FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
ル・コルビジュエの「休暇小屋」
ル・コルビジュエの「休暇小屋」

フランス人の建築家、ル・コルビュジエ(日本では上野の国立西洋美術館の設計
で知られています)は南フランスのイタリア国境近く、地中海を眼下に望む急峻な
崖地沿いの保養地、リヴィエラに5坪ほどの小さな別荘を建てました。

「カップ・マルタン(カップ岬)の休暇小屋」として有名です。
       P1040365全景aa
       P1040358小屋正面a
       P1040348側面外観a
この写真はその小屋の原寸レプリカで、埼玉県行田市の「ものつくり大学」の広い構内の
一角に建てられたものです。
学生たちは事前に制作許可を得て渡仏。卒業制作として実測調査をしました。
建物全体はもちろん、壁材の割り付け、建具、建具金物、照明器具、
家具、ネジ一個に至るまで、丸ごと実測して帰り、この場所に再現しました。

    玄関 P1040361玄関a

玄関は幅70cmほどで、正面の壁に見える丸いものはコート掛けです。
正面や側面の絵はコルビジュエが描いたものの再現です。
コルビジュエは建築家以前に画家なのです。
この向こう側にトイレがあります。玄関とトイレを除くと8畳ほどの広さです。


     内部P1040337内部1a

     内部P1040347内部2
      
     天井P1040338天井1

     天井P1040340天井2

     家具P1040346家具a

ベッドと机、収納家具などで結構いっぱいです。
3方に窓がありますが、形も大きさも様々です。
カラフルに塗装してあるように見えますが、赤と緑、青と黄色、のような補色と黒のみです。
食事やシャワーは隣家のレストランを利用していたそうです。

       P1040342窓1
       P1040341窓扉つまみ2

    窓金物P1040357窓金具b
この窓の蝶番つまみ、ネジも学生の制作です。

ル・コルビジュエは打放しコンクリートの作品が多く、この小屋のような木造建築は稀です。
1951年暮れ、コルビジュエが64歳の時に妻の誕生祝いとして設計し、1952年に完成したと言われています。
眼下に望む地中海が大好きで、晩年はここで過ごすことも多かったようです。


見学終了後、大学構内を少し案内していただきました。

ものつくり大学は2001年に開校しました。
      P1040366構内1a
その時はこの辺りは何もなかったそうです。
      P1040368パーゴラa
この造園も、ベンチも、石積みの柱やパーゴラも、すべて学生の作品で、
毎年増えていくのだそうです。
      P1040373作品群2a

      P1040376作品群1a
この2階建ての家も卒業制作です。時代劇のセットのようですね。
住むこともできるそうですが、確認申請を取っていない仮設建物なので、
住んではいけないということでした。

      P1040378作品3a
      P1040379作品4a

毎年のように技能五輪で優勝する学生を輩出しています。
これからどれだけ作品が増えていくのでしょう (kei)