プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
バルコニ-の木製テスリの話
バルコニ-の木製テスリの話

我が家のバルコニ-のテスリは2x4材の木製で造ってから20年経っています。

ペンキではなく木材に染み込ませるタイプの木材保護塗料が塗ってあります。

木製のテスリは直接風雨にさらされると腐ってしまうという心配がありましたので、

こまめに塗装をすると決めて木製にしました

結局 塗装はこの20年間に2,3回だけでした。

それでも特に問題なく今に至って..と思っていたのですが..。

てすり1

最近、汚れの他に傷みが目に見えてきたので点検してみるとぐらつき始めていることがわかりました。

テスリの土台となっている木材の中が腐り始めもろくなっていることがわかりました。

てすり2

アルミなどの既製の物に取り替えることも考えましたがアルミ製でも20年も経つと傷みが出てきます。

我が家の木製のテスリが傷み始めているとは言え、

たいした手入れもせずに20年ちかくもったのですから...。

やはり愛着のある木製で..、自分たちで作り直すことにしました。

今までのテスリは大工さんに作ってもらったので木を彫り込んでつないだり

工夫してありましたが

今度は自分たちで足場もなく作るのですから見た目よりも作るときの安全性と

傷んだ時のメンテナンスを優先に考えました。

ホ-ムセンタ-で2x4材と金物、塗料を購入しました。

長い木材はまとめて買い、運んでもらいました。

(運搬費用がかかりますが長いものを買い、カットして使う方が

費用節約になります)

てすり3

古いテスリを取り外し基本となるサイズは同じにしました。

いくつかの部品に分けて組み、塗装をしてバルコニ-に

持ち上げ、清掃し塗装したてすり壁の上に取り付けました。

てすり4

てすり5

もっとも傷みやすい一番上のテスリ材は耐久性の高いデッキ材などを

使うことも検討し材料を購入して試してみましたが、

値段が高いこと、重いこと、加工が難しいことなどもありやめて手軽な2x4材にしました。

雨が直接あたるテスリの一番上の2x4材の上にもう1枚うすい1x4材を

重ねて取り付けテスリ材の繋ぎ目の固定と痛み始めたら、

まずその材を取り替えるということにしました。

木でできた物はすぐに腐るというイメ-ジがありますがきちんと

メンテナンスをすると思った以上に長持ちをするものです。

てすり6

作り直したテスリもこれから20年..

メンテナンスをきちんとすればそれ以上、長持ちすると思います。

てすりは何とか修理ができました。

屋根と外壁ももう塗装時期が来ています。

こちらは専門家にお願いするつもりで塗装計画をたてています。

家のメンテナンスはこまめに行った方が長持ちしますし

修理の費用もおさえることができます。ナ)

スノコの話
スノコの話

バルコニ-やテラスなどにスノコが敷いている方も多いと思います。

我が家のバルコニ-にはデッキ材で作ったスノコが敷いてあります。

バルコニ-に出やすいようにと隙間ができないようにぴったり作りました。

そのスノコも敷いたまま20年ちかくが経ちました。

だいぶ傷んできたのでスノコの修理とその下の掃除をすることにしました。

スノコ2

はずしてみると砂とゴミが固まりのようになり一面にたまっていました。

排水孔のまわりには土とゴミが盛り上がってたまり水が流れにくくなっていました。

長い間、掃除をしなかったのですから仕方ありません。

なぜ長い間掃除をしなかったのか考えて見ました。

隙間なくスノコが敷いてあったので全く下の汚れが見えなかったこと、

ぴったりなので外すのが難しいこと、デッキ材は重いことなどが

原因だったと思います。

そこで掃除の後は傷んだ部分を取り除き、まだ使える材料で

スノコを小さくし作り直しました。

スノコ1

スノコが小さくなったので汚れや水はけなどよく見えます。

壁に立てかけることもできますので下の掃除も簡単にできます。

浴室のスノコも木で作られている物を使う場合がありますが

やはり重いのでいくつかに分割して、さらに手かけなど付けると掃除の時

持ち上げやすくなります。

見えないところは気がつかずそのままになってしまうことが多いものです。

たまにはスノコの下ものぞいて見てください。

時々日干しをすると長持ちもします。

気持ち良く暮らせるように見えないところも手入れをし

住まいを長持ちをさせましょう。(ナ)




トイレの水漏れ修理
トイレの水漏れ修理

トイレを流した後、水がちょろちょろ出て止まらなくなりました。
18年間使っている古いトイレです。
浮き輪が完全に上まで上がらなくなったのか、タンクの中ボ-ルが古くなり排水孔を
しっかりふさがなくなったせいではないかとタンクの蓋を開けて調べてみましたが
問題はないようです。

トイレ1

トイレ2

よく見ると水道管がタンクに入る部分の金物のところがさびたようになり水が
少し漏れています。
ほんの少しですがこの漏れている水のせいでオ-バ-フロ-から流れ出ている
ということがわかりました。
古いトイレですが他は問題ありませんし色も気に入っていますので
何とか直したいと思いました。

しかしこの部分をどのように修理して良いかわかりません。
そこでこの部分を含めタンク内部の部品全てを取り替えてみることにしました。

18年経っている物ですので同じ部品はもうありませんでした。
トイレの機種からインタ-ネットで調べたりメ-カ-に問い合わせたりし
このトイレに利用することができる新しいタイプの部品を購入しました。

トイレ4

工具は家にある物を準備しました。
トイレ3

新しい部品を説明書通りに組み立てました。
トイレ5

トイレの水道の止水栓をしっかり閉めて水を流しタンクをからにしてから
古い部品一式を取り外しました。
トイレ7

トイレ8

トイレ9

そして新しい物を取り付けました。
トイレ10

トイレ11

止水栓を開けて見るとタンクに水がたまりましたが水漏れありません。
トイレ12

直ったようです。

自分で小さな修理ができると割安ですし嬉しいものです。

同じような症状でお困りの方にお勧めしたいところですが
部品一式は結構値段も高いので原因をしっかり調べ、機種や代替え部品を
間違えないように準備すること、取り替えるときにはしっかり元栓を閉めて行うことが
大切です。(ナ)



屋根の塗装
屋根の塗装

屋根仕上げ材も瓦をはじめ金属系、コロニアルなどいろいろあります。

瓦の場合塗装の事を気にすることはありませんが
金属系やコロニアルの場合は何年位経ったら塗った方が良いの気になるものです。

10年を過ぎると外壁のメンテナンスと一緒に屋根の塗装する場合が多いようです。

屋根の塗装は年数もありますが全体が一緒に劣化していくのではなく
屋根の勾配や向き、日光のあたり方や風のあたり具合などによっても異なります。
ですから時々、少し離れたところから自分の家の屋根を見てチェックをしてください。

コロニアルの場合、色が薄くなったり、つやがなくなったり
白っぽくなってきたりコケやカビの発生が見られる場合は塗装をお勧めします。

屋根1

そのままにしておくと見栄えが悪くなるばかりでなく水はけも悪くなり
屋根の劣化、雨漏りにつながります。

ただ、屋根がコケやカビで覆われてしまっている場合は塗装しない方が良い場合も
あるそうですので専門家に相談してください。

また、コロニアルも瓦と同じように重ねてつくられています。
隙間から入った雨の逃げ道、空気の通り道があります。
重なり部分を塗りつぶしてしまうと隙間などから入った雨や
結露の逃げ道がなくなり雨漏りの原因になります。

塗装をしたら雨漏りするようになったという話を聞いたことがありますが
それが原因かもしれません。

きちんとした塗装業者さんに依頼した場合はそのあたりもきちんと対策を
してもらえるので心配ありません。

塗装2

時々、家を見回し、きちんとメンテナンスすると家の長持ちにつながります。(ナ) 

雨樋の修理
雨樋の修理

この夏、雨樋に関する相談が3軒続きました。
大雨の度に軒先の雨樋からい雨水がバシャバシャとあふれ落ちて困るという相談でした。

あふれ出した所の下の土に大きなくぼみが何カ所もできているお宅もありました。

雨樋1

いずれも今年2月の大雪の時 雪の重みで軒の樋が外側に傾いたり、
曲がったりしてしまったのが直接の原因ですが長い間の傷みもあったようです。

2軒のお宅は雨樋の反りや曲がりを元のように戻せば問題ないとの考えでした。
では、誰にそれを依頼したらよいのか?
ホ-ムセンタ-、工務店、便利屋さん..?

雨の度にどうしようか、どこに頼んだら良いか..と思いながら、
夏になってしまったというのが共通のお返事でした。

修理に関してはどのお宅も費用をあまりかけずに行いたいとのこと。
自分でと考える方もいますが、
軒樋の修理は簡単そうに見えますが勾配をつけてタテ樋まで
雨が流れるように取り付けることは難しく、また高所での
作業ですので危険が伴います。

工事は専門の職人さんにお願いしました。

1軒目、軒樋の傾きを直しました。
     雪止めがなかったのでお勧めしましたが今回は見送りでした。

2軒目、銅板の軒樋の傾きや折れ曲がりを直し、樋を支えている金物を追加しました。

雨樋2

雨樋3

1,2軒目は足場をかけずハシゴをだけで傾きや曲がりを直しました。
2階の屋根の雨樋は1階の屋根の上から2階の屋根にハシゴをかけました。
ハシゴをおさえたり樋を支えたり3人の職人さんが連携しての作業でした。

3軒目、軒樋が破損したり孔があいている所もあり、修理だけでは
     対応できないので全部、新しい物に取り替えることになりました。
      2階の屋根の雪が1階の屋根に勢いよく落ちて破損した部分も
     あるようでしたので2階屋根に雪止めも取り付けることになりました。
     やっと方針が決まりましたので、これから工事です。
     こちらは足場をかけて行うことになりました。

費用はかけたくないといっても3人の職人さんが来ればそれなりの費用もかかります。
足場が必要な場合はなおさらです。

少々費用はかかっても専門家に依頼し、修理を行うことことで
安心して暮すことができます。

今回、どちらの皆さんも大雨の日も安心していられると
ホッとした様子でした。

こまめにメンテナンス、そして傷んでいることに気づいたら
早めに修理すれば費用も少なくてすみますし、
家の長持ちにもつながります。(ナ)