プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
年始
     
      明けましておめでとうございます。
     
      酉

今年も穏やかなお天気で新しい年が始まりましたが
建築界は何かとかしましいようです。
噂に惑わされず、しっかり仕事をしていきたいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


昨年末、新潟県長岡市に行ってきました。

長岡といえば夏の花火を見に行った人も多いことでしょう。
今頃の長岡は寒いだけで何も見るところがないのでは・・・
と思いつつ、それでも行ってきました。

 蒼柴神社蒼柴神社

蒼柴(あおし)神社です。
雪に備えて拝殿の上部は透明のアクリル板で囲っています。
周囲の回廊は全て板囲いがしてありました。
    山門山門

    参道参道
 
雪の多い地域ですから雪囲いは当たり前なのですが、
石灯籠や狛犬にも簡単な雪囲いがしてあります。
なぜかと思ったら、鬱蒼とした林の中、雪の塊が落ちてくるのですね。
雪の塊が石灯籠に当たると石が欠けてしまうようで、
それを防いでいるのだそうです。

数日前に降った雪が少し残っている程度で、
これから本格的な雪のシーズンに入りますが、
あまり雪の降らない浦和に住んでいると、
雪深い地域の生活がなかなか想像できません。
それでも屋根には雪止めの金具がこれでもかというほど沢山ついているし、
1階の屋根から2階の屋根に上るための梯子が備え付けてあるのを見ると、
やはり雪国は大変だろうなと思います。

 
   信濃川信濃川

これだけ川幅が広くても、この時期の信濃川はそれほど水量が多くありません。
桜の時期には雪解け水で大河というほどになることでしょう。

その頃もう一度来たいなと思いました。(kei)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する