プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
芸術祭
リボーンアートフェスティバル

東日本大震災から6年半。
復興の応援として石巻で開催された “リボーンアートフェスティバル” と
石巻周辺の復興の様子を見に行ってきました。

  石巻駅石巻駅

石巻駅です。かわいいですね。
窓や屋根にかわいい絵がたくさん描かれています。

フェスタでの大量のアート作品の中から、まずこれが見たい!!と訪れたのが
牡鹿半島中部の萩浜にあるこの牡鹿です。
       牡鹿
       牡鹿b

大きな角を振り上げて遠く海を見つめる姿は気高く、美しく、素晴らしい!!の一言でした。

萩浜から牡鹿半島の先端、鮎川までバスで行きました。
寸断されていた道路は復旧しましたが、窓から見える範囲に住宅はほとんどなく、
周囲の森林も、大きな木の半分から下には枝葉がついていませんでした。
根元が崩れたり、塩水につかったりして枝葉が落ちてしまったのだそうです。

翌日は金華山に行くつもりでしたが朝から大雨。
金華山はあきらめてまた石巻に戻ってきました。

そこには不思議な車がありました。
    目バス1
    目バス2

このバスで石巻市内をぐるっと巡って復興の様子を見ようというものです。
車内は住宅の縁側に座っているようなしつらえです。

 日本製紙日本製紙

車内から見た日本製紙石巻工場です。広大な敷地がつづきます。

「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」という本をご存じでしょうか?
日本製紙石巻工場が津波にのみ込まれ、完全に機能停止し、
従業員の誰もが「工場は死んだ」と口にするほど絶望的だった状況から、
社員総出で工場を復興していく様子を描いたノンフィクションです。

再生への執念。本を造る人たちの「紙」への想いを初めて知りました。

北上川の中瀬には石ノ森章太郎の漫画観があります。
そこからず〜っと歩いて中瀬の先端まで行くと
「石巻と空の向こうを光でつなぐ」 という作品があります。
     光光

私の写真の腕前ではこのくらいしか撮れなくて残念ですが、
光の筒の真ん中から真っ暗な空に向かって細い光がどこまでも延びていきます。
雲に飲み込まれていく光は「蜘蛛の糸」を想い起こしました。

  大川小大川小

北上川のすぐ横にある大川小はそのまま残されていました。
毎日お線香を上げにくる人が絶えません。

  女川駅女川駅
 女川駅前女川駅前

女川駅とその前の道路はきれいに整備されていました。
この道の正面は海です。

震災以前の街の様子を知らなければ、今と比較のしようもありませんが、
大型の工事用車両が町中をばんばん走っています。
市の中心からちょっと外れると仮設住宅がずらっと並び、
その横に真新しい復興住宅が建ち、あちこちでかさ上げの工事が見られました。

落ち着いた生活を取り戻すのにはまだまだ時間がかかりそうだというのが実感です。(kei)



さいたまトリエンナーレ2016
さいたまトリエンナーレ2016 in 別所沼

さいたまトリエンナーレ2016 と題して、ワークショップや展示などがが
市内のあちこちで開かれています。
そのうちのいくつかが先日の3連休に別所沼公園で行われました。
紙菅を使った「タイムチューブを創ろう」、「サンライト フラッグ プロジェクト」などです。

     IMG_1086紙管c
     P1020558紙管a

直径10㎝、長さ1.8m の紙菅とペットボトルを使います。
ジョイント部分は建築を専門とする人たちが試行錯誤し、夢中になって考えています。
このくらい大きなものになると子供だけで創るのは難しいですね。
この紙菅はちょっと重たいのです。

これは太陽光で影を焼き付け(カメラは使いません)、オリジナルの旗を創ろうという
ワークショップです。
公園で集めた落ち葉やセミの抜け殻、あるいはお気に入りの小物など、
布地の上に並べて待ちます。
この日は曇り空だったので、1時間ほどかけて焼き付けました。
     P1020554日光写真a
     P1020555日光写真b
     P1020560日光写真c

焼き付けた布を水洗いし、紙菅で創ったタイムチューブに吊るして干しました。

     IMG_1090旗d

そして最後にヒアシンスハウスのポールに高く掲げました。
もちろん子供たちは自分で作ったものを持ち帰りました。

     IMG_1112旗e


日比野克彦氏の「種は船」プロジェクト。2艘の船が沼に浮かんでいます。
朝顔の種は船のように見えるそうで、日本全国の地域と人をつないでさいたまにやってきました。
ここで何を積み、次はどこへ行くのでしょうか?
     P1020563船a


近くの花と緑の散歩道にはこんなオブジェもありました。
     P1020575ゲートa
     P1020580巨人a

散歩するにはとても良い季節になりました。
あちこち歩いていろいろなアートを見つけてください。

埼玉県立近代美術館
埼玉県立近代美術館リニューアルオープン


埼玉県立近代美術館が外観をクリーニングし、内装や証明を改修し、
リニューアルオープンしました。
記念イベントの第一弾は4月に終わりましたが、第二弾が2日から始まります。


面白いのは 洗濯ばさみアート です。
2万個の洗濯ばさみが用意され、
それを繋げていくとカラフルなアートができあがります。
  洗濯ばさみ1

  洗濯ばさみ2

  洗濯ばさみ3
  5月5日、6日のイベントです。


リキシャカメラ

自転車のような人力車のような、みごとに飾られたこの「リキシャ」に乗ってみましょう。
回りは全て囲われているのに外の景色が見えるのです!
  リキシャカメラ
  こちらも5月5日、6日です。

5月2日には万華鏡箱カメラづくりがあります。
埼玉近美オリジナルということです。

音楽噴水もフルパワーで演出できるようになりました。
曲目も新たに4曲追加されたそうです。

もちろん展覧会も記念展のスタートです。

  private, private ー わたしをひらくコレクション
  「印象派からピカソまで」 
  「未来に遺したい埼玉の風景ー塗師祥一郎展」
  「蒐集家の眼差ー大熊家コレクション」

などなど・・・

気持ちの良いお天気が続きそうです。
近場の公園や美術館でエネルギーの補給をしましょう。(kei)

イベントのお知らせ
イベントのお知らせ


ストローハウスを作りましょう!


2月28日(土)、3月1日(日)に浦和のコムナーレで大きなイベントがあります。
"ほっぷ・すてっぷ ルンルン−コムナーレバザール153の出会いの2日間−"です。
さいたま建築士会南支部ではこのイベントに参加して
人気のストローハウスを作ります。

  星

  飛行機

昨年夏の南区民まつりで好評でしたが、時間切れでできなかった方、
もっと違う形に挑戦してみたい方、
ぜひお出かけ下さい。


2月28日(土)  10:00 〜 16:00
10階  浦和コミュニティーセンター  第10・11集会室


コムナーレのイベントは2日間ですが、
ストローハウス作りは28日のみです。お間違いないように!


秋のイベントふたつ
ヒアシンスハウス夢まつり

別所沼に建つヒアシンスハウスは竣工後10年になり
だいぶ皆さんに知られるようになりました。
最初の頃は「ここでヒアシンスを売っているのですか?」とか「喫茶店ですか?」
という質問が結構あったのですが最近はそんなこともなくなりました。

詩人で建築家の立原道造の生誕100年です。
夢の週末別荘として2004年に建てられ、
今年は10周年記念の「ヒアシンスハウス夢まつり」となりました。

そのヒアシンスハウスの前庭に「旅する小さな家」が出現しました。
SMF (Saitama Muse Forum)主催の小さな家プロジェクトです。

夏に「旅する小さな家」というテーマでコンペがありました。
応募作品200点の中から選ばれた、
若手建築家の水谷隼人氏と山本恭代氏の共同設計案です。

   ヒアシンスハウス
   約2m角の立方体の中は丸くくりぬかれています。

   入口外
   出入口は茶室の躙口のように小さくて子供ははしゃいでいます。

   天井です。球体の中にいることが分かるでしょうか? 
   天井
   内壁
  内部から見た壁です。スリットから外光がわずかに入ってきます

   入口内部
   出入口を中から見たところです
   大人3人が入ればいっぱいになります。

「旅する小さな家」は解体され、次の会場へ行きます。
いつ、どこへ行くかはまだ決まっていません。
またどこかで会えるといいなと思います。 



南区ふるさとふれあいフェアー

埼玉建築士会南支部では毎年『南区ふるさとふれあいフェアー』で
ストローとクリップを使って立体を造るという体験イベントを行っています。
最小の立体は三角錐で、それをいくつも繋げて様々な立体を作って行きます。

   全体
   子供だけでなく大人も夢中になって形を作っています。
 
   子供
   星
   三角形ができると形が安定します。
   
   飛行機
   三角錐をたくさん組み合わせてこんな物もできます。


四角形は形が不安定で回りから力が加わると簡単に形が変わってしまいます。
三角形は形が安定していて、強い力があちこちから加わっても形が変わりません。
そんなことを子供たちは実感できたと思います。

『南区ふるさとふれあいフェアー』では熱気球もあがります。
人気が高いので早くから並ぶ必要があるようです。

   気球
   
   気球



ポニーに乗れたり、段ボールの迷路やミニSLもあっていつも大盛況です(kei)