プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
耐震補強の費用
耐震補強の費用

先週また大きな地震がありました。3.11の余震だそうです。
津波もあって昨年被害を受けた方は身も縮む思いだったことでしょう。
心からお見舞い申し上げます。

昨年の3.11以降、さいたま市の無料耐震診断の件数はかなり増えました。
しかし、耐震診断を申請した人が皆さん耐震補強をするわけではありません。
ほとんどの方が死ぬまでこの家に住み続けたいというものの、
そのために耐震補強をしようという人は120万円の助成金があるにもかかわらず
(さいたま市の場合)残念ながらわずかです。

耐震診断とは震度6〜7の大地震動に対してこの家はどの程度の強度があるかを診断します。
評点1.0を基準にしてそれ以下だと倒壊する危険があるということになります。
昭和56年6月に構造基準が強化されたため、
それ以前に建築された木造住宅はほとんどが1.0以下です。
それを、屋根を軽くしたり、壁等を補強することによって評点を1.0以上になるように補強し、
大地震が来ても倒壊しない家にしようというのが耐震補強です。

耐震補強のやり方はいろいろありますが、
筋交いと構造用合板を使った一般的な補強方法の費用をご紹介します。

まず壁の仕上げを剥がし床と天井の一部を壊します。
巾3尺(約90cm)の壁1個所に45mm厚の筋交いを入れ両端を梁と土台に金物で緊結し、
その上に構造用合板を張ります。これで補強壁の出来上がりです。
この上にビニールクロスや化粧合板など、その部屋の仕上げに合わせた仕上げをします。

ここまでで費用は15万円から20万円。工期は1日半から2日くらいでしょう。
こういう壁を、1戸あたり、少ない家で10個所。多い家では30個所を超えることもあります。
そうすると工事費は、少ない家で150万円、多い家では450〜500万円になります。
工期は2週間から1ヶ月半くらいです。

窓や襖、ドアなどの開口部が多かったり、メンテナンスをあまりやっていなくて
老朽化が進んでいると、補強の必要な壁量が増えたり、補修工事が増えます。
また、瓦など重い屋根材の場合も必要壁量が増えます。
屋根材をカラー鉄板のような軽い材料に葺替えることもありますが、
屋根の葺き替えは費用がかかります。

昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅について、
さいたま市では無料耐震診断または65,000円の助成があります。
さらに補強工事については補強設計料も含めて120万円(工事費の1/2以下)
の助成があります。

いつ起るか分からない地震に備える余裕は無いと考えるか、
建て替えるよりもずっと安い費用と短い工期で耐震補強をして、安心・安全を確保するか
これは考えどころです。(kei)

安心・安全
安心・安全の考え方

6年ぶりという寒冬のなか、わが家の梅が去年より1ヶ月も遅く、
やっと先週あたりから満開になりました。
梅


大震災から一年。テレビも新聞も様々な形の特集を組んでいます。
直視できない映像もありあすが、
子供たちのけなげな様子に涙を押えきれない場面もあります。

全く様変わりしてしまった故郷の地をどう再生していくかは、
ものすごく難しい問題です。
私達建築に携わるものは、どうしたら望ましい地域型のまちづくりに貢献できるのか、
速やかに学習し、実践していかなければなりません。
そして、子供たちを信頼して応援していかなくては、と思いました。

大震災後、4年以内に震度7の地震が起きる可能性が70%の確率である、
という予測が出されました。
震度7というのは最大級の揺れということです。

さいたま市のホームページに「防災・気象情報」というサイトがあります。
そこへ行くと「危機管理指針」や「地域防災計画」などから、
想定される地震、揺れやすさマップが見られます。

ご自宅がどの辺りにあるのか、どんな被害が想定されているのか、
それを確認して対策を立てておくことをお勧めします。

さいたま市では昭和56年5月以前に建てられた木造住宅について
無料の耐震診断をしています。
さらに、耐震補強工事には最大120万円の助成金があります。
また、建替えた場合にも最大60万円の助成金があります。
それぞれいくつかの条件がありますので、さいたま市建築総務課までお問い合わせ下さい。

もちろん私達Weもご相談をお受けしています。
次回の無料相談会は
   4月12日(木) 10:00~12:30 
             北浦和のくらぶルーム暖
  です。

どうしたら良いかなと思案中の方、どうぞご遠慮なくお出かけ下さい。(kei)

耐震補強
耐震補強で安心、安全を買いましょう。

今日は1月17日。阪神淡路大震災から17年が過ぎました。
あの当時は建築の構造で、木造の耐震を研究している人はわずかしかいませんでした。
特に関西方面では一人もいなかったと聞いています。

そんななか、坂本功氏(東京大学名誉教授、現建築防災協会理事)は
木造耐震研究の第一人者でリーダー的存在です。

その坂本先生が阪神淡路大震災の被災地を見て回った感想は、

「文化をとるか安全を取るかと言われれば、自然の驚異に対して
人間が謙虚に対峙して安全を取るべきだろう」

ということでした。

当時は文化をとるか安全をとるか二者択一みたいなことを言うのはけしからんと、
だいぶ批判されたようですが、

とにかく相手は自然の力なんですから、
むちゃくちゃな揺れ方をする・・・生易しいものじゃないんです」

「・・・それまでにも地震は幾つも見にいきましたけれど、
倒れた建物をぽつんぽつんと探すとか、
あるいはどこそこにいくとたくさんつぶれているという状態でした。
ですけれど、もう西宮の辺りに入ると、そこら中壊れている。
面的に、大量に壊れているというので非常に衝撃を受けました。」


とおっしゃっています。

この大震災のあと、木造の研究に参入する人達がたくさん出てきました。
さらに、科学技術庁により、都市部を中心とする地震災害の軽減を目指す
総合的な研究を行う研究拠点を設けることが提言され、
2005年には ‘E-ディフェンス’ という、
実物大の建物を震動台に載せて地震動を加え、破壊実験ができるという
世界最大の実大三次元震動破壊実験施設ができあがりました。

「当該施設の最大の目的は、実物大の構造物を実際に破壊に至るまで震動させて、
その過程を科学的に分析・記録し、「壊れない構造物」を設計するところにある。

ただし「壊れない」とは「ヒビも入らない」という意味より
「ヒビなどある程度の破壊を受け入れ、人命が失われるレベルでの破壊を防ぐ」
という意味の「壊れない」という事である。」…Eディフェンス HPより。


そのEディフェンスで、昭和56年以前に建てられた平均的な木造2階建て住宅の
実物大震動実験をし、現在の耐震補強の基準を検証し、
皆さんに耐震補強をしましょうと呼びかけているわけです。

さいたま市では木造住宅に関しては無料の耐震診断を実施していますし、
耐震補強には120万円の助成金を出すことになっています。(条件つきですが)

今日も、さいたま市では震度3の揺れがありました。
昨年の北日本大震災以降、たびたび大きな揺れがあります。

安心を買うおつもりで、ぜひ耐震補強をされることをお勧めします。(kei)








耐震診断と耐震補強
耐震診断と耐震補強をしましょう!

阪神淡路大震災から16年が経ちました。
未曾有の大災害で、あの日の朝はテレビ画面を
信じられない思いで見つめていたことを思い出します。

あの大きな被害を繰り返さないために
みなさん!耐震診断、耐震補強をしましょう

6400人余りの人が亡くなり、
そのうちの5,000人は木造住宅の下敷きになって亡くなっています。
住宅の倒壊は全、半壊あわせて25万棟にのぼります。
その惨状はまだまだ皆さんの記憶に
残っていることと思います。

阪神淡路大震災を教訓にして各種の実験が繰り返し行われ、
これだけの補強をすれば大丈夫という目安が出ています。

今は耐震診断、耐震補強をしましょうと、
国や地方自治体が声を大にしていますが、
なかなか進まないのが現状です。

助成金を出している自治体も多く、
さいたま市では,在来軸組構法の住宅については無料の耐震診断をしています。
2×4や伝統構法の住宅については助成金を出しています。

さらに耐震補強をする場合は最高80万円が助成されます。

それでも耐震診断、耐震補強をする人が少ないのは、
きっと他人事のように思っているからだと思います。
阪神淡路大震災クラスの大地震が、
今後30年の間に来る確率は70%と言われています。
もちろん来ないかもしれません。
でも、もしきたら・・・
あの災害を繰り返すことになるのです。

市役所に行って相談してみて下さい。
どうしたら耐震診断、耐震補強ができるのか、
どうしたら助成金を利用できるのか、
親切に教えてくれます。

みなさん! 耐震診断、耐震補強をしましょう!!(kei)

地震で揺れるのは…?
年の瀬の慌ただしい中、ちょっと手を休めてこんな動画を見て下さい。

「地震で揺れるのは高層それとも低層?」というテーマで、怪しい紛争の「Dr.ナダレンジャー」なる人物が分かりやすく解説してくれます。

     地震で揺れるのは高層それとも低層?

こちらをクリックしてみて下さい。