プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
長屋門
身近にあって親しんできた風景がまた一つなくなってしまいます。
長屋門…両サイドに部屋を持つ立派な門は、もうずいぶん前から門としての役割は終わっていたようです。
でもその存在感はたいしたもので、ずっしりと、静かに立っていました。
漆喰の白壁はグレーになっていたけれど堂々とした風格は遠目にも落ち着きと親しみを感じさせてくれました。

長屋門001ブログ


このままずっと残っていてほしい建物でしたがとても残念です。
保存したいと思っても難しい問題が多々あって、なかなか保存できないのが現状です。
それは分かっているのですが、なんとかならなかったんだろうかと色々思い巡らしてしまいます。
持ち主にとっても思い出深い建物だったでしょうが、諸々の事情で壊さざるをえなかったのでしょうね。

長屋門11ブログ


長屋門 007ブログ

瓦のように見せた鉄板の屋根の下はわらぶきでした。
大量のわらが大きなコンテナ1台ではとても入りきらないようです。

広い敷地には物販店が1棟建つ旨のお知らせが出ていました。
壊されてからしばらくすると、ここに何があったんだっけと思うことがよくありますが、ここもそんな風に忘れられてしまうのかと思うとさみしい限りです。
勉強会
 住まいの勉強会

 木々が芽吹き、輝くようでとても気持ちのよい季節になりました。スギ花粉が納まってマスクをしている人も随分減ったようですね。

 花粉は時期が来れば収まりますが、家の中の化学物質は簡単には消えてくれません。
標準的な1件の住宅だと、ドラム缶1本分の接着剤が使われているそうです。集成材や合板、ビニールクロスなどが主なものです。
現在はそれらの接着剤に規制があって、ホルムアルデヒドを多く発散させるようなものは使えなくなりましたが、家具にはその規制がありません。その辺りのことを皆さんとご一緒に考えてみたいと思います。

勉強会の第一回を大宮区上小町で始めることになりました。偶数月は今までどうり北浦和のくらぶルーム暖で相談会を、奇数月は上小町で相談会のテ-マについての勉強会をします。
  
相談もお受けしますのでクラブルーム暖ともどもよろしくおねがいいたします。
ご来場をお待ちしております。

  第1回 住まいの勉強会 (無料)

      日時:H 20 年 5月 17日(土)
          10:30 〜 12:00
     場所:さいたま市大宮区上小町1117大宮松栄マンション506

         (大宮駅より徒歩13分)

相談会場-上小町