プロフィール

:

Author::
ミウラ ケイコ
(こうだ建築設計事務所)
ワタナベ ナミ
(渡辺建築設計事務所)
共に一級建築士・福祉住環境コーデイネーター二級。
埼玉で住宅をメインに居心地の良い空間造りを目指しています。

気軽にお問い合わせを

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

住環境相談室 We(ウイ)
‘暮らしの環境 住まいから’をテーマに様々な方向から住まいを考えます
最近の相談から
最近の相談から

大規模リフォームをされた方からの相談です。

築20年を過ぎる頃から家の痛みが目立ってきたり、
子供が独立したり家族構成が変わったりして
使い勝手が実情と合わなくなったりすることはよくあります。
子供室を書斎にしたり、リビングやダイニングのクロスを張り替えたりする程度の直しから
間取りの変更を伴うような大きなリフォームまで様々です。

Aさんのお宅でも大掛かりなリフォームをしました。

要望の一つは、玄関のドアを大きくすることです。
幅を広げて出入りを楽にしたいということでした。
その要望はその通りになったのですが、
リビングのドアの幅も広げて欲しいとは伝えていませんでした。
その結果、リビングに入るドアはリフォーム前よりも幅が狭くなってしまい、
引っ越しの荷物がドアから入れられませんでした。

もう一つの要望は部屋を明るくしたいということでした。
しかし、ダイニングは昼間から電気をつけなければならない状況になってしまいました。

なぜこんなことになってしまったのでしょうか。

業者にしてみれば、玄関ドアを大きくとは聞いていても、
リビング入口のドアを大きくとは聞いていません。
既存のドア枠をそのままにして、その内側に枠付きの既製品のドアを入れてしまったのです。
それは業者側では標準の納まりだというのですがちょっとおかしいですね。
枠が二重になったらその分ドアの幅は狭くなります。

部屋が以前より暗くなってしまったことは、窓の位置を変えたことによります。
隣家が迫っていて窓も重なっていることが気になっていたAさんは、
窓の位置を変えて欲しいと要望しました。
その窓がダイニングの採光に重要だということを忘れて、
ダイニングと反対の方に付け替えてしまいました。

その結果ダイニングが暗くなってしまったというわけです。

窓の位置をどこにするかと検討しているうちに、
部屋を明るくしたいという前提を忘れてしまったのですね。

こういうことは時々あります。
希望する項目をあれこれ考えながらじっくり検討するうちに、
大きな前提、今回の場合部屋を明るく、ドアは大きく、ということを忘れてしまうんですね。
後から「しまった!!」ということになるわけです。

大きなハウスメーカーほど自社の規格、標準納まりというものがあります。
耐震補強の観点から既存の柱や壁を移動することはできるだけ避けようとします。

リフォームですべての希望を満足させることは非常に難しいのですが、
優先順位をつけて項目を記録することが大事です。

業者の方々との、言った言わないというトラブルをなくすためにも
希望事項を記録し、業者の返事も記録しておくことが重要になります。

今回の場合Aさんは、リビングのドアは直してもらいましたが、
窓の位置を直すのは外壁の仕上げにも大きく影響するので諦めたようです。

大きなリフォームは多額の費用がかかりますから、
充分時間をかけて失敗のないようにしたいものです。(kei)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する