プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
もっと昔のミシンと狸
もっと昔のミシンと狸との出会い
母のミシンが出てきた実家の物置から、さび付いたもっと昔のミシンがもう1台出てきました。

昔のミシン

残っていたミシンの部品

母が60年ほど前に嫁いで来たときにすでにあったそうです。
祖母が使っていたのか、お裁縫の先生だった叔母たちが使っていたのか
今ではわかりません。
調子が悪かったので新たに購入、やってきたのが前回直した母のミシンとのこと。
新しいミシンが来てからは、忘れられ、そのままずっと物置の奥にあったのです。
前回と同じミシン屋のおじいちゃんに修理を頼んでみました。
しかし、直りませんでした。
かわいいミシンなので上部だけ飾りとして保存したいとお願いしたところ、
ぴかぴかに磨かれもどってきました。

磨かれ戻ってきたミシン

ミシン屋のおじさんは直らなかったのを残念に思い、たまたま手元にあった
同じような古いミシンの上部を残った足踏み台に載せて「これで修理したことにしてね」
と使えるようにしてくれました。
昔のミシンには肩に照明を付けていたような金具が残っていたこともあり、
おじさんが「これは仕事に使っていたかもしれないよ」と使えるようになった
ミシンの肩にも当時と同じような照明を付けてくれました。
何だかこれも昔から我が家にあったミシンのように思えうれしくなりました。
直線縫いしかできませんが夫の母に使ってもらうことにしました。

使えるようになったミシン

しばらくして、また昔のミシンを運び出した物置の掃除にいくと、奥で物音。
母が猫か何かいるようだ..と、懐中電灯で照らしてみると、照らし出されたのは
子狸でした。母狸を待っているのか、そばに行っても全く逃げず..、カメラでパチリ。

ミシンと一緒にいた狸

そのまま静かに掃除を続けましたが、いつの間にか狸はいなくなっていました。
この物置を住処にしていたのかもしれません。
その後、何度も物置の掃除をしましたが狸の気配はありません。
しかし、たまに庭を通るのを見かけるとのこと。
人の出入りが多くなった物置から、安心して暮らせる住処に引っ越しを
したのかもしれません。人間と同じで安心して暮らせる住まいが大切です。
私が子供の頃に比べると本当に自然が少なくなってしまいましたが、
このまま私達と共存していってほしいと思っています。

古い物、誰がどのように使っていたかわかりませんが、
捨てずに手元に置いておけば遠い昔から今へとつながっているのだと感じました。
今年もあと少し、古い家と狸そして昔のミシン..そして私達も、
みんな来年へずっとつながっていくのですね。
では、また来年。(ナ)




この記事に対するコメント

たぬき!!! びっくりです。

ミシン素敵ですねえ。
【2007/12/30 09:44】 URL | ひさごん #H6hNXAII [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jyuusouwe.blog111.fc2.com/tb.php/21-aeffda10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)