プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
新しい洗面台の調整
Yさんは昨年夏にリフォ-ムで洗面台を新しい物に取り替えました。
レバ-も今までとは違いおしゃれです。

最近になって、給湯の調節がうまくいかないとの連絡をいただきました。
熱湯のところではお湯が出るのですがレバ-を動かすと
ボイラ-が消えてしまったりするのです。
台所でお湯を使う時には何の問題もありません。

どうも洗面台の給湯の時の水量が問題のようです。
止水栓で水量を調節してみましたが直りません。

施工した業者さんに点検調整を依頼しました。

洗面台の給湯の配管にフィルタ-が付いているのですが
そこにゴミかたまり水量が少なくなっていたのが原因とわかりました。
ゴミを取り除くと思い通りのお湯の温度にできるようになりました。

取り替えたのが夏だった事もあり、お湯を使う頻度が少なかったこと
また、新しいタイプのレバ-だったので使い方の問題ではないかと
思ったこともあり気づくのが遅くなったようです。

洗面台

冬になりお湯を使いはじめ温度調節がうまくいかないと不便です。

リフォ-ムの工事内容や設備機器には保証期間がありますので
故障かどうかわからないけれども何かおかしいと思った時には
なるべく早く施工した業者さんに見てもらい、使い方も確認することをおすすめします。

使い方の問題と勝手に思い込んだり、業者さんに連絡しにくいと感じ、そのままにしてしまい
何年も経ってから新たに修理屋さんを探して修理したという話も聞きました。

保証期間が過ぎていても施工業者さんに相談してみてください。

今回施工をして半年以上たって気づいたわけですが、すぐに対応してもらうことができました。

今回は工事に私たちがコンサルタントとして入らせていただいていましたので
すべてこちらで連絡を取らせていただきました。

リフォ-ムの時、コンサルタントの依頼をいただきますとコンサルタント代が
かかりますが終わった後も引き続きご相談をお受けし
フォロ-いたしますので安心していただけると思います。(ナ)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する