プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
住環境整備(スペ-ス確保)
住環境整備(スペ-スの確保)

高齢になっても住み慣れた家で家族と一緒に暮らし続けたいものです。

私たちの住まいは水まわりのスペ-スが狭いだけでなく、出入口のドア巾も狭く
介助が必要になっても介助しにくい、受けにくい場合が多く見受けられます。

浴室、洗面脱衣、トイレの壁を一部撤去し、スペ-スを広げたり
ドアの位置を変えてトイレまでの移動距離を短くしたり
することで暮らしやすくなる場合もあります。

おばあちゃんがお薬を飲むようになり、夜のトイレに行く回数が増したので、
もう少しスム-ズにトイレに行けるようしたいというご相談がありました。

寝室の隣に高齢者専用の洗面所とトイレがあるのですが

トイレに行くときは部屋の反対側のドアから出て洗面所を
通ってトイレに行きます。

洗面所も狭く、介助が必要になった場合も介助者が一緒に通るには窮屈です。

そこで洗面所と寝室の間の壁の撤去を検討しました。
その壁にはスジカイがなく撤去しても大丈夫だということがわかりました。

壁を撤去し引き違い戸を付けました。
それにあわせベットの置く位置も変えました。
引き戸を開けるとすぐにトイレのドアです。

間仕切り壁撤去
左側は壁を撤去し、引き違い戸にしました。

遠回りしてトイレ行っていましたが今度はすぐに行くことができるので安心です。
引き戸を閉めるとトイレのドアは見えません。

介助が必要になっても別室の家族にチャイムで知らせるようにしておけば
寝室に入らず洗面所側から声をかけて手助けすることができますので
同じ部屋で寝ているおじいちゃんの睡眠を妨げることもありません。

間仕切り壁を撤去する場合は取り外せる壁かどうか確認する必要があります。
取り外せない壁の場合もありますので注意が必要です。

また、家族と一緒に水まわりを使う場合は引き戸にしたことで音が聞こえやすくなったり
する事もありますので家族との話し合いも大切です。

小さなリフォ-ムや工夫で高齢になってもいつまでも元気で自立した生活が
できるようにまた、介助が必要になっても家族の負担が少なくてすむように
住環境の整備をして行くことをお勧めします。(ナ)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する