プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
耐震
また大きな地震が来てしまいました。被害もかなり大きいようです。
「古い木造に被害が集中」という新聞の見出しが目に飛び込んできて、なんとも言えぬ悲しみと悔しさが込み上げてきます。

昔の日本建築は「夏を旨とし・・」開放的で風通し良くつくられています。壁が少なく、障子を開け放つと庭と一体になり、気持ちの良い空間が広がり、屋根には重い瓦が乗って断熱材となります。それが命取りになってしまうのですね。本当に残念です。

それを防ぐために耐震診断があり、耐震補強があります。昭和55年以前の建物は、現在の基準より構造基準が低く、さらに老朽化しています。
木造の簡易診断というのは筋かいの位置がわかるような図面があればできます(無料)。危険度の目安になります。
その他に一般診断と精密診断があります。一般診断は実際に建物を見て、構造壁や老朽化の程度を確認して判断します(有料)。
精密診断は壁や天井の一部をはがして柱や梁の状況を見るので有料になります。危険度の判断の精度が高くなります。ただ、部分的に建物を壊す事になるので、耐震補強をすると決めた時や、リフォームする時一緒に診断をして補強もするというのが一般的です。
鉄筋コンクリートの住宅やマンションは、構造の専門家が診断します。

何十年に一度、と思っていた地震がこれだけ続けば、やはり耐震補強をして安全を確保しておく事が必要ではないでしょうか? まず‘自助’です。そして命があってこその‘共助’であり、補助なのです。(Kei)



ヒアシンスハウス
 もうご存知の方も多いと思いますが、別所沼公園の中にヒアシンスハウスという5坪ほどの小屋があります。今日はそこでハウスガイドとして一日を過ごしました。
詩人で建築家の立原道造が若き日、週末住居として設計したものです。残念ながらその夢の実現を見ずに、24歳という若さで亡くなりました。昭和14年の事です。それが3年前、「詩人の夢の継承」として実現しました。

 ここにいると本当に落ち着いてゆったりとした気分になれます。訪れる人のほとんどが、こんな部屋が欲しいねと言いますし、中には、男の理想だねと言う人もいました。外から見ると小さい家だと思っていたのに中に入ってみると意外に広いんですね、と言う人もいますが、この狭さがきっと人の寸法にちょうどいいんですね。ベッドと机と、数人が座って語り合える大きさのテーブルが一つ。それらがなんとも言えないちょうどよい間合いでつながっているのです。百聞は一見に如かず、ぜひ一度見に来てください。ここで30分でも一時間でも、ゆっくり座って外を眺めているだけで疲れがスーッと消えていきます。

住まいというのはこんな風に、住む人を包み込んでくれるものでなければいけないと思っています。(kei)
住まいの設備
ケイコさんブログの立ち上げありがとうございます。
まずは身近な話題から..。

我が家で都市ガス切り替え計画が持ち上がっています。
台所のコンロはプロパンガス、風呂など給湯は灯油の給湯器24号で
2世帯すべて賄ってます。
給湯器は気に入っており10年たちましたが修理しながら
あと5年は使いたいとと思っていましたが..。

10年前は都市ガスが家から50メ-トル先のところまでしか
来ておらず引き込みにン百万、プロパンガスは高いし..で
ガスコンロだけプロパンで、当時安かった灯油の給湯器にした
わけなのですが..。
その灯油がここ数年高騰でアッという間に値段が倍になってしまい
冬が来たらどうなるのかという状況です。
よく見ると給湯器も古くなってきましたが90リットルの灯油タンク
もサビがでてきたし...。このタンクとプロパンのガスボンベが
がなくなるとすっきりするし...とか、灯油の配達を頼むのも
面倒だし(特に夏は..)とかいろいろ考えた末、まずは
都市ガス切り替た場合の見積もりをとって検討しようと
言うことになり、見積もり進行中です。(ナ)


長屋門
 私の住む浦和には、写真のような立派な長屋門がいくつも残っています。
長屋門は、元々は武士の家臣の住居としての長屋が門と結合したもので、その形式や規模で格付けがされていました。民家や農家では名主や庄屋など村役人だけに長屋門が許され、権力の象徴ともいえる建物でした。そんな要素もあって、明治以降になると富裕な人々によって新築されるようになりました。そのため構造や仕上げも極めて質が高く貴重なものです。
 こんな長屋門が保存されていくためには使われる事が一番だと思うのです。これらを上手に改修して事務所にしたり、みんなのたまり場にできたらすてきだなと思うのです。(K)

長屋門