プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
ガラストップガスコンロ
Mさんは今リフォ-ム中です。
30年近く使ったキッチンを取り替えます。

しかしガスコンロだけは数年前にガラストップの物に取り替えてありました。
ガラストップは台の表面がガラスのようになっていて汚れが付きにくくなっています。

ガスコンロはもったいないのでそのまま使いたいとのこと。

ガスコンロの巾は60センチです。
どこのメ-カ-でも60センチのガスコンロが入るようになっている
キッチンであれば取り付けてもらうことができます。

キッチン解体時、ガス工事の人がガスコンロだけを取り外してくれました。
取り外してみるとガラストップといえども思った以上に汚れています。

新しいキッチンに取り付けるまで保存ですがその前に磨くことにしました。

ガスコンロ1

取り外したガスコンロは下にガスの接続の管が突き出していて
平らに置くことができません。
Nさんはガス管部分が当たらないように保存用の台を作りました。

ガス工事の人に磨くときの注意点を訪ねると表面は堅いブラシや
研磨剤を使うと傷が付くので気をつけるようにとの事。

「上の部分は外れるよ!」といって簡単にガラストップの部分を外してくれました。
五徳の部品を外すとガラストップ部分だけがスポッと外れました。

ガスコンロ2

ガラストップ部分の場所を移動したので下の本体に水や洗剤が落ちるのを
気にすることなく掃除ができました。
本体の中も上の方だけですがゴミを取り除いたりできました。

上部を外した本体部分を移動するときは真ん中に手掛けが
付いているのでそこを持つようにとの注意がありました。

ガスコンロはシステムキッチンと一体のイメ-ジがありますが
外しても大丈夫な部分もあるので
リフォ-ムなどでガス台を取り替えるときにはお掃除のやり方、
どこまで家庭で外すことができ、どこまでなら水拭きして良いかなど
聞いておくことをお勧めします。

Nさんのガスコンロも新品同様とまではいきませんがとてもきれいになりました。
新しいキッチンに取り付けてもらうのを待っている状況です。

キッチン、特にガスコンロまわりは汚れやすい場所ですが、きれいに掃除ができると
嬉しく気持ちの良いものです。(ナ)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する