プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
最近の相談から
24時間換気システ

12年前、24時間換気システムがついた建売住宅を購入された方からの相談です。

24時間換気システムの説明を受け、これは24時間つけっぱなしにしておかなければなりません、
と言われ、その通りにしてきたそうです。

12年経って、換気扇の音がうるさくなってきたので交換しようと、
近所の設備屋さんに工事を依頼したところ、換気扇の出口が無いと言われたそうです。

24時間換気システムとは、室内の空気をファンなどの機械を使って
2時間に1回、家じゅうの空気が入れ替わるよう計画的に換気して、
24時間、常に新鮮な空気を維持するためのシステムです。


このお宅では、家の中だけで空気をかき回していたということになります。

売り主の工務店に抗議したところ、「床下に抜けていくからいいんです」という説明だったそうです。
それはおかしいのではないか、と相談に見えました。

当然おかしな話です。床下に向けて換気扇があるわけでもなく、
床の隙間から床下に抜けるなんてあり得ません。
もし床に隙間があったら、むしろ床下の湿った空気が中に入ってきてしまいます。

このシステムには3種類の換気方法があって、この家の場合第3種ということだったので、
排気口に換気扇をつけて強制的に排気し、給気口からは自然の外気が入ってくるという仕組みで、
住宅などでは最も一般的な方法です。
その排気口がなかったわけです。
居室から廊下への換気扇はあっても、最終的に外に出す換気扇がなかったのです。

住宅の高断熱高気密化にともない、化学物質によるシックハウス症候群の増加が問題になりました。
そこで、2003年に建築基準法が改正され24時間換気システムを設置することが義務づけられました。


工務店と話し合った結果、室内に設置されていた古い換気扇を交換し、
新しく排気用の換気扇を設置してもらいました。
そして、12年間換気扇を回していたために消費されたであろう電気代を
想定して払ってもらうことで決着しました。

この電気代はわずかなものですが、これを支払ってもらうことで、
相談者の方も納得されたようです。

今回の場合、工務店のミスが目に見える形ではっきりしていたので
スムーズに解決することができました。

これが、経年変化や劣化するもの、目に見えないものなどはなかなかうまくいきません。
工事中に写真を撮っておくこともトラブルを減らす方法の一つです。(kei)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する