プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
木のポスト(ペンキ塗り)
家のポストを自分で又は家族(子供達)と一緒に作りたい、一緒にペンキを塗って...と
一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

木のポスト(塗装前)

このポストもそんな思いから、息子が小学生の頃、作りました。
たまたま安売りをしていた板を一枚買ってきて、
それを無駄なく利用して作ったのですが、ちょうど良い大きさでした。
息子の彫刻刀で名前を彫りました。
実際には息子はあまり興味を持たず手伝ってもらえなかったのは残念でした。
でも、木で何かを作るというのはとても楽しいことです。

ポスト(塗装中)

1年に一度くらい塗り直してきました。
屋根(フタ)部分はペンキ、その他は浸透する保護塗料を塗ってあります。
10年近くたつと、さすがに汚れも目立ってきました。
今回はやすりをかけ、表面を少し削り落としてから塗りました。
浸透保護塗料は今まで、ほとんど色のないものを塗っていましたが、
今回は汚れを目立たなくするために少し色のついたものを使いました。
ちょっと色がつきすぎ木の良さが消えてしまったかしら、
透明のほうが良かったかしら?...。
じゃあ次回は...と策を考えるのも楽しいものです。
名前も消えてきたので後で修理して色を付け直したいと思います。

ポスト(塗装後)


木のポストは家族で修理を楽しむのにちょうど良い大きさです。
思い出も積み重なって愛着もわいてきます。
木でできているものは古くなるのも楽しみの一つです。
しかしここのところ塗り替えの間隔が少し長くなり、
だんだん一人で塗ることも多くなってきました。

何年もつのかしら?手入れ次第ですね、きっと。(ナ)

千葉県佐原の見学会
千葉県佐原の見学会に行ってきました。

あいにくの雨模様でしたが、古い街並みがしっとりと雨に濡れた景色はとってもすてきでした。
RIMG0060.jpg
じゃあじゃあ橋2

湖沼の多い佐原地方は、江戸時代に利根川の河川整備が始まった頃から大々的な干拓事業が行われ、一大穀倉地帯へと変貌していきました。
周辺の広大な耕地から収穫された様々な農産物やその加工品が、一大消費地江戸に運ばれ、帰途の船には仕入れた呉服、塩、砂糖、陶器や日用品が積まれ、佐原に流通して下利根第一の繁栄の地となりました。
佐原の街並みは川越とよく似ています。小江戸と呼ばれていることも同じです。どちらも江戸との交流で時代の最新文化が常に流行していて、「江戸を知りたければ佐原に行けば良い」とまで言われていたようです。
天上 いかだ焼きJPG

この佐原に伊能忠敬の旧宅や記念館があります。周辺の街並みには江戸時代の店構えを残す建築物もあり、関東で初めて国の「重要伝統的建造物保存地区」に選定されました。
街並みブログ

保存地区の中で新しい建物を建てる場合は、道路に面した窓には全て格子を付けなければいけないそうです。

観福寺9
これは観福寺です。
国指定の重要文化財で日本三大厄除大師の一つで伊能家のお墓があります。忠敬本人は遺言により、浅草の源空寺に恩師高橋至時とともに埋葬されており、ここには忠敬の毛髪と爪だけが埋葬されているということです。勾配の急な瓦屋根はとっても大きく、それでいて威圧感はなく、うっとりといつまでもながめていました。

伝統建築物の保存というと何故か陳腐なものができあがってしまうことが多いのですが、この町は全く嫌味がなく、古き良き時代を偲ばせてくれました。

どこもかしこも素晴らしいところでした。潮来に隣接した水郷の町ですから、今度はアヤメの時期に川から街並みを眺めてみたいと思います。(kei)

住宅相談室のお知らせ
   住宅相談室(無料)のお知らせです。

急に暖かくなって桜の花も一気に満開になりました。入社式や大学の入学式が始まり、まもなくかわいらしい小学生のピカピカのランドセル姿も見られることでしょう。
私たちの相談室も3年目に入り、安心・安全な住まいづくりをしっかり考えていきたいと思っています。どうぞお気軽にご利用下さい。

      第10回住宅相談室(無料)

       日時:H21年4月9日(木)
           10:00~12:30
       場所:くらぶルーム暖 1階和室



■4月からバリアフリー法が少し変わります。お年寄りや障害のある方が少しでも街に出かけやすくなるといいと思います。

■さいたま市では、昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅について、耐震診断の費用が無料になりました。(いくつか条件があります)
申し込みの期間は平成21年4月20日~12月31日までです。これを機会にご自宅の耐震性について考えてみませんか?


                                                                 連絡先  三浦けい子 048-885-7853
                          渡辺 南美 048-661-0200

予約は不要です。
リフォームのアイデアだけ欲しいという方も歓迎です。