FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
換気
換気 

新型コロナウイルスの終息が見えない中、家にいる時間が長くなっていることから、
換気についてお話ししようと思います。

24時間換気システムという言葉ももうお馴染みになったと思われますが、
これは2003年に建築基準法が改正され、設置が義務付けられました。
リビングや寝室など、居室と呼ばれる部屋に小さな吸気口が付いていて、
そこから空気を取り込み、集約してトイレや浴室などの換気扇から排出されるというものです。

正しく使われていれば、約2時間で部屋全体の空気が入れ替わります。

このシステムが始まった頃は、1日じゅう換気扇が回っているなんてもったいない、
ということでスイッチを切ってしまう人が多くいました。
でも最近は住宅の高断熱高機密化が進み、窓を閉め切っていると空気がよどんでしまいます。

24時間換気システムとエアコンを稼働させることを前提に自然換気をプラスしましょう。

まず居室の吸気口が開いているのを確かめてください。
吸気口の前に物が置かれていないか、
冬に寒いからといって閉めてしまってそのままになっていないかなどです。
吸気口の位置や数、排気の換気扇の大きさは、部屋の広さ、体積を考慮して換気量を計算しています。

 高い電気代の代名詞になっていた「エアコン」も、近年省エネ化が進んでいます。
住宅の高断熱高機密化が進んだことで、冷房では28〜29℃、
暖房では20〜22℃くらいにすることで、快適性も維持できる節電運転になります。
(適正な設定温度の目安は機種によって多少異なりますので取扱説明書でご確認ください。)
今ではエアコンが節約家電の代名詞になりました。

ただし、エアコンは部屋の空気を回しているだけで換気はしません。

コロナ対策で1時間に10分程度の換気をしましょうと言われています。
換気はこまめにした方が有効なので、30分に5分程度のほうがいいようです。

窓はなるべく離れた2カ所を開けると有効です。
窓が一つだけの場合は窓に向けて扇風機を回すといいでしょう。

5〜10分程度の換気は、せっかく冷房をかけて涼しくした部屋がすぐ暑くなってしまう…
と思われるかもしれませんが、実際はそれほどでもありません。
エアコンの冷気によって壁や家具も冷やされており、
窓を閉めればすぐに元の涼しさに戻ります。

空気環境が関係する感染症では、換気は非常に重要です。
窓を開けて換気を意識的に行うことをお勧めします。

リビングなど長く人がいる場所はもちろん、夜間の寝室なども空気がよどみやすいので、
24時間換気システムを有効に使いましょう。(kei)