プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
バルコニ-の木製テスリの話
バルコニ-の木製テスリの話

我が家のバルコニ-のテスリは2x4材の木製で造ってから20年経っています。

ペンキではなく木材に染み込ませるタイプの木材保護塗料が塗ってあります。

木製のテスリは直接風雨にさらされると腐ってしまうという心配がありましたので、

こまめに塗装をすると決めて木製にしました

結局 塗装はこの20年間に2,3回だけでした。

それでも特に問題なく今に至って..と思っていたのですが..。

てすり1

最近、汚れの他に傷みが目に見えてきたので点検してみるとぐらつき始めていることがわかりました。

テスリの土台となっている木材の中が腐り始めもろくなっていることがわかりました。

てすり2

アルミなどの既製の物に取り替えることも考えましたがアルミ製でも20年も経つと傷みが出てきます。

我が家の木製のテスリが傷み始めているとは言え、

たいした手入れもせずに20年ちかくもったのですから...。

やはり愛着のある木製で..、自分たちで作り直すことにしました。

今までのテスリは大工さんに作ってもらったので木を彫り込んでつないだり

工夫してありましたが

今度は自分たちで足場もなく作るのですから見た目よりも作るときの安全性と

傷んだ時のメンテナンスを優先に考えました。

ホ-ムセンタ-で2x4材と金物、塗料を購入しました。

長い木材はまとめて買い、運んでもらいました。

(運搬費用がかかりますが長いものを買い、カットして使う方が

費用節約になります)

てすり3

古いテスリを取り外し基本となるサイズは同じにしました。

いくつかの部品に分けて組み、塗装をしてバルコニ-に

持ち上げ、清掃し塗装したてすり壁の上に取り付けました。

てすり4

てすり5

もっとも傷みやすい一番上のテスリ材は耐久性の高いデッキ材などを

使うことも検討し材料を購入して試してみましたが、

値段が高いこと、重いこと、加工が難しいことなどもありやめて手軽な2x4材にしました。

雨が直接あたるテスリの一番上の2x4材の上にもう1枚うすい1x4材を

重ねて取り付けテスリ材の繋ぎ目の固定と痛み始めたら、

まずその材を取り替えるということにしました。

木でできた物はすぐに腐るというイメ-ジがありますがきちんと

メンテナンスをすると思った以上に長持ちをするものです。

てすり6

作り直したテスリもこれから20年..

メンテナンスをきちんとすればそれ以上、長持ちすると思います。

てすりは何とか修理ができました。

屋根と外壁ももう塗装時期が来ています。

こちらは専門家にお願いするつもりで塗装計画をたてています。

家のメンテナンスはこまめに行った方が長持ちしますし

修理の費用もおさえることができます。ナ)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する