プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
神保町建築散歩 
[神保町建築散歩]の文字に引かれ、三省堂書店主催の神保町界隈の古い建物を見て歩く
イベントに参加しました。学生の頃は神保町界隈の古本屋街をぶらぶらあてもなく歩いたり、
建築専門書は一割引の南洋堂まで交通費をかけてわざわざ買いに行ったりしましたが、
最近はあまり行く機会がありませんでした。
行ったことのある街なのに、どんな建物が建っていたのか気にかけたことは
あまりありませんでした。
知っているようでほとんど知らない神保町、どんな古い建物が残っているのか
楽しみに参加しました。
三省堂神保町店の周囲を建築史家の倉方先生の案内で2時間ほど歩きました。

神保町博報堂

神保町飲食店

有名な建築家の設計した建物、名もない棟梁が苦心して造ったであろう建物、古いまま
使われているもの、使われなくなっているものなどさまざまでした。

神保町矢口書店

神保町文房堂

三省堂のすぐ裏手、靖国通りには11軒長屋の商店があったそうです。
1軒ずつ建て直されていたり、2軒分で一つのビルになっていたりしていますが、
2軒だけ古いまま残っていました。
各戸の正面、2階部分に丸い窓状のものがあり、これが11個列んでいたときには
本当に個性的だったのではないかと想像できます。
神保町11軒長屋

2軒のうち、1軒は古書店街の案内所として利用されていました。
内部は変わっていますが一軒分の巾と奥行きは知ることができました。
有名建築でなくても、ゆっくり散歩しながら建物を見て歩くのも楽しいものだと思いました。
先生の指さす方向に古い建物を見つけると、何だか新しいものを発見
したような気持ちになりました。
古いもの、昔のものを見ているとほっとした気持ちになるのは何故でしょうか。(ナ)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jyuusouwe.blog111.fc2.com/tb.php/26-70af751d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)