プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
木製の棚とタオル掛け
 木製の棚とタオル掛け (小さなリフォ-ム)

洗面台と洗濯機は脱衣場に置かれている家庭が多いのではないでしょうか。

最近は脱衣場の出入り口も浴室の入り口も引き戸が多くなり、
狭いスペ-スも広く便利に使えるようになりました。
しかし、洗面台と洗濯機の両側が引戸の場合、壁が少なくタオル掛けや
棚のつける場所がなく困る場合もあります。
洗濯機の前に小さな棚が有るとやはり便利です。

フレ-ムの棚を置いたり工夫している方も多いのではないかと思います。
今回、写真のように洗濯機置き場の前に小さな棚とタオル掛けをつけてみました。

タオル掛け


20㎝巾の棚板(集成材)と木製の受け材(20㎝用)をホ-ムセンタ-で買ってきました。
タオル掛けは他の場所に付いていたリング状の物を利用しました。
はずした場所にはバ-状のタオル掛けの方が便利なので付け替える事になり
はずしたので利用することにしました。

まず木製の棚受け材を壁の下地(間柱)があるところにビスで留めます。
それから棚板は長さを合わせてのこぎりで切ります。
角も丸く切り紙やすりで磨きました。
板の裏にタオルリングの留め部品を取り付けます。

そして棚板を受け材に乗せ下からビスで留めました。
最後にタオルリング本体を部品に付けてできあがりです。

木製棚

棚板に色をつけるのもいいですよね。
ちなみに今回の費用ですが..タオルリングとビスは家にあった物を利用。
木製棚受け材(今回は1本だけ使用)350円、棚板700円でした。

木は扱いやすく見た目も手触りも良いものです。
それに安い費用で自分でできるというのも楽しみの一つです。(ナ)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する