FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
トイレの詰まり修理トラブル
トイレの詰まり修理のトラブル

ニュ-スでトイレの詰まり修理で水道業者との
トラブルが報じられていました。

トイレに物を落としてしまい、詰まってしまった場合の修理代が
高額だったとのことでした。
家に一つしかないトイレが詰まると焦ってしまいます。
報じられていたのはインタ-ネットで業者を見つけ、依頼したところ
わかりにくい見積もりを提示し、急いで作業に取りかかることを勧め
最終的に何十万という高額な請求をされたり、キャンセル代を
請求されたりというものでした。

トイレットペ-パ-や掃除用の溶けるペ-パ-を一度にたくさん流すと
詰まったりすることもあるのでそれは注意をしていることと思います。
しかし小物や子供のおもちゃなどを落としてしまったりする事があると思います。

その場にいたときは流さないですぐに拾い出しましょう。
割り箸などでと考えますが折れて奥に入ってしまうとかえって困ります。
不要な物でも流さなでゴム手袋やゴミ袋を手にはめて取り除きましょう。
灯油などに使うポンプでたまっている水をくみ出すと取り出しやすくなります。

知人は子供が下着を流してしまった時 すぐに気づいたので水をくみ出し
便座を自分で外し、取り出したことがあると話してくれました。
しかし、たまたまうまくいきましたが自分でというのは難しいと思います。
詰まってしまい、水が上がってきてしまうと焦ってしまうものです。
焦らないことが大切です。
賃貸やマンションの場合は管理会社や大家さんにお願いすれば、お付き合いのある
水道業者さんがいるのでトラブルになることは少ないと思います。

戸建住宅も1階と2階に1カ所ずつトイレがある場合が増えてきました。
1カ所 詰まっても、もう一カ所は使える場合が多いので焦らず行動しましょう。

物を落とした場合は拾ったり、便器を外すだけで解決できる場合も多いと思います。
と言っても便器を外すには中の水をくみ出したり、周囲を汚さないように
したり手間がかかかります。
業者さんい依頼した場合、それなりの費用はかかります。

しかし半日や数時間で終わるのであれば何十万もかかることはありません。
初めての水道業者さんに突然、依頼するのはなかなか難しいかもしれません。

最近は大手ガス会社も24時間対応で水回りのトラブルを解決してくれると
宣伝していますね。
大手ですと多少割高になるかもしれませんがトラブルになるほどではないと思います。

市役所には市の指定業者の名簿がありますのでそこから選ぶのも良いと思います。
市は紹介はしてくれませんが家から近いところ、小さな工事もして貰えそうな
業者さんを見つけるのも良いと思います。
いくつかの業者さんに電話をしてトイレの詰まりを直してもらえるか相談し、
その対応で選ぶのが良いと思います。
電話をするとき、市の名簿から選んで電話していると伝えるのも良いと思います。
水道業者さんは市の指定を大切に思ってます。

状況を説明し、簡単な物でも良いので見積りを書いて貰いましょう。
見積もりの範囲で直らず中断して貰った場合の出張費なども
聞いておくと良いと思います。
そのやりとりの中で納得がいかない場合はあらためて他の業者を探しましょう。

まずは見積りの範囲での詰まり修理をお願いしましょう。
修理の後、周囲の部品の取り替えなども勧められる場合もあります。
良い業者さんであれば、またお願いする事もできますので、不便がなければ
その場で依頼せずしっかり考え、見積もりをとってから依頼しましょう。(ナ)


換気
換気 

新型コロナウイルスの終息が見えない中、家にいる時間が長くなっていることから、
換気についてお話ししようと思います。

24時間換気システムという言葉ももうお馴染みになったと思われますが、
これは2003年に建築基準法が改正され、設置が義務付けられました。
リビングや寝室など、居室と呼ばれる部屋に小さな吸気口が付いていて、
そこから空気を取り込み、集約してトイレや浴室などの換気扇から排出されるというものです。

正しく使われていれば、約2時間で部屋全体の空気が入れ替わります。

このシステムが始まった頃は、1日じゅう換気扇が回っているなんてもったいない、
ということでスイッチを切ってしまう人が多くいました。
でも最近は住宅の高断熱高機密化が進み、窓を閉め切っていると空気がよどんでしまいます。

24時間換気システムとエアコンを稼働させることを前提に自然換気をプラスしましょう。

まず居室の吸気口が開いているのを確かめてください。
吸気口の前に物が置かれていないか、
冬に寒いからといって閉めてしまってそのままになっていないかなどです。
吸気口の位置や数、排気の換気扇の大きさは、部屋の広さ、体積を考慮して換気量を計算しています。

 高い電気代の代名詞になっていた「エアコン」も、近年省エネ化が進んでいます。
住宅の高断熱高機密化が進んだことで、冷房では28〜29℃、
暖房では20〜22℃くらいにすることで、快適性も維持できる節電運転になります。
(適正な設定温度の目安は機種によって多少異なりますので取扱説明書でご確認ください。)
今ではエアコンが節約家電の代名詞になりました。

ただし、エアコンは部屋の空気を回しているだけで換気はしません。

コロナ対策で1時間に10分程度の換気をしましょうと言われています。
換気はこまめにした方が有効なので、30分に5分程度のほうがいいようです。

窓はなるべく離れた2カ所を開けると有効です。
窓が一つだけの場合は窓に向けて扇風機を回すといいでしょう。

5〜10分程度の換気は、せっかく冷房をかけて涼しくした部屋がすぐ暑くなってしまう…
と思われるかもしれませんが、実際はそれほどでもありません。
エアコンの冷気によって壁や家具も冷やされており、
窓を閉めればすぐに元の涼しさに戻ります。

空気環境が関係する感染症では、換気は非常に重要です。
窓を開けて換気を意識的に行うことをお勧めします。

リビングなど長く人がいる場所はもちろん、夜間の寝室なども空気がよどみやすいので、
24時間換気システムを有効に使いましょう。(kei)

ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機

今まで縦型の全自動洗濯機を使っていましたが
今回ドラム式の洗濯機を買ってみました。

今まで使っていた物は節水、汚れ落ちがよいと言うものでした。
温風乾燥は付いていませんが風乾燥は付いていました。
しかし1回も使ったことはありませんでした。
その洗濯機を選ぶときにドラム式も検討しました。
ドラム式を選ばなかった大きな理由は
サイズが大きく、手前に蓋を開けるのでスペ-スが足りない。
乾燥は必要ないがすべてのドラム式は乾燥機能付き。
風呂水を利用できない、後から洗濯物の追加ができない。
値段が高い、などいろいろ考えた末、縦型にしました。

今まで使っていた洗濯機の調子が悪くなり、買い換えをする事にしました。
思ったより音がうるさく、節水効果もあまり感じず、汚れ落ちも普通だった事もあり
今度はドラム式も使ってみたいと思い探してみました。
以前はなかった、サイズの小さいもの(奥行きの小さい物)、乾燥機が付いていないもの、
で値段の安い物(10万円以下)が有りましたので買ってみました。

ドラム式洗濯機1

ドラム式洗濯機2

洗濯機の上が空いているので洗剤などを置くつもりでいましたが
振動が大きく置くことはできません。
音もうるさいです。
汚れ落ちは普通でしょうか。
奥行きが小さいので正面の蓋を開けても気になりません。
正面からの洗濯物の出し入れも縦型より楽です。
スタ-トしてすぐなら、追加の洗濯物も入れることができます。
風呂の残り湯は使えません。
最初は失敗かな、なんて思いましたが、少しずつ慣れてきました。
高機能の値段の高い物なら揺れも、音も少ないのでしょうね。
でも、今はドラム式を買ってみてよかったと思っています。
次の買い換えの時には昔のような二槽式のものも使ってみたいと思っています。ナ)


宅配ボックス
宅配ボックス
最近はインタ-ネットで買い物をすることが多くなってきました。
趣味のものやちょっとした小物、何でも 安く買えて便利になりました。
しかし、帰宅するとポストに再配達のお知らせが入っていることも多くなりました。
再配達の多さが問題になっていますが、電話をして待っているこちらも
なかなかめんどうなものです。
コンビニ受け取りにもしてみましたがこれもちょっと面倒です。

数ヶ月前から家族で、宅配ボックスを設置することを検討してきました。
安い値段で手作りしたいと考え、ホ-ムセンタ-などで利用できる箱や材料はないかと
探しました。市販の宅配ボックスも参考にといろいろ見てまわりました。
市販のものは数千円から何十万もするものまで機能によっていろいろです。
大きさもこれまたいろいろです。
自宅のどこに設置するか、またボックスが盗難に遭わないようにするにはどうしたら良いか、どの程度の大きさが必要か..、と検討することはたくさんあります。
いろいろ考えるといつになったらできるかわかりません。
結局、手頃な値段で手頃な大きさのシンプルな作りの既製品を購入し、
設置してみることになりました。
ポストと宅配ボックスが付いたものにしました。
今まであった手作りのポストも名残惜しいのですが取り外さなければ設置でき
ないので外しました。

ポスト2
ポスト4

上はポスト下は宅配ボックス。
ポスト5
ポスト6

どちらも南京錠で鍵をかけることができます。
ポストは今までも鍵はなかったのでそのまま鍵なしです。
宅配ボックスの中には南京錠と印鑑が入れてあります。
印鑑を信用をして中に入れておくしかありません。
荷物を入れて印鑑を押したら南京錠を締めてもらうという単純なものです。
鍵をかけた後に来た宅配の方は残念ながら荷物は入れられません。
帰宅し手持ちの鍵で荷物を取り出します。

ポスト7

ボックスは足下をボルトでコンクリ-トに留める仕組みですが
置く場所が花壇なのでエアコンなどをのせるボルトの付いた
コンクリ-トの台を購入し、花壇に埋め込みそれに取り付けました。
埋めると言っても10センチ程度ですので心配です。

ポスト3

ボックスからワイヤ-をだし紅カナメの木にもつないであります。
設置してまだあまり経ちませんがポストには毎日、手紙や新聞が
入っています。設置してからは在宅の時にばかり荷物が来ます。
宅配の方にわかるように上はポスト下は宅配ボックスと書いた
黄色のプレ-トを貼り付けました。
先日始めて荷物が入っていました。うれしいものです。
雨の日にはポストの扉を開けると、縁に付いたしずくが入り
中がぬれてしまうことがわかりました。
手紙などがぬれないように中にかごを置いてみました。
これから使い心地を見て雨対策など
少しずつ工夫をして使っていきたいと思います。
再配達をお願いしなくてもよいのはとても助かります。ナ)

エアコンの音と24時間換気扇の話
エアコンの音と24時間換気扇の話

前回、息子が借りた賃貸ル-ムの面積のお話をしましたが、その後は?

引っ越しを済ませ、部屋のエアコンをかけたところ、がたがた音がし出したとのこと。
管理会社に話をしたところ、「そんな物ですよ!」と言われたとのこと。
「そんなものなのか?」と息子から連絡が来ました。
エアコンからがたがた音がしては困ります。
詳しく聞いてみると浴室やトイレの換気扇をつけると
音がひどくなるようです。

原因が想像できました。
密閉された部屋の空気が足りなくなるのが原因に違いありません。
息子に「部屋の給気口が閉まっているせいだと思うので
開けるように」と伝えました。

最近の住宅は24時間換気扇を付ける事が法律で決まっています。
その名のとおり、24時間換気扇が作動し、ゆっくりですが部屋の換気をしているわけです。
24時間換気扇で部屋の空気を外に出しているわけですから、
その分空気をどこからか取り入れなくてはなりません。
必ず取り入れ口(給気口)があるはずです。

給気口は開閉できますが24時間換気扇が作動していますので
開放しておく必要があります。
浴室やトイレの換気扇が24時間換気扇となっている場合が多いです。

息子が以前の部屋に住み始めた時にも、浴室の換気扇のスイッチを切っても音がすると
の問いに、24時間換気扇が弱い状態で作動しているという事を
説明したことがありました。
そのときの給気口は腰窓の下の壁に付いていました。

今回、いくら探しても、前のような給気口はないとのこと。
そんなはずはありません。

引っ越し後、片付けの手伝いに行き、エアコンをつけ、水回りの換気扇の
スイッチをいれると
話の通りエアコンが、がたがた音を出し始めました。
こんなに大きな音がしたのでは困ります。

よく探してみるとエアコンのすぐ下に四角いパネル状の物が2個、あります。
小さな字で給気口の使い方と書いてありました。
押してみると、蓋が少し持ち上がり、風が入ってきたのがすぐに感じられ、
音もぴたりと止まりました。

給気口

給気口は24時間換気扇から遠い部分に取り付け、部屋全体の空気を循環させるように
なっているのですが、それがたまたまエアコンの下でした。
エアコンからは、冷やされた空気が出てきますがそのすぐ下に
外の暖かい空気が入る給気口があるので、閉めておきたいところですが
常時開けておくように息子には伝えました。
これで音の事も解決しました。

管理会社の人も部屋の事をすべて把握しているわけではないのですね。
最近は給気口も目立たないようなデザインになっています。
台風などの時以外は開けておいてくださいね。
閉めたままにしておくと密閉の良い部屋では、24時間換気扇が
有効に働かなくなるだけではなく、
今回のようなトラブルがおきたりします。
自分の家なのに知らないこと、気づかず見逃していることもあるものです。
時々家の中を点検してみましょう。(ナ)