プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
耐震診断と耐震補強
耐震診断と耐震補強をしましょう!

阪神淡路大震災から16年が経ちました。
未曾有の大災害で、あの日の朝はテレビ画面を
信じられない思いで見つめていたことを思い出します。

あの大きな被害を繰り返さないために
みなさん!耐震診断、耐震補強をしましょう

6400人余りの人が亡くなり、
そのうちの5,000人は木造住宅の下敷きになって亡くなっています。
住宅の倒壊は全、半壊あわせて25万棟にのぼります。
その惨状はまだまだ皆さんの記憶に
残っていることと思います。

阪神淡路大震災を教訓にして各種の実験が繰り返し行われ、
これだけの補強をすれば大丈夫という目安が出ています。

今は耐震診断、耐震補強をしましょうと、
国や地方自治体が声を大にしていますが、
なかなか進まないのが現状です。

助成金を出している自治体も多く、
さいたま市では,在来軸組構法の住宅については無料の耐震診断をしています。
2×4や伝統構法の住宅については助成金を出しています。

さらに耐震補強をする場合は最高80万円が助成されます。

それでも耐震診断、耐震補強をする人が少ないのは、
きっと他人事のように思っているからだと思います。
阪神淡路大震災クラスの大地震が、
今後30年の間に来る確率は70%と言われています。
もちろん来ないかもしれません。
でも、もしきたら・・・
あの災害を繰り返すことになるのです。

市役所に行って相談してみて下さい。
どうしたら耐震診断、耐震補強ができるのか、
どうしたら助成金を利用できるのか、
親切に教えてくれます。

みなさん! 耐震診断、耐震補強をしましょう!!(kei)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する