プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
遠山記念館
遠山記念館・遠山美術館

電車で行くにはちょっと不便なところに遠山美術館はあります。
最寄りのバス停から歩いて20分近くかかります。
外観RIMG0006外観
   RIMG0008玄関

18帖の居間に敷かれている畳です。
ずいぶんモダンな敷き方だと思ったら、
何年か前に現代美術家の個展があってその時の作品なのだそうです。
本当は個展が終わった時点で片づけなければいけないものなのだそうですが、
新しく畳を入れる費用もバカにならず、その方の好意によりそのまま敷いてあるということでした。
居間RIMG0016畳

天井がすばらしいのです。
部屋毎にデザインが違って、それらが全部本当に見事でした。
花道の真・行・草に例えると、格天井(ごうてんじょう)は真です。
本来民家の玄関に使われるものではないのですが、
来客には各界の大物が多いことから格天井にしたそうです。
格天井RIMG0012格天井

これは行でしょうか。
竹を網代に組んで竿縁の代わりにしています。
少しでも天井を高くしたいという思いがあったようです。

   RIMG0026天井2
   RIMG0037照明器具
   RIMG0058網代天井

照明器具もモダンなものばかりでした。
全部建設当初からあるものだそうです。

遠山記念館の邸宅は、川島町出身である日興證券の創立者
遠山元一が幼少時に没落した生家を再興し、
苦労した母の住まいとするために建てたものです。
3000坪の敷地を買い戻し、各地の銘木を集めて
長屋門、渡り廊下でつながる東棟・中棟・西棟から構成される伝統的日本建築を造りました。

財を成すとはこういうことかと、ただただ感心いたしました。
こんなすごい親孝行なんて、お母様はどんなにしあわせだったことでしょうか。
「こんな孝行息子がいたらいいね」という感想に対して、
「まず自分が孝行しなきゃダメでしょ」
「あっ、そうよね」と大笑いでした。

邸宅の隣には遠山美術館があります。
穂高にある碌山美術館の設計者とおなじ、今井健次氏の設計です。
遠山元一のコレクションを中心とした収蔵品の展示スペースとして、
1970年4月に建てられました。
全体の景観にあわせて土蔵風の外観になっています
美術館RIMG0062美術館


すぐ裏には「平成の森公園」があります。日本一のバラのトンネル(330m)も
あるそうですから、暖かくなったら是非一度、行ってみて下さい。(kei)

火鉢って覚えてますか
火鉢ってなに?

火鉢という言葉を何十年も口にしたことはありませんでした。

子供の頃、冬は火鉢の火に手をかざし暖をとったり
お餅を焼いて食べたりしたことを覚えていますが
いつの間にか記憶から消えていました。

おばあちゃんの古家をかたづけた時、いくつもの火鉢が出てきました。
古いもの、そんなに古くないもの..。
全てが、火鉢と呼ぶのものなのかはわかりませんが..。

火鉢1

古い戸棚をどかすと台になっていたのは練炭を入れて使う火鉢?でした。
おばあちゃんが気づいた時には戸棚の台になっていて使ったことはないとのこと。
火鉢2

複雑な造りになっていて中心に練炭が入り
火鉢の下の方に風の取り込み口が付いています。
今で言う練炭コンロなのでしょうか。
いろいろ試しましたが練炭の火が消えてしまいます。
付属品の使い方が違うのでしょうか?

ただ、練炭は周囲に隙間があると火が付かないので
まわりに灰を詰めるのではないかとおばあちゃん。
後で、試してみたいと思います。
その他にも箱火鉢や鉄の火鉢、陶器の火鉢...など。

火鉢4

火鉢5

火鉢には付属品があります。
丸い木は火鉢の台で使わないときにふたとして使ったのではないかとおもいます。

割れていても破片まできちんと保存してあるものもありました。
昔の人は壊れても捨てず、修理して使っていたことがわかります。
火鉢3
蓋状のもの、破片を合わせると元の形になりました。

見つけたときから割れていたものもありますが。

片付けの時に割れてしまったものもありました。
大きな火鉢の上に一回り小さいものを重ねたところ
中に押されて入り、下の大きな火鉢が真二つに割れてしまいました。
長年保存されてきたものも扱い方が悪いとすぐに壊れてしまうのです。

火鉢6
奥にある紺のものは割れてしまい針金で留めてあります。

出てきた火鉢の使い方を調べ、修理し、なんとか使えるようにしたい
ものだと考えています。

やはり古家には火鉢が似合います。(ナ)







住宅なんでも相談室
 住宅なんでも相談室のお知らせ 

日差しが柔らかくなって春を感じる陽気になってきました。
新燃岳ではいつ終わるともしれない噴火が続き、
今日は雨が降って土砂災害の危険があるとか・・・
自然の猛威は生易しいものではないと実感させられます。

幸いにして災害の少ない埼玉県ですが、
生活の悩みや不安はつきません。

そんな中、いつもの住宅なんでも相談室がせまっています。
住まいに関するお悩みなら少しはお役に立てるかもしれません。
どうぞお気軽にお出かけ下さい。

 
    第20回 住宅なんでも相談室
         2月10日(木) 10:00~12:30
         くらぶルーム暖 一階和室

   

ネズミ対策
ネズミの出没にお困りではありませんか?

最近あちこちでネズミが出て困っているという話を聞きました。
天井裏で運動会をやっているうちはまだ我慢したとしても、
部屋の中に出てくるようになれば放っておくわけにもいきません。

お隣では、粘着式の捕獲用具に3日続けてかかったそうです。
都内の私の実家でも同じようにしてやっといなくなりました。

進入口や通路を見つけるのは至難の業です。
2~3㎝の穴があれば入れますし、壁を齧って通り道を作ります。
古い家だと床下換気口の格子も粗いのでそこから入り、
床下に入ってしまえば壁を伝って自由自在に行き来できます。

通路を見つければ捕獲用具でなんとか捕まえられるようなので、
根気よく通路を見つけ、ねずみ取りを仕掛けることが一番のようです。

先日、コウモリが小屋裏に出入りしていると言う話を聞きました。
リフォーム業者に頼んで小屋裏の穴を塞いでもらおうと思ったそうですが、
業者は、「それは難しいので超音波の出る器具を置きました」ということでした。
一週間でいなくなりますよと言う話しだったのに、
2週間経っても1ヶ月経ってもいなくなりませんでした。
結果的に失敗だったようです。

ネズミよけの超音波もよく聞きますが、あまり効果はないようです。
ただ、じゃがいもの上に超音波の器具を置いたら
じゃがいもは齧られなくなったと言う話を聞きました。

これなら完璧という方法はないようなので、
皆様、根気よく対応して下さい。

来週、住宅なんでも相談会があります。
お気軽になんでもお話して下さい。   お待ちしております。(kei)


   第20回 住宅なんでも相談室のお知らせ
    2月10日(木) 10:00~12:30
         くらぶルーム暖 一階和室