プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
埼玉住まい・まちづくり交流展
交流展

24,25日、 ‘埼玉住まい・まちづくり交流展’がありました。
これは、主として埼玉県内で住まい・まちづくりに関わっているNPO、専門家集団、大学、高校、企業などが、日頃の取り組み情報を交換し、更に協働を進めていくことを目的として毎年10月に行われています。いままでは主にさいたま市で行われていましたが、今回初めて深谷の旧七つ梅酒造で行われました。
この‘七つ梅酒造’は江戸時代、近江商人の手で商売を拡大していき、昭和に入った頃には幾つもの店で、酒造りだけでなく、味噌・醤油・酢などもつくられていたようです。しかし、近年になって、日本酒の人気が低迷し、地方での酒造りが難しくなり、その影響を受けてこの「七つ梅」も店を閉め、近江に帰ってしまいました。
現在、当時のままの姿を残そうと建物の活用保存がなされています。
P1000428-a.jpg

P1000432-a.jpg

P1000433-a.jpg


さて、交流展ですが、薄暗い土蔵の中や事務所だった場所などを使ってシンポジウム、ポスターセッション、ワークショップなどが開かれました。
交流展
学生の作成したこの模型は、武蔵浦和に建設することを想定した複合施設の構想をまとめたものです。かっこいいですね。

P1000420-a.jpg
これは子供たちの書いた絵ですが、学校を囲む高い塀に架けられるようにステンレスメッシュに水性ペンキで描かれています。実際に芝浦工大のフェンスにかかっているそうです。地域と大学との交流を目的として学生達が考えたものです。

P1000426-a.jpg
これは、地域の生活はその地域の人達で支えていこうという活動をしている人達の活動報告です。普段の地道な活動を、こういう場で発表して少しでも活動の輪を広げていきたいという思いがあります。

10月とは思えないほど暖かい日から一転して雨まじりの肌寒い日でしたが、風格ある時代空間の中で、新しいアイデアや技術がよく映えていました。(kei)





おばあちゃんの古家改修と台風
おばあちゃんの古家改修(分離発注)と台風

 先日の大型台風が通過しましたが心配したほどの被害もなくほっとしました。
台風が近づくと家のことが気になるものです。
屋根は大丈夫か、ガラスがわれないか、庭の物が飛ばされないか..。

改修中のおばあちゃんの古家も屋根は終わっていたので良かったのですが
外壁が防水シ-トで覆われているだけですし、無防備な状況でした。
屋根の庇の出は1m近くあり、おまけに木でできた基礎と玉石と呼ばれる石の上に
柱が乗っているだけです。
古家 基礎

大型台風との予想でしたので大工さんが、「家が傘のように飛ばされなきゃいいが」と
半分冗談、半分本気..。
天気予報の進路予想を気にしながら前日台風対策に追われていました。
急いでスジカイを入れたり、仮留めの材料を打ち付けたり。
開いている部分には工事用シ-トを張り、木で押さえたり..。
また、物が飛ばされないように家族も周囲の片付けで大忙しでした。
翌朝も台風が来る前に..と朝早くから大工さん2人が現場に来て台風の
風の向きを見ながらさらに対策を行ってくれました。
近くを台風の中心が通過しましたが、被害もなくほっとしました。

古家シ-ト


今回の古家改修は予算がとても厳しく分離発注という形をとりました。
普通、家の新築やリフォ-ムは工務店や大工さんと、完成させて引き渡すという形で契約します。
ですから工事中は工務店さんや大工さんが責任を持つことになります。
そのため工務店さんなどは工事中も保険に入ったりいろいろ対策はとっているようです。
契約書の中には自然災害で被害があった場合などの約束事なども書かれています。

分離発注というのは工務店などを通さず、直接専門業者に工事を依頼します。
木工事、電気工事、水道工事、ガス、サッシュ、設備機器購入...など。
今回もそれぞれの業者さんを独自に探し、見積をとり工事を依頼しています。

工事費は低く抑えることができますが一つ一つの工事額は小さく、
また、地元の業者さんのため簡単な取り決めで工事をお願いしています。

台風で飛んできた物が当たってサッシュの硝子が割れたり、すでにできあがった部分が
壊れてしまったら誰が費用を負担する事になったのでしょうか..。
なんの取り決めもしていませんので、依頼主が負担する事になったのか
と考えるとドキッとしました。

今回、予算を押さえるために分離発注にしたわけですから、被害があってもその修理
にあてる費用はありませんので工事内容を変更しなくてはいけなくなったかもしれません。

実際、台風の中心に近かったにもかかわらず被害がなかったのは幸いでした。
自然災害や思わぬ事故などに備え対策を講じておく事、分離発注の場合は特に
大切だとあらためて感じました。
台風の接近で工事現場の管理や分離発注のリスクなどいろいろ考えさせられました。
まずは、工事が無事に終わることを願うばかりです。

古家屋根換気

大工さんの薦めで残した屋根の換気小屋もできあがりました。(ナ)






住宅相談室のお知らせ
第13回 住宅相談室 (無料) のお知らせ

秋本番、気持ちの良い季節になりました。
満月ではないけれど、昨日もとってもきれいな月がでていました。

くらぶルーム暖で隔月に開いている無料の住宅相談室も3年目となりました。
少しづつ名前も覚えていただいたようで、ご利用も増えてきています。
‘相談するところがある’という状況を作っておくことが大事だと思っておりますので、
どうぞお気軽にご利用下さい。

気に入っていたわが家が、なんだか最近住みにくい…と思っていませんか?
   ● このあたりに手すりがあったらちょっとラクかも…
   ● この段差でつまづいたことなんか今までなかったのに…
   ● 子どもが独立したら大きな家はさみしくなった…
   ● 広すぎて掃除が大変になってきた…
   ● 古い家だけどずっとここに住み続けたい… などなど

そんなくらしの中のこまごましたことを話しにお出かけください。
何かよいアイデアが見つかるかもしれません。

            日 時:10月8日 (木) 
               10:00~12:30
           場 所:くらぶルーム暖

くらぶルーム暖案内図 さいたま市浦和区北浦和1-21-3
                           京浜東北線 北浦和駅  徒歩7分
              
また、11月には北大宮の大宮生活館でも相談会を開きます。

             日 時:11月7日(土)
               10:00~12:00  
           場 所:大宮生活館

               東武野田線 北大宮駅から徒歩1分
今回は‘手仕事サロン’と一緒です。
住まいのお役立情報を展示する予定です。

どちらも予約は要りません。  お気軽にお運び下さい。