プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
建物と思い出(群馬の森、近代美術館)
建物と思い出(群馬の森、近代美術館)

先日、実家の近くにある「群馬の森」に行ってきました。
子供が小さい頃はよく遊びに連れて行きました。

群馬の森1

入り口をはいると大きな芝生の広場があり,そこで子供と走り回ったり,
たこあげなどしてよく遊びました。
その奥や周囲は自然の森がそのままのような雰囲気の公園です。


群馬の森2

近頃、森の中の小道を散歩すると、子供と来ていた頃とは違い、
木の1本1本が目に入り、のんびり自然を感じることができます。

歩いていると子供と遊んだ思い出などもよみがえってきますが、
遊び場の木の遊具も整備され、新しくなっていたり、あった物がなくなっていたり
だんだん変わってしまうのはちょっと寂しいものです。

でも、変わらないのは広場に面して建っている「近代美術館」と「歴史博物館」です。

群馬の森4

左が近代美術館 右が歴史博物館です。

造られた当時は「有名建築家の設計だとか、地元の...を使って造られているとか...」
と話題になりました。35年も前のことです。

「昔の歌を聞くと当時がよみがえってくる..」などと言いますが
建物や風景も同じですね。

近代美術館が建設中で完成間近という頃に建築の勉強で出会った友と行ったことがありました。
偶然、入り口の管理人室に顔見知りの女性がいたことで、公開前の近代美術館の中を
見せていただくことができました。
当時は建築の勉強を始めたばかりで「有名な建築家の建物...」ということで興味津々
だったように覚えています。

群馬の森3

今は「有名建築家...」という言葉で表現することは地元ではありません。
群馬の森の美術館と博物館として身近な公園の風景になっています。
久しぶりに美術館と博物館に目を向けると、見学した当時のこと、
管理人室にいた知人のことなどがよみがえってきました。

子供たちと美術館や博物館の中に入ったのはほんの1,2回しかありません。
しかし何だかとてもよく知っている建物で思い出がいっぱい詰まっているような気がしています。
公園は整備され、風景は少しずつ変わっていますが、
変わらずに建物がそこにあることでホッとできるようなきがします。(ナ)




空間ワークショップ
空間ワークショップ 「家をつくろう!」

急に暖かくなってやっと春らしくなってきました。
そんな一日、‘空間ワークショップ「家をつくろう!」’というイベントが和光市でありました。
‘空間ワークショップ’ってどんなものだと思いますか?
段ボールや材木の端材で‘私の部屋’や‘未来の家’などを子供たちと一緒に作ったことはありますが、
‘空間ワークショップ’というのは私も初めてでした。

長さ90㎝と180㎝の2種類の角材とジャンボ輪ゴムを使ってどんなものをどうやって作ったのでしょうか?

RIMG0010a.jpg
こんなふうに始まります。
どんな家をつくろうか? みんなが入れるおっきいうちがいいね。どうやってくっつける?
RIMG0038a.jpg
ジャンボ輪ゴムで2本の角材を組んだりつなげたりして、皆で相談しながら形を作っていきます。
輪ゴムをどうやって巻き付けたら丈夫になるか結構むずかしく、力も要ります。

RIMG0014a.jpg
立ち上がってきました。高いところは手の届かない子供もいるのですが、自然に役割分担ができていきます。
子供はもちろん、大人も夢中になって輪ゴムを巻き付け、倒れない工夫をいろいろ考えます。
作っているうちに新しいアイデアもわいてきます。

RIMG0022.jpg
あちこちでいろいろな家が出来上がってきました。

RIMG0026.jpg
旗を立てたり布やひもで装飾をつけました。余った角材でテーブルまで作ってしまいました。

RIMG0044a.jpg
家のタイトルを皆で考え入口に飾りました。これで完成!

この後皆で解体していきます。壊れないようにぐるぐる巻き付けた輪ゴムはかなりきつく絞まっていて、大人の力でもはずすのが大変なくらいでしたが子供たちも一生懸命でした。

今回は少し風が強かったためにどの班も1階まででしたが、学校の体育館で作った人達の中には3階まで作った人もいるそうです。どうやって高くしたのでしょう。細い角材なのですが意外と重いのです。 次回は私も3階建てに挑戦してみたいと思います。(kei)


「住まいの勉強会と住宅相談室」のお知らせ
今回も生活クラブ大宮生活館をお借りして
「住まいの勉強会と住宅相談室」をおこないます。
「生活館たより」に案内をのせていただきました。

相談会お知らせ3月

模様替えや小さなリフォ-ム、具体的にどんなことがあるか
一緒に考えてみませんか。
また住まいの事で気になることがある方もお話しください。
生活クラブの方、そうでない方も気軽にお立ち寄りください。

生活クラブ大宮生活館:北大宮駅すぐ(改札を出て右へ1分です)



木製のベランダのすのこ
自宅のベランダのすのこが数年前から気になりだしました。

床のすのこ板はホ-ムセンタ-などでも売っている木製の屋外用の
床材です。床板を支える根太は家を作ったときとっておいた木材を使いました。
ベランダは手前が広く先の方は細くなっています。
細い部分はエアコンの室外機置き場です。
室外機も最初は1台でしたが子供の成長で1台増え今は2台置いてあります。
床のすのこは、はずして掃除ができるように分割して作りましたが
エアコンが2台になってからは、はずせなくなってしまいました。
結局、あまり手をかけずそのままにしていました。


ベランダすのこ1

庇がある部分とない部分ではこんなに汚れ方が違います。


1,2年前から床板にこけが生えたようになり、黒くなり始めました。
雨の日にブラシでこすって掃除をと思いつつ..そのままにしていました。

そのうち板がふわふわクッションのように感じるようになりました。
こけで覆われ、いつも水を含んだ状態になってしまったようです。
ベランダのすのこ2


これは大変..。雨の日にちょっとブラシでこすってみました。

ベランダのすのこ3

ちょっとこすっただけなのですが、こすったところは結構きれいになり
翌日、晴天になると、乾燥しふわふわ感もなくなりました。

やはり木はメンテが大切ですね。
ここのところ雨の日も多いのでもう一度室外機の下まで丁寧にブラシがけをして、
長持ちさせようと思ったのですがそうはいかないようです。

室外機の下や後ろ側は風通しが悪かったせいか板の汚れがひどいだけでなく
すでに下地の根太が腐って折れているのがすのこの隙間から見えました。
すぐに根太を取り替えたいところですがエアコンを移動しないとできません。


まめに床板をブラシでこすり乾燥させていれば根太ももっと長持ちしたと思います。
ブラシがけは簡単ですし、雨降りを利用すれば水道が近くになくても大丈夫です。

傷んでからの修理は大がかりになります。
もっと手入れをすれば良かったとちょっぴり後悔しています。

ただ、木の場合、壊れたところだけ取り替えることができるのが利点です。
エアコンもだいぶ古くなってきたので取り替える時に
すのこ板もはずして折れた根太だけ取り替えたいと思っています。

皆さんも木製のデッキや門扉、縁側など時々ブラシでこすってください。
汚れが落ちとてもきれいになり、長持ちします。
ちょうど良い雨降りを利用すればエコにもなりますよね。(ナ)