プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
建物見学
 娘に付きあって代官山の街を歩いてきました。建物もファッションもおしゃれな街で、ぶらぶら歩きにはまあまあ良かったのですが、ちょっと私たちには縁の無いファッションとお値段でした。
そろそろ帰ろうかと思った頃、建物の間からとってもすてきな屋根が見えました。

旧朝倉家住宅45
これはなんだろうとぐるっと廻ってみたら重要文化財の‘旧朝倉家住宅’でした。

旧朝倉家住宅4

旧朝倉家住宅37

 坂の多い代官山(渋谷区猿楽町)の南西斜面を利用して大正8年に建てられ、関東大震災や太平洋戦争などでの消失を免れました。当主は政治家で、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎次郎氏です。戦後の困難期に売却され、何人かの手を経て昭和39年から現在の内閣府の前進である経済企画庁の渋谷会議所として近年まで使われていたそうです。

旧朝倉家住宅6

上の写真は廊下から見た付書院です。
部屋の中から見たのが下の写真です。
意匠を凝らした欄間や襖の絵はどれも見事なものでした。
旧朝倉家住宅12
色もとてもきれいで、重要文化財の指定を受けた時に補修をしたのかなと思いました。
旧朝倉家住宅28

大きな住宅で襖や障子の数もたくさんあります。障子の桟もいろいろだし、階段や2階の廊下の手すりなどどれもこれもすばらしいものでした。広い庭園は崖線という地形を取り入れた回遊式になっていて四季折々の草花が楽しめるようです。建物も庭園も広くてとてもご紹介しきれません。代官山の駅から歩いて5分ほどのところです。渋谷方面に行かれた時は是非立ち寄ってみて下さい。(kei)

大木のその後
切り倒された大木のその後

さて、切り倒した知人の家のケヤキはどうしたものか。
業者さんに任せ処分..という訳にはいきません。
その家の住人より長くその庭に立っていた大木ですから、何とかこの家に残しておきたい。
切り倒す前にその木の行く末を考えておけば良いのですが、
なかなかそうは行かないもののようです。

使うには自然乾燥で3年くらいかかるとのこと。
3年間庭で乾燥をさせ、その間に使い道をゆっくりかんがえて..といきたいところでしたが、
家を手直しする計画も有り、そのまま置いておくわけにもいきません。
結局、床板として家の手直しに利用することになりました。

ケヤキは乾燥機にかける場合も難しいそうです。
カットも2サイズくらい大きく切って乾燥させ、それから仕上げをするそうです。
製材から乾燥まで業者さんにお任せしました。


ケヤキ2


ちょうどトラックに乗せられて製材所に向かうのに立ち会いました。
上の方の幹別れ部分と曲がった所は製材機にかけられないそうで、
大きなチェ-ンソウで切り落とされました。
その部分も欲しいという人にもらわれて行くことになりました。
結構、木に興味を持っている人も多いですね。
もらい手がすぐに現れるというのもびっくりです。

けやき3


運ばれる木を見送りながら、何だかもらわれて行ってしまうような寂しい気持ちになりました。
何だか木って不思議な存在ですね。
でも、形は変わりますがまた帰ってくるのが楽しみでもあります。
3ヶ月くらいかけ床板になりまた戻ってくる予定です。(ナ)
住宅相談会のご案内
「住まいのミニ講座と住宅相談会」のお知らせです。

今回も生活クラブの大宮生活館をお借りして行います。
ミニ講座のテ-マは「一度は考える2世帯住宅」です。

2世帯同居を考えたことのある方、ない方、生活クラブの方、そうでない方
も気軽にお話しにおいでください。お待ちしています。

6月には「居心地のいい 住まいの講習会」もあります。

大宮生活館:北大宮駅すぐ(改札を出て右へ1分)

生活館5月チラシ