プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
住まいの相談会
相談会のお知らせ

寒い寒いと震えているのに、我が家の梅はこんなに開いています。
    梅
いつ倒れるかと思うほどの老木なのですが、今年も花を咲かせてくれました。
もう実はほとんどならないのですが・・・

昨年は大きな地震や災害、大火などでなんとなく不安な一年でした。
いつも非常時のことを予想して生活する必要があるのかもしれません。
安心安全な住まいとはどんなものか、
非常時にはどんな対応ができるのか、
いろいろな場面で真剣に住まいづくりを考えていきたいと思っています。

住宅なんでも相談室のお知らせです。
50回目となりました。
耐震やバリアフリー、リフォーム等のご相談もOKです。

皆様のご来室をお待ちしています。

  第50回  住宅 なんでも 相談室(無料)

   日 時 : 平成 29 年 2 月  9 日(木)
              10:00 〜 12:00
    
   場 所 : さいたま市市民活動サポートセンター 南ラウンジ 


              浦和駅東口 コムナーレ9階 (パルコの上です。)
             シースルーエレヴェーターを下りて右手奥のラウンジです。

予約不要ですのでお気軽にお出かけください。

   浦和近辺でしたらご自宅にお伺いすることもできます
   ブログのメールフォーム・電話・faxなどでお気軽にご連絡下さい。
        tel:048-885-7853 fax:048-885-7859

3月の大宮での相談会はお休みです。次回は浦和で、平成 29年 4月 の予定です。
詳しいことは、近くなりましたらブログやチラシでお知らせいたします。

エアコンの室外機置き場
エアコンの室外機置き場

夏は暑く冬は寒く、何とかしたいと思っていた部屋に

昨年行った外壁塗装に合わせエアコンを付けました。

今まで付けなかった理由はいくつもあるのですがそのひとつが

室外機の置き場のことでした。

角の部屋ですが敷地には余裕がありません。

お隣との間の狭いところに無理矢理置くか道路に面して置くかのどちらかです。

配管もあまり見せたくないので隣地側に置きたいのですが

狭さに加え音、お隣に風が吹き出ることなどいろいろ気になります。

長年、決まらずにいましたが、今回、外壁の塗装のこの機会に

エアコンを取り付けて部屋を使うことに決めました。

室外機は道路に面して置き、配管は外壁と同じ色に塗装してもらうことにしました。

以前囲いの付いたガスボンベ置場だったところが空いてますので

そのスペ-スが利用できます。


エアコン室外機1

道路に面している方がメンテナンスも簡単です。

ガスボンベの時の囲が残っていましたが造り直すことにしました。

古いの囲いの時柱を支えていた鉄製のくさびはまだ大丈夫そうなので

それに新しい柱を立てました。

ホ-ムセンタ-で風が通るガラリタイプの木製フェンスを購入し

取り付けました。

エアコン室外機2


建物裏側への入り口ドアも合わせて写真のように造ってみました。

塗装してもらう予定だった茶色の配管カバ-もそのままにすることにしました。

塗装の剥がれを心配する必要もありません。


細かいところは金物など工夫をしました。

メンテナンスの時は囲いの前面パネルを取り外して行えます。

建物の裏側には一番右側のパネルをドアのように開けて入っていくことができます。

低予算で簡単に思ったより良くできたと満足しています。

ただこのようなパネルは値段も手頃で軽くて扱いが簡単なのですが、

あまり丈夫ではないので長持ちさせるにはこまめにメンテナンスをすることが大切です。(ナ)

年始
     
      明けましておめでとうございます。
     
      酉

今年も穏やかなお天気で新しい年が始まりましたが
建築界は何かとかしましいようです。
噂に惑わされず、しっかり仕事をしていきたいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


昨年末、新潟県長岡市に行ってきました。

長岡といえば夏の花火を見に行った人も多いことでしょう。
今頃の長岡は寒いだけで何も見るところがないのでは・・・
と思いつつ、それでも行ってきました。

 蒼柴神社蒼柴神社

蒼柴(あおし)神社です。
雪に備えて拝殿の上部は透明のアクリル板で囲っています。
周囲の回廊は全て板囲いがしてありました。
    山門山門

    参道参道
 
雪の多い地域ですから雪囲いは当たり前なのですが、
石灯籠や狛犬にも簡単な雪囲いがしてあります。
なぜかと思ったら、鬱蒼とした林の中、雪の塊が落ちてくるのですね。
雪の塊が石灯籠に当たると石が欠けてしまうようで、
それを防いでいるのだそうです。

数日前に降った雪が少し残っている程度で、
これから本格的な雪のシーズンに入りますが、
あまり雪の降らない浦和に住んでいると、
雪深い地域の生活がなかなか想像できません。
それでも屋根には雪止めの金具がこれでもかというほど沢山ついているし、
1階の屋根から2階の屋根に上るための梯子が備え付けてあるのを見ると、
やはり雪国は大変だろうなと思います。

 
   信濃川信濃川

これだけ川幅が広くても、この時期の信濃川はそれほど水量が多くありません。
桜の時期には雪解け水で大河というほどになることでしょう。

その頃もう一度来たいなと思いました。(kei)