プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
碌山美術館
碌山美術館

長野県安曇野市穂高…… ‘あずみの’と聞くだけで何だかロマンチックな気分になりませんか?とってもきれいな名前だと思います。穂高とか八方とか、北アルプスの山々が広がる麓にあるこんなすてきな美術館、碌山美術館に行ってきました。
碌山館 RIMG0033碌山館
    RIMG0052側面2

日本のロダンといわれる荻原守衛(碌山)の個人美術館で、昭和33年に30万人の寄付と支援によって建てられました。荻原守衛と、設計者の今井兼次は敬虔なクリスチャンでしたが、そのせいか教会のような美術館です。

守衛は明治12年穂高町に生まれ、20歳の時画家を志して渡米、24歳で渡仏。その時ロダンの‘考える人’に出会って深く感動し彫刻の道へ進むことにしたのが25歳。そして30歳のとき‘女’を製作し、その後まもなく吐血して亡くなります。(心臓を患っていたようです)

その‘女’は第4回文展に出品され文部省に買い上げられます。今は重要文化財となって教科書にも載っていますので、ご存知の方も多いでしょう。
内部には一緒に勉強した高村光太郎の彫刻も展示されています。
入り口 RIMG0035 入り口


同じ敷地内に‘グズベリーハウス’と名付けられたショップがあります。
これは昭和42年、地元の学校の教師や生徒達のボランティア作業で建てられたもので、枕木を使った校倉造です。
グズベリーハウスRIMG0061グズベリーハウス
 
グズベリーとはスグリのことのようですが、この建物を建てていた頃満開だったから名付けられたということでした。手前のベンチは今井兼次のデザインですが、このベンチに座ると体が寝ているような状態になり自然に空を見上げてしまいます。とてもお天気の良い日だったので、青空と、緑と、建物と、全部うっとりと眺めて時間を忘れてしまいました。(kei)


見学会
建物の保存

大宮から高崎線で約一時間。本庄は中山道の中で最大の宿場町と言われていました。
その本庄で‘清酒力士’を販売して99年。「小森商店」さんが5月いっぱいで閉店することになり、昔のままの姿で使われ、残っている煉瓦蔵や土蔵などの見学会が開かれました。

   煉瓦蔵 RIMG0001_20090813013800.jpg
 イギリス積 RIMG0037イギリス積
煉瓦の積み方にはフランス積み、イギリス積み、アメリカ積み、オランダ積みなどいろいろありますが、煉瓦の側面と小口との組み合わせ方で名前が違います。この蔵はイギリス積で、壁厚は約30センチあります。

   小屋組 RIMG0008小屋
蔵は2階建てで、木造の小屋に瓦屋根が乗っています。
蒸し暑い日でしたが、中に入ると少しだけひんやりしました。

春に行った佐原も江戸とは利根川で結ばれていることで繁盛した街ですが、ここ本庄も利根川を使って江戸までの物資の流通が盛んに行われていました。荒川と利根川の豊富な水から生まれる伏流水を使って作られた上質なお酒は、一大消費地江戸に運ばれていたのです。本庄に限らず、埼玉は水がよいので酒造りは盛んだったそうです。それがビールやワインに押され、焼酎やウィスキーなど嗜好は拡大して日本酒の需要は極端に低くなってしまったようです。そのため、残念ながら小森商店さんは閉店することになってしまいました。

その跡地利用も課題の一つです。
本庄の商店は、中山道に面して間口が狭く奥行きが非常に長いのが特徴です。その特徴が今でも数多く残っています。「小森商店」もそういう敷地です。土蔵や煉瓦蔵を残してこの敷地をどう使うか、本庄の街をどう魅力的にしていくか、これから皆で考えていきます。

    グラスRIMG0045グラス

帰りがけにこんなかわいいグラスを頂きました。グラスには相撲の手が2種類ずつ描かれています。一箱24個を全部そろえると48手が揃うことになります。

この地が昔のにぎわいに少しでも近づけるような利用方法が考えられることを願っています。(kei)

住宅相談室のお知らせ
第12回 住宅相談室(無料)のお知らせ

今回は少し遅くなりましたが、定例の相談会のお知らせです。

気に入っていたわが家が、なんだか最近住みにくい…と思っていませんか?
   ● このあたりに手すりがあったらちょっとラクかも…
   ● この段差でつまづいたことなんか今までなかったのに…
   ● 子どもが独立したら大きな家はさみしくなった…
   ● 広すぎて掃除が大変になってきた…
   ● 古い家だけどずっとここに住み続けたい… などなど

そんなくらしの中のこまごましたことを話しにお出かけください。
何かよいアイデアが見つかるかもしれません。

           日 時:8月6日 (木) 
               10:00~12:30
           場 所:くらぶルーム暖

くらぶルーム暖案内図 
              さいたま市浦和区北浦和1-21-3
              京浜東北線 北浦和駅  徒歩7分


また、9月には北大宮の大宮生活館でも相談会を開きます。

           日 時:9月10日(木)
               10:00~12:00  
           場 所:大宮生活館

              東武野田線 北大宮駅から徒歩1分
今回はフリーマーケットと一緒です。
住まいのお役立情報を展示する予定です。

どちらも予約は要りません。  お気軽にお運び下さい。