プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
階段の手すり
階段手すり

家の中の危険な場所や不便なところを少しづつ改善し

安心して暮らすことができるようにしたいものです。

家庭内事故の多い場所の1つが階段です。

今は法律で新築時には階段に手すりを付けることになっています。

標準的な階段の手すりは32mm~34mm程度の太さで

取り付け高さは各段の先端(段鼻)から750mm~800mm、

そしておりる時の利き手側に付けるというのがお勧めとされています。

Mさんの家の階段にはすでに手すりが付いていましたがいつも危険を感じる

との事でした。

階段手すり1

階段手すり3

手すりは途切れ途切れで太さも太め、高さも少し高いようです。

端部は切ったまま突き出しています。このままでは階段を下りる時など

袖口などに引っかかることも有り危険です。

階段手すり2


そこで今回手すりを付け替えることになりました。

太さは標準の32mm、高さは今までより少し低め(標準に近い高さ)に

全体が連続するような形の物を取り付けました。

付けてから使っていただいたところ、全体的には使いやすくなったのですが

階段のまわっている部分はおりる時、急に低くなっていているように感じ

危険を感じるとの事でしたので少し高く付け替えました。

コの字のようにまわっている階段の場合は段鼻からの高さ

というよりも昇降の時の握り易い高さにすることが大切です。

また、手すりの端部は壁側に曲げ込みました。

階段手すり4

階段手すり5

階段手すり6

手すりは両側にあると安心ですがスペ-スや法律の問題もあり

片側にしか付けられない場合がほとんどです。

おりる時の利き手側が基本ですが上る時のほうが危険を

感じる方もいますので検討が必要です。

階段の手すりは付いているから安心と思わずにもう一度見直し

より安全に使いやすい物にしていくことが大切です。(ナ)





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する