プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
散策
神宮外苑散策

連休の一日、神宮外苑にある国立競技場や絵画館周辺を歩いてきました。

7月には国立競技場が解体されると聞き、
2020年のオリンピック・パラリンピックにむけてこの辺り一帯は大きく変わるだろうと思い、
今のうちにもう一度この風景を楽しみたいと思ったからです。
  絵画館絵画館

正式名称は聖徳記念絵画館といいます。
明治天皇・昭憲皇太后の御聖徳を永く後世に伝えるために造営されました。
大正8年に着工、大正15年竣工です。
関東大震災の時には、工事を一時中断して
敷地内に建築足場でバラックを建てて被災者6,400人を収容したそうです。

 銀杏並木銀杏並木
この銀杏並木はいつ見てもすばらしいですね。
みどりの濃くなった今も、秋の黄葉も。

もしかしたらこれらの景色が一変してしまうかもしれないのです。

絵画館前庭絵画館前庭
ここに競技場のサブトラックが造られるかもしれない…


国立競技場国立競技場
        国立競技場


この競技場が建て替えられることになっているのは皆さんご存知でしょう。

        国立競技場

「SAYONARA国立競技場」という見学会が催されていました。
メインスタンドはもちろん、選手更衣室や聖火台も間近で見ることができます。
長蛇の列で、私はちょっと行く時間が遅くて残念ながら間に合いませんでした。

新しい競技場はコンペで選ばれたのですが、巨大で、高額な工事費、
周囲の環境を壊す…等様々な理由で反対運動が起きています。
しかも、絵画館の前庭にサブトラックを造るという計画もあるそうです。
オリンピック終了時に解体されるのかどうかまだ明らかにされていません。
当初、3月末にできる予定だった基本設計が、4月末になっても出来ていません。
現在の競技場を改修することで充分使えるのではないかと言う意見もあります。

それなのに7月には解体工事を始めるのだそうです。

この景色が、この環境が無くなってしまうかもしれないなんて。(kei)