プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
小さなリフォ-ム(ちょっとした手摺)
小さなリフォ-ム-ちょっとした手摺

 敬老の日に離れて暮らす高齢の家族を訪問した方も多いと思います。
周囲には高齢でも元気で一人暮らしをしている方がたくさんいます。
住み慣れた自分の家でいつまでも現役で暮らし続けることが元気の秘訣
だとつくづく思います。
住み慣れているとは言え、古い家は段差が大きいものです。
バリアフリ-に..と大工事で住み慣れた環境を変えるのではなく
そのままの雰囲気で安全に暮らし続ける事ができるように
ちょっと工夫をしてあげることも大切です。

大きな段差にはやはり手摺があると便利です。
手摺1

ステンレスの受け材は洋服かけでしたが使わなくなったのではずし利用しています。
手摺棒は木製のものを購入しました。
木製だと取り付ける場所に合わせて簡単に切って長さを調節
できるので便利です。

もし玄関で下駄箱に手をかけているのを見かけたら..。
手摺2

その手が滑らないように下駄箱の上にちょっとした手摺を付けると
安心してクツを脱いだりはいたりできます。

手摺をあちこちに付けると「まだ、元気だし手摺なんて必要ない....」なんて
気を悪くされることもあります。

トイレにL字の手摺を付けてあげたいけれどおおげさかしら?..。
そんなときまず、ちょっとした握り手摺もお勧めです。
ポケットの鍵なども落とさないようにちょっと置いたりするにも便利です。
手摺というイメ-ジもあまりなくさりげなく手をかけると立ち上がりも楽です。

手摺3

ペ-パ-ホルダ-の上に付ければ場所も取りません。
手摺4


いろんな形の手摺がありますのでホ-ムセンタ-やメ-カ-のショ-ル-ムなどで
探して見るのも楽しいです。

高齢の家族の暮らしぶりに目を向けると工夫の必要なところに気が付くものです。
敬老の日などきっかけを見つけ、ちょっとした手摺のプレゼントなどもお勧めです。(ナ)
おばあちゃんの古家(古い障子)
おばあちゃんの古家(古い障子)

昔は目的、用途にあわせ多くの建具があり、
障子だけでもたくさんの種類が使われていたようです。

最近、身近で使われているのはシンプルな荒組障子がほとんどです。

おばあちゃんの古家も障子、格子戸、襖、板戸などの建具が使われ
障子も何種類かあります。

桟(組子)の荒いもの細かいもの、
ガラスが入っているもの、そのガラスも透明ガラスやスリガラスのものがあります。
障子5

障子1

また、同じデザインでも引き手が付いているもの、いないもの..、
足元に腰板があるもの、ないもの、腰板の高さも何種類もあります。
全体のサイズが同じでも桟(組子)に使われている木の太さが違います。
作られた時期なのか、使う場所なのか、木の種類や堅さによるのか..。

また、障子のサイズもいろんな太さの柱の間の寸法に合わせて作られおり
巾、それから高さも何種類かあります。

基本サイズがあるのですが障子本体がすり減っていたり、
敷居のほうがすり減っていてそれに合わせるため、木を打ち付けたり、
削ったり..、障子に襖紙が貼ってあったりいろいろでした。

今となっては元々どこに使われていたものかよくわかりませんが
工夫して長い間使われ続けてきたことがわかります。
ずいぶん傷んでいますが使えそうなものは壊れた障子から部材をはずしてきて修理しました。

障子8
この建具は同じサイズの木が売られていたのでたすかりました。
ガラスはかけてなかったのでアクリル板をいれました。

障子9
補修部分を同じ色に塗装するつもりです。

昔は年末になると障子の貼りかえをよくしたものでした。
私も子供の頃、母と一緒に貼りかえました。
障子を水で濡らし、紙が破れないように剥がすのが楽しかった思い出があります。

今は障子紙も大判になっていますし、のりも使い易くなっています。
のりの代わりに使う両面テ-プやアイロンで付く紙まで...、

障子紙は自分たちで貼るのが当たり前と思っていましたので
おばあちゃんの古家も当然その予定でした。

古い紙を剥がし、洗って新しい紙を貼る..
やり始めるとこれが思った以上に大変な作業です。

数枚は家族で貼りましたが、腰が痛くなってしまい
業者さんに貼ってもらう事にしました。

2階の窓の障子はひとつも残っていなかったので
新しく作ってもらいました。

障子2
新しく作ってもらった荒組障子です。

新しい障子の調整には職人さんが来るので、
一緒に古い障子の紙貼りと指定した場所に合わせ調整もお願いしました。

古い障子は修理してから紙貼りをお願いしたのですが
洗う過程で補修した部分が壊れてしまったものもありました。
古い障子は全体に弱くなっており、強く押すと菱形になり最後は組んである組子がはずれ
バラバラになってしまいます。釘や接着剤を使い補強しましたが
補修部分が多いものはなかなかうまくいきませんでした。
結局、壊れて戻ってきたものは補修をあきらめました。

仕上がって戻ってきたものをセットにし、
高さを調整してもらいそれぞれの場所に納めてもらいました。
高さは何とかなりましたが巾の調整はほとんどできないので
重なりが多くなってしまったりしていますがそれは仕方ありません。
障子6
外が見えたほうが良いので余っていたガラス入りの障子を入れてみましたがちょっと重なりすぎですね。

いろいろ考えて障子の位置を決めたはずでしたが使い始めるとなかなかしっくりいきません。
障子のデザインで外の光の入り具合がまったく違います。
ガラスが入っているかいないか、透明ガラスかスリガラスかでも違います。
トウメイですと外の様子が見えますが
夜は逆に外から中がよく見えます。
障子3


障子4

どの障子をどこに使ったら居心地が良いか、便利か..、部屋の使い方で全く違ってきます。
まだまだ障子の定位置は定まりそうにありません。
昔はどの障子がどこに..、どのように使われていたのか気になります。

障子はどこに移動しても調整すれば使えますし障子紙以外のものを貼ることもできます。
板を張れば板戸にもりますし。
また兆番を付けて開き戸にもできます。

障子10
ガラス部分も簡単にはずせるようにできています。

障子11
凹凸になっていてカチャッとはめたりはずしたりできます。
よくできていて驚きです。
障子は本当に興味深くおもしろいと感じています。

障子7
壊れかけていた大戸も補強し、プラスチックを貼ってみました。
補修部分を塗装するともう少し見栄えも良くなると思います。

障子で仕切られた部屋は、はずしてワンル-ムにするのも簡単です。
軽いので運ぶのも容易です。

もう一度障子を見直し、新しい自分流の使い方を見つけてみるのもお勧めです。

障子8

古い糸巻き機を障子の前に置いてみると何だか昔話の
絵本の一場面のようです。(ナ)


住宅無料相談会
住宅なんでも相談会(無料)のお知らせ

9月に入りましたがいっこうに暑さが納まる気配がありませんね。
まだしばらくは暑さが続きそうですが、どうぞ夏バテなどお気をつけ下さい。

9月1日は防災の日。そして9月はあちこちで防災のイベントが開かれます。
地震、火事、水害など忘れた頃にやってくるのが災害です。

住宅に火災報知器の設置も義務づけられましたが、
それによる悪質な詐欺も多発しているようです。

さまざまな災害から身を守るにはまず自助です。
その上で近隣の助けあい(共助)。そして自治体の応援を待つ(公助)です。
何をどうしたら良いか、ご一緒に考えてみませんか?


     日 時 : 平成22年 9月9日(木) 
          10:00~12:30

    場 所 : くらぶルーム暖 1階和室



まだまだ暑いとは思いますが、ぜひお出かけ下さい。