FC2ブログ
プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
最近の相談から
最近の相談から ・・・ 高圧洗浄

外壁の塗り替えをするために高圧洗浄をしたら壁から雨漏りがし、
木製の雨戸が壊れてしまった、という相談がありました。

築40年、木造2階建て、外壁の仕上げはリシン掻き落としです。
窓枠とリシン仕上げのわずかな隙間から水が染み込んでしまったようです。
軒天も木製の雨戸も、劣化した部分を破壊して内部に水が入ってしまいました。

高圧洗浄は外壁の洗浄にとても便利でよく使われるのですが、
築40年というのは経年劣化が進んでいますから、
水圧が高い分細心の注意が必要です。

リシン掻き落としは左官屋さんが行う外壁仕上げです。
骨材の入ったモルタルリシンをコテで塗り、
乾く前にけんざんやブラシなどで表面を削って落とします。
細かいでこぼこが陰影を作り表情のある上品な仕上げです。
高圧洗浄で表面のでこぼこが削られ、表情が乏しくなってしまいました。

手間がかかるために工事費が高くなり、
工事期間も長くなるために最近はあまり見なくなりました。
その結果職人さんも少なくなってしまったのは残念なことです。
こういう伝統的な仕上げは大事にしたいものです。


私の家も昨年の秋に外壁を塗りなおすために高圧洗浄をしました。
仕上げはアクリルリシン吹き付けです。
でこぼこも大きいですし、表面はアクリル塗料が塗られているので撥水性があり、
高圧洗浄にも十分耐えられます。
でも網戸を1枚壊してしまいました。
網戸の網はかなり緩んでいて危ないなとは思っていました。
その結果、やっぱり網が外れてしまいました。
これについては塗装屋さんが「こういうのが得意な人がいるんだよ」と言って会社に持ち帰り、
綺麗に直してきてくれました。

網戸の網は消耗品なので、比較的簡単に張り替えができるようになっています。


洗面所の給湯管を取り替えてから下水の臭いがするようになり、
排水管を高圧洗浄で掃除したら一時的に臭いがなくなった。
しかし2年ほど前から夏になるとまた臭うようになり困っている、
という相談もありました。

この相談者の場合、洗面所も台所もしっかり掃除し、
床下も確認したのに臭いが取れないということでした。
考えられるのは高圧洗浄で排水管を痛めてしまったのではないかということでした。
そうだとしてもどこが傷んでいるのかわからず、残念ながら今も解決していません。

排水管の高圧洗浄は菅を炒めることが多く、あまりお勧めできません。
排水管の亀裂や傷み具合などはスコープで確認できます。
     調査器具

     スコープb

     スコープA

家のメンテナンスは家を長持ちさせるためにとても重要です。
構造や仕上げ、いつごろどういう方法で修理をしたかなど、家の履歴書を作っておくことをお勧めします。(kei)