プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
小さなリフォ-ム-木製棚その2-
小さなリフォ-ム-木製棚その2-

トイレの小棚を紹介します。

トイレットペ-パ-の予備をホルダ-に下げておいてもやはり近くに保存場所が欲しいものです。
トイレ内に収納がない場合、突っ張り棒式の棚を付けたり、
置くタイプのペ-パ-ホルダ-を置いていることが多いのではないでしょうか。
置くタイプだとお掃除の時、ちょっとじゃまですよね。

今回小さな木製の棚を窓枠の上に付けてみました。
ホ-ムセンタ-で木製の棚受け材1本と棚板1枚購入してきました。

木製棚1
棚受け材です。

この受け材を壁にビスで取り付け棚板を差し込むだけですので簡単です。

今回、棚は1段だけですので受け材のくぼみを1コずつに切り離しました。
幅の広い棚板を支えるときは両側2コずつ付けますが
今回、棚板は14㎝と狭く窓枠の上にのるので両側1コずつにしました。

木製棚2


切り離した2コの受け材を両側の壁に同じ高さにビスで取り付けます。
(ビスの穴がくぼみにあいています)
そこに長さをあわせてカットした棚板を差し込んで完成です。

木製棚3


今回は18ミリの棚板が差し込める受け材にしました。
15ミリ用のものもあります。

棚板の巾が広いと手前に出てきてしまい背の高い人の頭にぶつかったりするので
注意が必要です。

費用は数百円ですが意外とよくできました。(ナ)






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する