プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
古民家
小春日和の中、仕事のついでに富士見市の難波田城公園まで足を延ばしました。
東武東上線鶴瀬駅から市内循環バスで15分ほど。ここは難波田氏の城館跡で県の旧跡です。
この中にいくつかの古民家が移築、復元されています。
旧大澤家

これは旧大澤家住宅です。富士見市東大久保村にあった民家で江戸時代に大久保村の名主をつとめていた大澤家の母屋として明治4年に建築されました。

大澤家玄関
‘式台’と呼ばれる立派な玄関は、江戸時代には幕府の役人を迎えるための専用の出入り口で、普段は閉じられ、当主といえども使うことは許されなかったそうです。明治になってから新築されたこの玄関はどのように使われたのでしょうか?幕府もなくなって皆平等ということになったわけですから、今度は自分たちが堂々と使おうと造られたのか、それともまだまだ時代の変化を読み切れず、江戸時代と同じ形を選んだのか、建てた人に聞いてみたいですね。
大澤家付書院
違い棚や付書院を備えた奥座敷です。付書院の透かしや障子の桟がきれいです。
富士見市教育委員会の‘古民家復元工事報告書’には「役宅としての機能を満たす、名主階級に特有のもの」と記述されています。

旧鈴木家長屋門です。
鈴木家長屋門表

鈴木家長屋門

江戸時代に名主をつとめていた鈴木家の表門で、ずいぶん大きくて立派な長屋門です。
長屋門は江戸時代には家の格式を示すものとして武士、名主、寺院などに建築が許されていました。
鈴木家長屋門裏

母屋側から見た長屋門です。詳しい建築年代は不明ですが明治中期以降に建てられたと推定されています。門の右側には畳の部屋もあり、庭側に下屋(庇)がついて屋外の作業がやりやすくなっています。これだけ大きく立派な長屋門は少ないだろうと思われます。

小さな難波田城公園ですがこの他にも民家が移築、復元されていて公園も管理が行き届いていました。保存には難しい問題がたくさんありますが、移築、復元も一つの方法です。周辺の環境とは切り離されてしまい、雰囲気も少し違ったものになっているかもしれませんが、当時の建築技術や生活様式を知る手がかりはあります。
仕事の忙しさを忘れてしばしほっとする一時を過ごすことができました。(kei)


「We and ゆあ 」共同住宅相談室(大宮ブロックまつり)
大宮ブロックまつりに企業組合ゆあさんと共同で
「We&ゆあ 住宅相談室」を出店しました。

紙のスジカイ模型を手に持って揺すっていただきスジカイのある時、
ないときまた屋根が重くなったときでの揺れ方のちがいを体験していただいたりしました。

お子さんには紙のスジカイ模型を作っていただきましたがとても人気で
日頃の工作の力を発揮してしていました。


大宮ブロックまつり住宅相談コ-ナ-

展示物

また種類の違う手すりや床材にもさわって比べていただき材質の違いによって
冷たさや手触りが大きく違うことを感じていただいたりしました。

具体的な部分リフォ-ムの相談などもいただきましたがゆあさんのお得意分野でしたので
すぐに詳しい説明までしていただくことができ本当に心強いかぎりでした。
協力することで持っている力が何倍にもなり、活動の可能性もとても大きくなると感じました。

展示物2

コンポスト実演

また、ゆあさんによるダンボ-ル箱で作るコンポストの実演もありました。
ダンボ-ルで簡単に生ゴミ処理のコンポストができるのにはびっくりです。
機会がありましたら多くの方に説明を聞いていただき、ゴミの減量と
それを堆肥として活用..、是非実践していただきたいと思いました。

My箸とMy皿持参でいろんなコ-ナ-をまわりおいしい食材の試食や
バタ-づくり体験などもでき楽しい1日でした。
家族で参加された方が多かったようです。
紙芝居や遊びコ-ナ-、太極拳などもあり、小さなお子さんがいても
家族で楽しく過ごせたのではないかと思います。
大盛況でした。(ナ)

災害に強いまちを目指して
冬の交流会…於市民活動サポートセンター…に参加して

12月6日、7日、浦和コムナーレの9階にある市民活動サポートセンターのイベント、「災害に強いまちを目指して」…防災から減災へ…に参加しました。
私たちの担当は‘老朽家屋密集地の倒壊や延焼を防ぐために’でした。

『さいたま市南部を震源とするマグニチュード6.9の地震が発生し、浦和区市街地でも大きな揺れが続き、多くの建物が全半壊している模様』という想定でワークショップを行いました。
・まず浦和区の白地図に鉄道や幹線道路、川、水路、公園公共施設や避難所等を書き込み町の構造や施設、資源を理解していきます。

ワークショップ

・そして、どこで何が起るかを想像し倒壊状況などを予測します。
・道路が寸断されたら…、火災が発生して延焼してきている…、どこへ、どのように避難したらよいか…それらを考え、思いついたことを付箋に書き込んで地図に貼っていきます。
・まず自分の家から出火させないために何ができるか
・お隣のおばあちゃんは昼間は1人だった、あそこの家には目の不自由な人がいる…そういう人達を助けるために何ができるか、

それらを色々考えていくわけですが、最後にたどり着くところは「やはり人ね。人とその心ね。」ということでした。そのためには近隣を知ること、コミュニケーションをとること…ですね。
7日に行われたシンポジウムでも結論はやはり同じでした。災害直後は行政を当てにできません。人と人の心が色々なことを解決します。

相談コーナーでは木造住宅の耐震のために筋交いがどんな役目をするか、‘紙ぶるる’と名付けられた簡単な紙の模型で筋交いの力を体感しました。

筋交いの力

筋交いの力

筋交いを入れた場合と入れない場合と、こんな簡単な模型でも揺らしてみると違いがよく分かります。屋根の部分にクリップをつけて重い屋根と軽い屋根を比べることもできます。

地震の最初の揺れで家がペシャンとつぶれてしまっては逃げ出すことができません。傾いてもいいからとにかく潰れないこと。潰れなければ外に逃げ出すことができ、助けを求めることができます。どんなに立派な避難所でも、そこに行き着けなくては意味がありません。

昭和56年に建築物の耐震基準が強化されました。それ以前に建築された住宅は是非耐震診断をしてご自宅の耐震の状況をご確認ください。(kei)


住宅相談会
住宅相談会のお知らせです。
住宅相談会