プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
雨樋の修理
雨樋の修理

この夏、雨樋に関する相談が3軒続きました。
大雨の度に軒先の雨樋からい雨水がバシャバシャとあふれ落ちて困るという相談でした。

あふれ出した所の下の土に大きなくぼみが何カ所もできているお宅もありました。

雨樋1

いずれも今年2月の大雪の時 雪の重みで軒の樋が外側に傾いたり、
曲がったりしてしまったのが直接の原因ですが長い間の傷みもあったようです。

2軒のお宅は雨樋の反りや曲がりを元のように戻せば問題ないとの考えでした。
では、誰にそれを依頼したらよいのか?
ホ-ムセンタ-、工務店、便利屋さん..?

雨の度にどうしようか、どこに頼んだら良いか..と思いながら、
夏になってしまったというのが共通のお返事でした。

修理に関してはどのお宅も費用をあまりかけずに行いたいとのこと。
自分でと考える方もいますが、
軒樋の修理は簡単そうに見えますが勾配をつけてタテ樋まで
雨が流れるように取り付けることは難しく、また高所での
作業ですので危険が伴います。

工事は専門の職人さんにお願いしました。

1軒目、軒樋の傾きを直しました。
     雪止めがなかったのでお勧めしましたが今回は見送りでした。

2軒目、銅板の軒樋の傾きや折れ曲がりを直し、樋を支えている金物を追加しました。

雨樋2

雨樋3

1,2軒目は足場をかけずハシゴをだけで傾きや曲がりを直しました。
2階の屋根の雨樋は1階の屋根の上から2階の屋根にハシゴをかけました。
ハシゴをおさえたり樋を支えたり3人の職人さんが連携しての作業でした。

3軒目、軒樋が破損したり孔があいている所もあり、修理だけでは
     対応できないので全部、新しい物に取り替えることになりました。
      2階の屋根の雪が1階の屋根に勢いよく落ちて破損した部分も
     あるようでしたので2階屋根に雪止めも取り付けることになりました。
     やっと方針が決まりましたので、これから工事です。
     こちらは足場をかけて行うことになりました。

費用はかけたくないといっても3人の職人さんが来ればそれなりの費用もかかります。
足場が必要な場合はなおさらです。

少々費用はかかっても専門家に依頼し、修理を行うことことで
安心して暮すことができます。

今回、どちらの皆さんも大雨の日も安心していられると
ホッとした様子でした。

こまめにメンテナンス、そして傷んでいることに気づいたら
早めに修理すれば費用も少なくてすみますし、
家の長持ちにもつながります。(ナ) 
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する