プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
在宅避難
「在宅避難」という言葉をご存知ですか?

さいたま市の木造住宅耐震助成制度も6年目に入りました。

古い家の耐震診断をしているといかにも危ないなと思う家があります。
昔ながらの家は南側の窓が大きく、耐力のある壁がほとんどありません。
また、北側はトイレや洗面所、浴室がならび、
それぞれに窓があるのでそこにも耐力壁がありません。
和室が多い家では襖で仕切られていることが多いので
内部にも耐力壁がありません。

風通しがよく、襖の開閉で部屋を使い分けることができるという
最大のメリットが、地震に対しては弱い家になってしまいます。

住み慣れた古い家の、既存の壁を補強したり新たに壁を造ったりして補強すると、
使い勝手は多少変わって不便に感じることがあるかもしれませんが、
何よりも安心感が増し、落ち着いて長く住み続けることができます。

耐震補強の補助金も当初は60万円でしたが今は120万円に増えています。
これによって耐震性の高い建物が増え、大地震でも自宅が持ちこたえ、
津波や水害、火災などの二次被害の危険性がない場合、自宅で「避難」してほしい、と
呼びかける自治体が増えています。

これを“在宅避難”と呼んでいます。
特に都市部では避難所の収容力に限界があり
在宅避難の備えが必要になってきています。

在宅避難にはいくつかのポイントがあります。
家具が倒れたり物が散乱しているかも知れません。
ライフラインが止まるかもしれません。
そんな環境で何日も過ごすことを考慮して
そのための環境づくりの工夫が必要になります。

落ち着ける空間づくりのためにはまず掃除でしょうか。
衛生への配慮は重要です。
家族だけで家にいると情報の不足が心配になります。
近くに避難所があれば情報の収集に行ってみましょう。
LINEの友達に助けられたという話もよく聞きます。
ネットにつながる手段があればかなり広範囲の情報が得られます。
食料や水については「家庭内流通備蓄」と言われる方法があります。

通常3日間の食料や水の備蓄を、といわれますが、
在宅避難では「1週間の備蓄」を考えてみましょう。
1週間分の備蓄は大変と思われるかもしれませんが、
冷蔵庫内の食料やパスタや麺類、缶詰め、レトルト食品などの買い置きで、
4〜5日分の食料はあるのではないでしょうか。
こうした食品や水を普段から多めに買っておき、それを普通に使い、
減ったら補充する、という方法で、1週間分の食料や水を備蓄します。
カセットコンロのボンベも備蓄しておけばお湯を沸かせるので
乾物のほとんどを食べることができます。

様子の分かっている自宅で「在宅避難」ができれば、
ずいぶんストレスが違うでしょう。

是非耐震補強をして在宅避難ができるような環境を作りましょう。(kei)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する