プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
地震と懐中電灯
東日本大地震で

被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

被害が少なかった私達、何か役に立てることはないか
との思いがわいてきます。
身近で、できることから実行したいものです。

まずは節電、計画停電への協力..。

計画停電時の我が家..
停電の時間帯がわかりにくいと言うことは
ありますが意外と混乱はありません。

ちょっと困ったことは..、

停電中は電話も宅急便もこなくて良かったと思っていたら
電話と一緒になっているインタ-ホンも通じていませんでした。
「ドアを開け声をかけてください」..と貼り紙..。
早速宅急便と来客がありました。
   

地震や停電時は電池のラジオが大活躍です。
   
お店では電池が売り切れとのこと。

我が家では充電電池と充電器が日頃から活躍しています。

充電器

左は単三電池用、右は単一から単4、四角い電池まで充電できる物です。
充電用の電池は値段が高いのですが今回のような計画停電の時は便利です。

我が家にもいろんな懐中電灯が用意してあります。

懐中電灯

携帯には小さい物が便利ですが
キャンプ用のランプはほんのり部屋を明るくすることができるので安心できます。

太いタイプの懐中電灯は明るくて良いのですがそのまま置いておく場合はまぶしいので
薄手の白い袋などで覆うとランプと同じように使えます。

懐中電灯2
懐中電灯2


被災され不便な思いをされている方を思い、この機会に日頃の暮らしを見直し
無駄をなくし、工夫をしましょう。

また、譲り合って、知恵を出し合って、支え合いましょう。

停電中は夜空の星がいつもよりきれいに見えます。(ナ)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する