プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
大工の職分
大工の職分・・・西澤政男棟梁の話

先日、宮大工の棟梁 西澤政男氏の話をお聞きする機会がありました。
西澤棟梁は現在67歳。㈱西澤工務店の社長であり、
「文化財修理技術保存連盟」の理事長でもあります。
祖父の代から大工さんで3代目。工事現場を遊び場に育ったそうで、
幼稚園の頃には他の職人さんから豆大工さんと呼ばれてかわいがられたそうです。

お父さんの元で伝統的民家構法を習得し、その後滋賀県文化財保護課直庸大工に採用され、
宮大工としての修業が始まります。
関西を中心に重要文化財のお寺や塔の解体修理・修復などに従事され、
現代の名工にも選ばれて大活躍です。

宮大工の修業の頃に聞いた言葉で
「カカと普請は遠目に見よ」
「一に格好、二に材料、三に仕事」
というのがあり、その後の建築人生の大きな指標となったそうです。
格好にも材料にも仕事にも責任を持つということは技能だけを担当する大工に比べ
著しく大きな責任を持つということです。
そしてそれは大工の作品になります。

この中の‘材料’については予算があることですから建て主の責任です。
‘格好’そして‘仕事’これは大工の責任です。
良質な感性としっかりした技術を持った大工さんが造る品格のある建築。
すばらしいなと思います。

設計施工で大工を選ぶということは大きな賭けです。
後でしまったと思っても工事が始まってしまえば
容易に変更することはできません。
しかしながら知識、能力、美意識、技術などは千差万別ですから
才能を見極めることは難しいことです。
それでも建てぬしは自己責任において大工を選ばなければなりません。
「与えられた材料でどんな建築を作るか」は各人の技量次第。
その違いは顕著です。


長寿命建築を建てたいという西澤さん。
未来の人達をして修理延命に向かわせられる力のある形の創造を目指したいということでした。

西澤さんの、今後の活躍に多いに期待いたします。(kei)