プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
動かない鳥 ハシビロコウ
動かない鳥  ハシビロコウ

先日 TVのある番組で上野動物園の
「人気者ではないけれどお勧め」の動物の紹介をしていました。

その中で、ほとんど動かない大きな鳥が紹介されていました。
その姿がとても魅力的で愛嬌があり、どうしても本物を見たくなり
久しぶりに上野動物園に行ってみました。
連休に加え敬老の日の前後は60歳以上無料と言うこともあったのか
入り口からとても混雑していました。

久しぶりに行くとやはりいつもの人気者を見たくなります。
しかし、パンダは長い行列、トラやゾウなどの人気者の前は人でうまっています。
すき間からのぞき見しながら鳥のコ-ナ-に行ってみました。
あちこちさがしましたがそれらしき鳥は見つかりません。

名前も何だったのか覚えていません。、

何とか見つけたいと思い、案内所に行き
「テレビで見たのですが、動かない鳥はどこでしょうか?」
と聞いてみました。
「それは多分、ハシビロコウですね、西園にいます。」とすぐに教えてくれました。

行ってみるといました、いました。
柵に囲まれた広いコ-ナ-の真中に置物のようにその鳥が立っていました。

ハシビロコウ1

本当にほとんど動きません。

鳥の正面には動くのを待っているのか、たくさんの人がいます。
しばらく見ていると、飼育係のおじさんが入ってきて鳥に近づき足元を片付けながら
くちばしと足を触りました。

ハシビロコウ4

その時、顔をぐっと下げましたが、結局動かしたのは顔だけでその場から一歩も動きませんでした。
周囲の木々や草は風に揺れていますがハシビロコウは置物のように動きません。

ハシビロコウ3

こちらもじっと待っていると、たまに顔の向きが少しかわります。
動かないものを見に行ってもつまらないと思いこんでいましたが
全くそんなことはありません。

混雑した動物園をハシビロコウをさがして歩き回りとても疲れたはずなのですが、
とても満足して帰ってきました。

何だか、気になってまた会いたくなるハシビロコウです。
また行って、今度は正面から会ってきたいと思います。(ナ)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する