込みました。

しっかり動く事が確認できたので天井との間のカバ-を取り付け完成です。

フ-ド6


取り付けは3時間程度でした。

今回、レンジフ-ドが壊れてから、取り変え終了まで1週間程でした。

日曜大工が得意な方でしたら、レンジフ-ドの取り変えも難しくないと思いますが

どんな物に取り変えが可能か、吊り戸棚との兼ね合い、外したフ-ドの処分、

工事の安全性など自信がない場合は、費用はかかりますが工事業者さんに

お願いする方が安心です。

しかし、どこに依頼するかから始まり、見積もりをとって、工事となると時間がかかります。

また、修理の見積もりをお願いしたときに、キッチン全体の取り替えを提案されたりすることも

あるかと思います。多少不便な期間はあっても慌てずに、判断することが大切です。

設備機器や電気製品は壊れるものです。

修理を購入した業者さんに依頼できると良いのですが、そうもいかないことも多いようです。

急に修理が必要になった時、依頼できそうなところはあるか、日頃から探しておくことも

大切です。

新しいレンジフ-ドは、少し大きくなった分、吸い込みも良くなったような気がします。

また、お掃除もしやすくなり、満足しています。

ホ-ムセンタ-やメ-カ-のショ-ル-ムで今時の物を知っておくのも

いざという時の参考になります。(ナ)

食洗器の修理
食洗機修理、試運転が大切です。

キッチンのシンクの下にはシンプルで小さい食洗機が付いています。
洗う機能のみで乾燥機能はありません。
洗う時間も短くとても便利に使っていました。
もう19年近く使い続けてきました。

食洗器1

周囲に付いているゴム製のパッキンは傷んでいるのがわかり
そろそろ水漏れが心配です。

洗う機能には標準と念入りがありますが
しばらく前から念入りのスイッチが反応しなくなりました。

そろそろ寿命かと考え、買い換えも検討しましたが
同じ物はもう販売されていません。

同じスペ-スに入る他メ-カ-の物を探すか卓上型にするか
それとも食洗器はやめてその部分は収納に戻すか
いろいろ検討しましたが結局、修理をして何とか使い続けたいと考えました。

スイッチの修理とパッキンの取り替えを食洗機メ-カ-に相談したところ、
下見に来てくれることになりました。

下見の方が来る前に汚れた食洗機を掃除していると反応しなくなっていたスイッチが
押し方によっては反応することがわかりました。

下見の結果、食洗機が古くスイッチの部品はないので直すのは無理、
しかしパッキンは同等品があるので取り替え可能とのことです。

スイッチは標準は問題ありませんし念入もこつがわったので使えそうです。

そこで水漏れしないうちにとパッキンだけ
交換してもらうことにしました。

数日後の夕方、修理に来ましたがパッキンの取り換えは簡単に
終わりました。

食洗器2

支払いを済ませ修理の人には帰ってもらいました。

しばらくしてこれで安心と食洗器をいつも通りに使うと
前面に水が流れ落ちてきました。
キッチン前が水浸しです。

簡単な修理だったので試運転をせずに支払いを済ませたのが失敗でした。

その日はメ-カ-に連絡が取れず翌日事情を説明したところ
別の人が来ました。

すると水漏れの原因は食洗器内の給水の水を止める部分の
パッキンが劣化し洗っている間も水が注がれ水が多くなりすぎ
あふれ出てきているのではないかとのことでした。

でも修理前はスイッチの不具合はありましたが全く水漏れはありませんでした。

前面の新しいパッキンを取り換えたとたんに給水のパッキンも傷んで水漏れし始めた
というのも納得いきません。原因は新しく取り換えたパッキンが合わないとしか思えないのです。
修理の人は新しいパッキンの取り付け方は間違っていないと主張します。

いずれにしても今まで使えていたものが修理で全く使えなくなってしまったのは確かです。

どうしたらよいか、何が原因か、別のパッキンを取り換えれば水漏れは直るのか、
その場合また費用を支払うのか、いろんなことが頭に浮かびます。
修理後、すぐに試運転をして確認しなかったのは本当に失敗でした。

食洗器は古いのでこれからもいろんな不具合が出てくる可能性があります。
部品もなくなり修理が難しくなるに違いないと思い結局、取り外し撤去してもらうことにしました。

食洗器3

修理の時に支払った費用を撤去・処分費に当ててもらうことで一件落着しました。

食洗器を撤去したあとは保存してあった扉を取り付けました。

食洗器4

食洗器5

食洗器はなくなりましたがその分収納が増えました。
食洗器を取り付けたとき扉部分はもう不要かと思いましたが
金物も一緒にずっと保存しておいたのが役にたちました。

水回りの機器を修理をしてもらった時は必ず試運転を
また、配管などは修理後の様子を見て
水漏れがないことを確認し、それから、支払いをすることをお勧めします。(ナ)



ガラストップガスコンロ
Mさんは今リフォ-ム中です。
30年近く使ったキッチンを取り替えます。

しかしガスコンロだけは数年前にガラストップの物に取り替えてありました。
ガラストップは台の表面がガラスのようになっていて汚れが付きにくくなっています。

ガスコンロはもったいないのでそのまま使いたいとのこと。

ガスコンロの巾は60センチです。
どこのメ-カ-でも60センチのガスコンロが入るようになっている
キッチンであれば取り付けてもらうことができます。

キッチン解体時、ガス工事の人がガスコンロだけを取り外してくれました。
取り外してみるとガラストップといえども思った以上に汚れています。

新しいキッチンに取り付けるまで保存ですがその前に磨くことにしました。

ガスコンロ1

取り外したガスコンロは下にガスの接続の管が突き出していて
平らに置くことができません。
Nさんはガス管部分が当たらないように保存用の台を作りました。

ガス工事の人に磨くときの注意点を訪ねると表面は堅いブラシや
研磨剤を使うと傷が付くので気をつけるようにとの事。

「上の部分は外れるよ!」といって簡単にガラストップの部分を外してくれました。
五徳の部品を外すとガラストップ部分だけがスポッと外れました。

ガスコンロ2

ガラストップ部分の場所を移動したので下の本体に水や洗剤が落ちるのを
気にすることなく掃除ができました。
本体の中も上の方だけですがゴミを取り除いたりできました。

上部を外した本体部分を移動するときは真ん中に手掛けが
付いているのでそこを持つようにとの注意がありました。

ガスコンロはシステムキッチンと一体のイメ-ジがありますが
外しても大丈夫な部分もあるので
リフォ-ムなどでガス台を取り替えるときにはお掃除のやり方、
どこまで家庭で外すことができ、どこまでなら水拭きして良いかなど
聞いておくことをお勧めします。

Nさんのガスコンロも新品同様とまではいきませんがとてもきれいになりました。
新しいキッチンに取り付けてもらうのを待っている状況です。

キッチン、特にガスコンロまわりは汚れやすい場所ですが、きれいに掃除ができると
嬉しく気持ちの良いものです。(ナ)

新しい洗面台の調整
Yさんは昨年夏にリフォ-ムで洗面台を新しい物に取り替えました。
レバ-も今までとは違いおしゃれです。

最近になって、給湯の調節がうまくいかないとの連絡をいただきました。
熱湯のところではお湯が出るのですがレバ-を動かすと
ボイラ-が消えてしまったりするのです。
台所でお湯を使う時には何の問題もありません。

どうも洗面台の給湯の時の水量が問題のようです。
止水栓で水量を調節してみましたが直りません。

施工した業者さんに点検調整を依頼しました。

洗面台の給湯の配管にフィルタ-が付いているのですが
そこにゴミかたまり水量が少なくなっていたのが原因とわかりました。
ゴミを取り除くと思い通りのお湯の温度にできるようになりました。

取り替えたのが夏だった事もあり、お湯を使う頻度が少なかったこと
また、新しいタイプのレバ-だったので使い方の問題ではないかと
思ったこともあり気づくのが遅くなったようです。

洗面台

冬になりお湯を使いはじめ温度調節がうまくいかないと不便です。

リフォ-ムの工事内容や設備機器には保証期間がありますので
故障かどうかわからないけれども何かおかしいと思った時には
なるべく早く施工した業者さんに見てもらい、使い方も確認することをおすすめします。

使い方の問題と勝手に思い込んだり、業者さんに連絡しにくいと感じ、そのままにしてしまい
何年も経ってから新たに修理屋さんを探して修理したという話も聞きました。

保証期間が過ぎていても施工業者さんに相談してみてください。

今回施工をして半年以上たって気づいたわけですが、すぐに対応してもらうことができました。

今回は工事に私たちがコンサルタントとして入らせていただいていましたので
すべてこちらで連絡を取らせていただきました。

リフォ-ムの時、コンサルタントの依頼をいただきますとコンサルタント代が
かかりますが終わった後も引き続きご相談をお受けし
フォロ-いたしますので安心していただけると思います。(ナ)

注文品と既製品
注文品と既製品

35年前に建てられた住宅の洗面所です。
RIMG0245a.jpg

‘造り付け’ といって大工さんが造った戸棚に洗面器をはめ込んであります。
今のような洗面化粧台はまだ種類が少なく、寸法も自由度がなかったので、
注文住宅の場合このような仕事のしかたが一般的でした。

洗面器の両側は木なので、塗装はしてあっても頻繁に水がかかるため
汚れが染みついたりカビがはえたりして黒くなってしまいました。
それでも使いやすくてとても気に入っていたのですが、
この洗面器のパッキンが劣化して水漏れするようになりました。
パッキンをとりかえればいい、と簡単に考えていましたら、
この洗面器のパッキンは一般的なものではなかったので素人には取り換えられず、
設備屋さんにお願いしたら、
なんと!「もう部品がありません。洗面器ごと交換しなければなりません」
と言われがっかりしました。

そして新しくなった洗面化粧台です。
RIMG0254a.jpg

造り付けの化粧台よりも少し小さくなったので、
廻りをキッチンパネルでふさいでもらいました。

古いものに比べ、シングルレバーになったし、水はねも気にしなくていいし、
使い勝手はいいのです。ピカピカで明るくもなりました。
でもなんだかつまらないのです。
何故だろうと考えていたのですが、既製品をただ置いただけだからじゃないかと
思いいたりました。

今までのものは汚れていたけれどそれなりに愛着があって
汚れなどあまり気にならなかったのです。
新しいものは、よほど気に入って購入したものでないとすぐには使いこなせません。
以前に比べて使い勝手の悪いところばかりがまず気になってしまいます。
注文品と既製品の違いもあると思われます。
最近は当たり前のように既製品の‘洗面化粧台’が設置されます。
そのほうが工事も早いし、製品も安定していてクレームが少ないからです。

でも今回はもうすこしゆっくり考えるべきでした。
自分で探しに行けば同じパッキンはなくとも代替え品があったかもしれません。
または同じ洗面器があれば、洗面器だけ交換することもできたかもしれません。
ちょっと体調が悪かったり、仕事が忙しいという理由で
探しに行く手間を惜しんだ結果がこういうことです。

いつもそうなのですが、「まあいいか・・・」と思ったとたんそこで仕事は終わります。
そして後で後悔するのです。
あの時もう少し頑張って探していたら…と。

皆さんも新築はもちろん、改装の時も希望することは最後まで諦めないで下さい。
職人さんはいつものやり方を変えることをいやがります。
そこで引き下がっては希望のものを手に入れることはできません。
自分で探すことをおすすめします。

業者さんには手に入れられないものでも、
個人の客だからこそ手に入るものも結構あります。
人任せにせず、あるいは素人だからと諦めず、
じっくり探すことをおすすめします。
その結果は、きっと愛着のある気に入ったものを手に入れることができるでしょう。(kei)