プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
おばあちゃんの古家改修と年末
おばあちゃんの古家改修と年末

今年もいよいよあと1日で終わりですね。
皆さん、どんな1年だったでしょうか。

おばあちゃんの古家改修もだいぶ進んできました。
電気工事、水道工事が終わり、昨日ガスも使えるようになりました。

古家改修 クリスマスリ-ス
電気工事の人が届けてくれた手作りの「パスタのクリスマスリ-ス」です。


障子、襖が入り、今日はタタミが入りました。
1階部分の古く埃の積もった障子と襖が32枚、2日できれいに貼りかえられ帰って来ました。
傷んで使えない物もたくさんあったので使える物だけ集めて張り替えをお願いしました。
昔はどこにあった物かわかりませんが職人さんが一枚一枚削ったり木をたしたりして
敷居と鴨居に合わせて取り付けてくれました。

障子

タタミも家が曲がったりしているので四角くの部分はありませんがぴったり納まりました。
1階のタタミは藁床にしてもらいました。


たたみ


みんな完成して..と言いたいところですが設備は完成しましたが
木工事(大工工事)はたくさん残っています。

今回、予算を押さえるために分離発注とし大工さんとは
11月末までに住めるように..、おばあちゃんの部屋と居間を重点的に完成させて欲しい
と依頼して契約しましたが、大工さんは期限が近づくと
「こういう家は予定通りにはいかないものだ、やる順番がある..。」と
遅れるのは当然という言い方で契約の事は全く気にしていない様子..。

追加でお手伝いを入れて住めるように..とお願いし11月にはたくさんのお手伝いが入りました。
しかしお手伝いをいれても新築の様にはいきません。
このまま延々と追加で工事を続けるわけにもいかず1週間だけ期限を延ばしましたが
大工工事はそれで終了してもらいました。

内装と一部外壁や建具工事はほとんど残りましたが、
後は家族の日曜大工で完成させるという大きな決断をしました。

工務店などに依頼し期限と費用をしっかり決めて契約すればこういう事は起こりません。
個人の大工さんだと契約や期限も気にしていない人もいるようです。
今回はその辺どんな考えの大工さんか把握できなかったこと、
申し入れをしてもなかなか聞いてくれなかったこと..はちょっと残念でした。
また、きちんとした行程表を作りそれにそって進めるようもっと強く
言わなかったのはちょっと悔いが残ります。
玄関

そんなことで12月はお休みごとに家族で工事をしています。
しかし家をつくるというのは本当楽しいものです。
自分たちで作る機会はめったにありません。
まだ3ヶ月くらいはかかるでしょうか..。
まだ3ヶ月楽しめる..といったところです。
この楽しみが来年に続く訳です。

皆さん、来年は楽しい1年にしましょう。(ナ)




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する