FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
雪止めの話
大きな雪止め

 以前、大雪対策で自宅の屋根の先端に大きな三角の雪止めを付けたことをお話しました。

雪が降ったら効果を確かめたいと思っていました。

先日の大雪でその効果は..?

雪止め2


雪の中、外に出てみましたが、屋根はすっぽり雪に覆われていたこともありますが

そうでなくても自宅の屋根の上はなかなかみることはできないので

はっきり様子はわかりませんでした。

しかし天気が回復し雪が溶け始めると...

ご近所の屋根をみると雪は少しずつ軒の先端に向かい溜まっていくのがわかります。

雪止め1


我が家も前回の大雪では軒の先端に雪が大きく盛り上がり、

お隣にスベリ落ちるのではないかとヒヤヒヤしました。

それで大きな雪止めを付けた訳ですが..。

今回、見上げると、先端の雪止め部分で雪が溶け、雪止めそのものが見えます。

雪止め3


屋根の中間にも、棒状の雪止めを付けたのですが、そこでも雪が止められたせいか

屋根全体の雪が解けるのも周囲の家よりも少し早かった様に感じました。

雪の積もり方もさまざまで、はっきりこれだけ効果があったと言葉にするのは難しいのですが

屋根の先端に雪が盛り上がることはなく、隣家に大きな固まりが落ちるという心配は

全くありませんでした。

多分、軒先の雪止め、棒状の雪止め、全部が少しずつ効果を

発揮してくれたのではないかと思います。

これからは大雪の回数も増えていくのではないかと心配されます。

家の建て替えやリフォ-ムで屋根の形状を変えるときなど

周囲に配慮した、雪の対策も大切になってくると思います。

雪止めが付いていない家の方はまずは雪止めを付け

雪に備えましょう。(ナ)