プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
置くだけフェンス
置くだけフェンス

車2台分のスペ-スを造りましたが道路に面して広く開いています。
オ-プンなほうが車の出し入れがし易く便利なのですが
何となく気分的に不用心な気がします。
かといって引き戸やアコ-ディオン式の門扉を付けるのも気がすすみません。
そこで簡易な置くだけフェンスを造ってみました。

フェンス2

ホ-ムセンタ-で売られている既製の木製パネルに2X4材で足を造り付けました。
足の部分はパネルを差し込めるように木を2本T字のように裏から留めます。
その間にパネルを差し込み、はずれないようにネジで留めるだけでできあがりです。

たまたま残っていた塗料がパネルと同じ色だったので足の部分を塗ると
一体になりました。

足の部分の木を裏から留めるのは意外と難しいので
既製品のパネル立てを利用すればパネルをネジで留めるだけなので簡単です。

フェンス3

今回のパネルの巾は90㎝、車一台分ですと3枚、6枚でちょうど2台分です。
パネルを端に寄せて車を出し入れします。車を入れた後は閉めても開けたままでも...。
1枚だけ開けておけば人も自転車も通れます。
置いてあるだけなのですが何となく囲まれた感じで安心感が有ります。


フェンス1


今回は木製パネルが6枚、足用に2X4材、1.8mのものを
6本(パネル1枚に2本)を使い、
費用は全部で約1万円でした。

わりと軽いのでどこにでも移動できます。
車庫でなくても使い道は有りそうです。
パネルのデザインや形、サイズもいろいろあるので
場所に合わせて造り、置いてみるのもお勧めです。(ナ)





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する