プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
住まいの講座
住まいの講座のお知らせです。

Weの渡辺が公益財団法人いきいき埼玉主催の
「安心して暮らすための住まい(家)づくり」の講座を
浦和コミュニティセンタ-センタ-でさせていただくことになりました。
費用はかかりません。是非ご参加ください。

講座2回目の午後、偶数月に行っているすまいの無料相談会を
行う予定です。詳しくは後日お知らせいたします。
そちらも合わせてご利用ください


いきいき埼玉住まいの講座1

いきいき埼玉住まいの講座2


大工の職分
大工の職分・・・西澤政男棟梁の話

先日、宮大工の棟梁 西澤政男氏の話をお聞きする機会がありました。
西澤棟梁は現在67歳。㈱西澤工務店の社長であり、
「文化財修理技術保存連盟」の理事長でもあります。
祖父の代から大工さんで3代目。工事現場を遊び場に育ったそうで、
幼稚園の頃には他の職人さんから豆大工さんと呼ばれてかわいがられたそうです。

お父さんの元で伝統的民家構法を習得し、その後滋賀県文化財保護課直庸大工に採用され、
宮大工としての修業が始まります。
関西を中心に重要文化財のお寺や塔の解体修理・修復などに従事され、
現代の名工にも選ばれて大活躍です。

宮大工の修業の頃に聞いた言葉で
「カカと普請は遠目に見よ」
「一に格好、二に材料、三に仕事」
というのがあり、その後の建築人生の大きな指標となったそうです。
格好にも材料にも仕事にも責任を持つということは技能だけを担当する大工に比べ
著しく大きな責任を持つということです。
そしてそれは大工の作品になります。

この中の‘材料’については予算があることですから建て主の責任です。
‘格好’そして‘仕事’これは大工の責任です。
良質な感性としっかりした技術を持った大工さんが造る品格のある建築。
すばらしいなと思います。

設計施工で大工を選ぶということは大きな賭けです。
後でしまったと思っても工事が始まってしまえば
容易に変更することはできません。
しかしながら知識、能力、美意識、技術などは千差万別ですから
才能を見極めることは難しいことです。
それでも建てぬしは自己責任において大工を選ばなければなりません。
「与えられた材料でどんな建築を作るか」は各人の技量次第。
その違いは顕著です。


長寿命建築を建てたいという西澤さん。
未来の人達をして修理延命に向かわせられる力のある形の創造を目指したいということでした。

西澤さんの、今後の活躍に多いに期待いたします。(kei)


住まいのリフォ-ム勉強会のお知らせ
住まいのリフォ-ム勉強会のお知らせ

小さなリフォ-ムでもよくわからないと心配なものです。
そこで大宮生活館の部屋をお借りして勉強会を計画しました。
実例を紹介しながらわかりやすくお話しします。
一緒に勉強してみませんか。

勉強会のお知らせ
12月1日は浦和 くらぶル-ム暖にて「住まいのなんでも相談会(無料)」を
行います。こちらも気軽おいでください。お待ちしています。

さいたま寺子屋サロン
 東日本大震災での被害には心が痛みますが復興へ取り組んでいる方々の姿には
こちらが励まされる思いです。
私達も暮らしを見直し、できる事から復興への協力、応援をしたいですね。

自家焙煎コ-ヒ-屋シュッツさんでは毎月第3土曜日に
さいたま寺子屋サロンが開かれています。
ステキなお店でコ-ヒ-をいただきながら、いろんな方の
いろんなお話しを聞くことができます。

寺子屋サロン1

寺子屋サロン2

6月は私達Weの渡辺がお話しさせていただくことになりました。
どなたでも自由に参加いただけます。

     さいたま寺子屋サロン
        6月18日(土)
      17:30~19:30
      (コ-ヒ-代400円)
           題
  「古民家の自力改修で見つけたもの」
  (母を元気にする力と昔の人の知恵と思い)
          場所
     自家焙煎コ-ヒ-屋シュッツ
      JR埼京線中浦和徒歩2分 
       048-866-0763
寺小田サロン3

 昔の家は今時の家と比べると、とても不便だったように思います。
しかし、いろいろ工夫し、物を大切にして暮らしていた事がわかります。
コ-ヒ-をいただきながら記憶に残っている昔の暮らしを思い出してみませんか。(ナ)
「居心地のいい住まい」講習会のこと
生活クラブ大宮生活館の主催の"居心地のいい住まい”講習会で
Weのメンバ-が講師をさせていただきました。

ご参加いただいた皆さんお疲れ様でした。
途中のティ-タイムでは生活館の企画担当の皆さんがおいしいお茶とデザ-トを
サ-ビスしてくださり生活クラブならではの講座になりました。

居心地のいい住まい講習会

ご参加の皆さんに一言(住まいのこと)自己紹介をしていただきましたが
一戸建てに住んでいる方、マンションの方、転勤で何回も引っ越しをされ両方に
住んだことのある方、2世帯住宅にお住まいの方などあらためて住まいは様々だと実感しました。

また、「もっと居心地の良い家のはずだったのに..」というようなちょっとした不満や不安を
どなたも同じようにもっているということも知っていただく良い機会だったのではないかと思います。

その他リフォ-ム、高齢になった場合の一人暮らしの準備の時期や対策、
本当に必要なバリアフリ-対策とは何か等様々なことが話題にのぼりました。

住まいの居心地の良さはひと様々で「はいこれです」とご提案するのは難しいのですが..。
窓を開け風通しをよくすると家の中の空気もリフレッシュし気持ちの良いものです。
家族間の風通しも良くなります。また、家の長持ちにもつながります。

窓を開け、自分の家、暮らしを振り返り、居心地の良い我が家づくりに挑戦してください。

住まいの不満や不安は視点を変えると不満でなくなることも良くあります。
またその解決のための模様替えやリフォ-ムは結構楽しいものです。

今日は幅広い住まいのお話しになりましたが
リフォ-ムや2世帯住宅などもっと内容を絞って詳しいお話しをさせていただく
機会ができると良いと思います。

毎月、浦和のクラブル-ム’暖’と大宮生活館で交互に無料相談会を行っています。
今日の話題の続き又解決策などをみつけに気軽においでいただきたいと思います。(ナ)