プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
屋根の雪止め
屋根に雪止めを追加で付けた話

今年は11月に早々と雪が降りました。

車など雪対策をしてありませんでしたので慌ててしまいました。

2014年の2月には驚く程の大雪が降り、雨樋が壊れたり

カ-ポ-トの屋根がつぶれてしまったお宅もたくさんありました。

気候の変動でこれから大雪が降ることも増えるのではないかと心配しています。

我が家では敷地に余裕がなく屋根のすぐ下に隣家の車が置かれているという状況です。

2014年の大雪の時にはその車に我が家の屋根の雪が落ちるの

ではないかとらはらしました。

そのはらはらは雪が溶けてなくなるまで続きました。

今後そんな心配はしたくないと思い外壁塗装をするときに

雪止めの追加し雨樋を大きな物に取り替えたいと考えていました。

今年、外壁の塗装を行うことになったので

雪止めと雨樋の取り替え工事も同時に行うことにしました。

雪が降らない11月中に工事を終わらせたいと思っていたのですが

まさかの11月の雪、「ちょっと遅かったか?」と心配しました。

雪止め1

切り妻の屋根には新築時から上の写真にあるような一般的な(少し大きめの)雪止めが

付いているのですがそれに加え、

下の写真のようなL型の棒状の雪止めを屋根の真ん中にも付けました。

雪止め2

軒先には元々、雪止めが付いていたのですが追加でL型の雪止めと新潟などで

使われているという三角の網目状の大きな雪止めも付けました。

雪止め3

写真にあるように軒先には元々あった雪止め、L型、大きな雪止めそして大きな軒樋

と何重にも対策をしました。

軒先に付けたような大きな雪止めはこちらでは見たことはないと思います。

板金やさんも初めて取り付けたそうです。

雪国では我が家の物より大きな物が使われているようです。

ただ豪雪地帯や屋根の勾配がきついと付けられないようです。

いつまた大雪が降るのかわからないのに大げさな気もしますが

隣家には絶対雪を落とさないという気持ちです。

効果を期待しているのですが雪が降って見ないことには..。

反面、重い物が屋根に乗ること、強風が大きな雪止めを通り抜けるとき

少し音がするような気がするなどちょっと気になることもあります。

これから興味深く観察していきたいと思っています。

皆さんの御自宅の屋根に雪止めは付いていますか。

隣家の屋根には雪止めが付いていますか?

お互いご近所どおし雪に限らず迷惑をかけないように

もう一度自分の家の周囲を見まわし、気になるところは対策や

メンテナンスを心がけましょう。(ナ)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する