プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
スカイツリ-見学
スカイツリ-見学

スカイツリ-をテレビでよく見るようになったのは
高さが東京タワ-を越えたあたりからでしょうか。

話題になるとやはり行ってみたいものです。
お盆休みに猛暑の中、思い立ち行ってみました。

業平橋駅の目の前と聞いてはいましたがどのように行ったらよいかよくわかりません。
浅草からも近いとのこと、行けば見えるのでは..と浅草の雷門に行ってみました。
久しぶりに行きましたが雷門前は観光客でいっぱい..、
そして人力車が多いのにはびっくりしました。

見渡してもスカイツリ-はみえません。
交差点を渡り雷門の反対側に行き、振り返ると「見えました、見えました。」

スカイツリ-1

タワ-に向かって歩いていくと
見覚えのあるアサヒビ-ルのモニュメント、その後ろにスカイツリ-、
なかなか見応えがあります。

スカイツリ-2

タワ-が左右非対称に見える場所やタワ-全体が写るカ-ブミラ-や
いろんな写真撮影のポイントなどがテレビなどで紹介されていましたが..。

スカイツリ-3

タワ-に向かって歩いて行くと本当に左右対称ではなく偏って見えました。
タワ-の足下は三角形で上に行くとまるくなっているので
三角形のどちらから見ているかで偏って見えたりする場所があるとのこと。

スカイツリ-の高さは634mだそうです。昔、武蔵の国だった事もあり
覚えやすいように「むさし・634」と高さを決めたそうです。

だんだん大きくみえるようになり足元に着くと本当に業平橋駅の前でした。
周囲には見学の人がたくさんいました。

スカイツリ-5

見に行った日の高さは408mとありました。
遠くから見るとしなやかに見えたタワ-も近くで見ると
大きくて鉄骨も太くがっちりしています。

道路のタワ-側に子供が立ち、それを反対側から撮影している人がいましたが
それではタワ-が大きすぎて足元の太い鉄骨しか写りません。

タワ-全体の写真を撮るには写す人が地面に寝転がるとよいそうです。
また、構えたカメラの上にみんなで顔を出すとタワ-全体と一緒の写真を
写すことができます。

P1050246.jpg

行った日は猛暑だったのですが寝転がって撮影している人を見かけました。
タワ-の解説をしてくれる人がいるときもあるそうです。

これからさらに200m以上高く伸びるというのは想像ができません。
どのように高く伸びていくのか、興味深く見たいと思います。

十分観光気分も味わえたので、人混みの浅草は素通りして、
のんびり帰ってきました。(ナ)





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する