プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
部屋の片付けと模様替え
震災で停滞していた新年度も少しずつ動き出したようですね。

新学期から1人暮らしを始めることになっていた息子が
連休中にやっと引っ越しました。
本や洋服その他必要な物を選び出し持っていきました。
親の方はなるべく買うものを少なくしたいと..、
押入の布団やいただき物のシーツやタオル..
などから使えそうな物を選び出し持たせました。

息子が去った後、家の中は広げた物で足の踏み場もありません。
持っていった分、少し減ったはずなのですが..。

物はいつの間にか増えてしまうものですね。
さて、片付けを兼ねた模様替えです。


先日、Nさんから模様替えのご相談をいただきお手伝いしました。
きっかけは娘さんの進学にあわせ、
ベットのある独立した部屋をつくりたいというものでした。
マンション住まいでどの部屋も大きなタンスや家具があり
広いスペ-スがありませんでした。
ご家族でリフォ-ムや机が下に置ける背の高いベットの利用や
大切なタンスの処分なども考えていたようでした。

部屋の寸法や家具のサイズを測り、きちんと図面上で検討し
プランを決め模様替えを行いました。
家具はひとつも処分せずにベットのある部屋をつくることができました。

大きな家具を移動すると部屋の雰囲気は変わります。

模様替えの良いところはほとんど費用がかからず、元に戻すこともできるところです。
ついでにすき間の掃除もできます。

しかし、大きな家具を移動させるときは注意が必要です。
家具の大きさ、高さ、移動の順番をきちんと考えておかないと
予定の所に入らなかったり、出入り口に引っ掛かったり、
次の物が動かせなくなったり..。

模様替えを日頃から行いたいと思っていても、家族の協力やきっかけがないと
なかなか実行できないものです。
リフォ-ムの時のようにご依頼いただければ図面を作成し、模様替えプランを
つくるお手伝いをすることもできます。
家族でプランを練るのは楽しいものです。
一緒に考えたプランなら協力してくれます。

今年の夏は電力不足も予想されます。
夏に向けた暑さ対策として部屋の風通しを良くすることも
考えてみましょう。

震災で気持ちが暗くなりがちですが、部屋の片付けと模様替えで
家の中の空気も気持ちもリフレッシュさせてみませんか。(ナ)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する