プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
屋根の塗装
屋根の塗装

屋根仕上げ材も瓦をはじめ金属系、コロニアルなどいろいろあります。

瓦の場合塗装の事を気にすることはありませんが
金属系やコロニアルの場合は何年位経ったら塗った方が良いの気になるものです。

10年を過ぎると外壁のメンテナンスと一緒に屋根の塗装する場合が多いようです。

屋根の塗装は年数もありますが全体が一緒に劣化していくのではなく
屋根の勾配や向き、日光のあたり方や風のあたり具合などによっても異なります。
ですから時々、少し離れたところから自分の家の屋根を見てチェックをしてください。

コロニアルの場合、色が薄くなったり、つやがなくなったり
白っぽくなってきたりコケやカビの発生が見られる場合は塗装をお勧めします。

屋根1

そのままにしておくと見栄えが悪くなるばかりでなく水はけも悪くなり
屋根の劣化、雨漏りにつながります。

ただ、屋根がコケやカビで覆われてしまっている場合は塗装しない方が良い場合も
あるそうですので専門家に相談してください。

また、コロニアルも瓦と同じように重ねてつくられています。
隙間から入った雨の逃げ道、空気の通り道があります。
重なり部分を塗りつぶしてしまうと隙間などから入った雨や
結露の逃げ道がなくなり雨漏りの原因になります。

塗装をしたら雨漏りするようになったという話を聞いたことがありますが
それが原因かもしれません。

きちんとした塗装業者さんに依頼した場合はそのあたりもきちんと対策を
してもらえるので心配ありません。

塗装2

時々、家を見回し、きちんとメンテナンスすると家の長持ちにつながります。(ナ) 

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する