プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
最近の相談から
最近の相談から

2×4工法の遮音

二所帯住宅を建てて娘夫婦と一緒に住んでいるが、
孫の足音やその他の音に悩まされているという相談がありました。
前に住んでいた家は古くてもそんなことはなかったのにということでした。
施工者に相談して遮音ボードを張って補修したが効果はないということでした。

2×4工法でアパートを建てたが、
上階の音がうるさいという苦情が絶えない、というのもありました。

アパートのようによく知らない人が上階に住んでいると、
少しの音も騒音に感じることがあります。
また、生活の時間帯が異なるとゆっくりしていたい時に上階の人が掃除機をかけ始めたり、
子供の足音が煩わしかったりしますね。

子や孫であっても、具合が悪くて横になっていたり、静かにテレビを見ていたり、
という時にはやはりうるさいなあと思うことがあるようです。

2×4工法はその構造上の特性で、2階の床が太鼓のような状態になり、
音が反響しやすいのです。
遮音材を使うだけでなく、板張りの床をやめてカーペットにするなど、
音の出る材料を減らす工夫が必要です。

2×4工法と在来軸組工法とで何がどう違うのか、ということをしっかり調べましょう。
それぞれにメリット・デメリットがあります。

住まいに何を求めるか、どんな家に住みたいのかということを
家族みんなでよく考えることが必要です。
それによって構造も工法も決まってきます。
予算を決めてどこにどれだけ費用をかけるか、
無理のない予算を立てて悔いのない家を建てましょう。

6月にまた住まいの相談会を開催します。
メリット・デメリットをお知りになりたい方はどうぞお出かけ下さい。(kei)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する